ブログ

レーザ加工のメリット

レーザー加工とは、レーザーを使って金属を加工するという加工技術です。
加工する材質は薄い金属板などが多いですが、板金以外にも加工できる加工技術です。

金属加工には様々な種類の加工技術が使われますが、それぞれにメリットがあるので用途に応じて加工する方法を選択するといいでしょう。

今回はレーザー加工のメリットについてを簡単に説明いたします。

まずレーザー加工はレーザーを照射するレンズが先端についたツールを使って金属を加工します。
一点集中してレーザーを当てる事で加工を行います。
レーザーは可動範囲内なら自由に動く事ができるのです。
プログラミングして加工ができるので、正確に加工する事ができるでしょう。これもメリットの一つです。
さらにレーザー加工は自由に動かせるため、微細加工が可能になります。繊細な動きが可能だからではですね。

ちなみにレーザー加工では溶接なども可能です。レーザーで溶接するとゆがみの少ない溶接が可能です。
これもメリットの一つだといえるでしょう。さらに穴あけ加工などもスピーディーにできます。
しかも溶接する速度がとても速く、コストの軽減が可能になるでしょう。芸術的な加工も可能ですが部品の加工としても使えるのもレーザー加工ならではです。
ちなみにレーザー加工ではレーザー光の種類によって、できる事が変わってくるのもメリットです。

例えば同じレーザー光でも発振波長の量によってできる加工も変わってくるのです。

レーザーの種類によって、金属にもガラスにも加工を施す事ができるので、最先端の技術を必要とする部品の加工などにも使われているのです。もちろんデメリットもありますが、苦手な加工は別の加工機械を併用する事で補えます。

 

太陽パーツでは微細加工ができる各種加工機械でお客様のご要望に応えます。
部品の生産についてのお悩みなどがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

関連する記事