太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > ダイガストの歴史

ダイガストの歴史

今回はダイガストの歴史についてご紹介します。
ダイカストの起源は、1838年にアメリカのD.Bruceが手動式の活字鋳造機を発明したことによって生まれました。

日本でのダイカストは、1917年9月に民間会社として、東京・大崎に精密鍛造部門として「東京鍛工所」を、また精密鋳造部門として「ダイカスト合資会社」(田中ダイカスト株式会社の前身)が初めて設立されました。

当時のダイカストはカメラ、蓄音機、ラジオ、扇風機などの小型の民需品が主体でありました。

1935年頃になると、航空機工業の確立に伴って、アルミニウム地金の国産化も急速に進み、航空機の空冷エンジンの部品や自動車用ダイカストなど0.5~1kgの大型ダイカストの生産が行われるようになりました。

現在では、ダイカストの特徴である、高い生産性、優れた寸法精度、美麗で滑らかな鋳肌、機械加工の削減、高い比強度及び量産性などを利用して、自動車関連を中心にOA機器、家電用品、建築用品などの構造部品、機能部品として広く使用されています。

太陽パーツでも、1個の試作から量産試作、加工までもやっていますので、まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > ダイガストの歴史


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.