ブログ

金型費が従来の半額!その理由とは?【エコダイカスト】

太陽パーツではダイカストの金型の費用を従来の金型費用のおよそ半額に抑える事が可能です。
今回はその理由について簡単に説明していきましょう。

そもそもダイカストの金型というのはダイカスト機械に固定する固定金型と可動する可動金型の二つがセットになっています。
固定金型の方にはベースとなる土台があるので可動金型よりもかなり大きくなります。
実はこのベース部分に使われている金属の量ですが、金型の部分に使われている金属と同じ程度の金属が必要になるのです。

このためダイカストの金型というのは非常に高額だと感じるのかもしれません。

金型にかかる費用が高額なのですが、一般的なダイカストは製造する部品の個数が多いので、金型にかかった費用もすぐに回収する事が可能になるわけです。
このことからダイカストは大量生産向きといわれるわけですね。

では小ロットだとどうなるのかというと、小ロットの製品をつくる時にダイカストを利用すると、金型の費用が高くて部品の単価が高くなってしまうわけです。

それでもダイカストで部品の生産がしたいという場合には、太陽パーツのエコダイカストがピッタリです。

エコダイカストというのは固定型の土台となっているベースの部分が必要ありません。
もちろんダイカストには土台の部分が必要ですが、太陽パーツではこのベースの部分は共用部品となっているので、お客様がベースにお金をかける必要が無いのです。

つまりこれまでの材料費の半額の費用で金型を作れるという事になるのです。
となれば小ロットの製品の生産にダイカストを使っても大量生産の場合の一個当たりの金額とあまりかわらない金額で製品の生産が可能になるのです。

さらい良い事に、これまでは金型をセットする段取りの時に、一人で作業を行うと事故などが起こらないように、複数人で作業を行っていましたが、エコダイカストならベースの部分が無いので少人数で段取り替えができるようになります。
という事は人件費の削減にもつながり、結果的に相乗効果で製品一つ当たりのコストを安くする事ができるようになるのです。

でも気になるのは小ロットっていってもどのくらいから生産ができるのか?そこが気になりますよね。

では実際に太陽パーツのエコダイカストで小ロットの製品を生産する場合、最低でどのくらいのロット数の製品の生産が可能なのかというと、50個の製品の生産でも低コストで製品の生産が可能になるのです。

もしもダイカストで小ロットの製品を少しでも安く作りたいと思っているのであれば、お気軽に太陽パーツへご相談ください。

関連する記事