ブログ

ダイカストの利点とは? ~1~

ダイカストは解けた金属(主にアルミニウム合金)を金型に流し込んで冷やして固める金属加工技術です。
古い歴史を持っているこの技術は今では製品の生産に欠かす事ができない加工技術になりました。

例えば自動車の部品や家電製品に使われている部品、マニアが喜ぶフィギュアなどの娯楽や趣味の製品、雑貨や医療機器、航空部品など様々な製品の生産を担うようになった技術がダイカストなのです。
もちろん他の加工技術でも製品の生産は可能かもしれませんが、それでもダイカストを使う事を選ぶのにはわけがあるのです。

今回はダイカストがなぜ選ばれるのか、その利点についてをお話いたします。

例えばダイカストは『鋳造』という加工技術ですが、鋳造方法にはダイカストの他にも4種類ほどの加工方法があります。
同じ加工方法の中でも群を抜いて『寸法精度が高い』のがダイカストです。

さらに『鋳抜き』のしやすさに関しても群を抜いて優れているのがダイカストです。製品が冷えて固まったら素早く取りだせるので、次の工程や仕上げの工程に素早く進む事ができるのですね。
さらにダイカストで生産された製品はとても滑らかで他の鋳造技術と比べても美しく仕上げがしやすいのも利点です。
自動化が可能なので生産速度もずば抜けて早く、大量生産にも向いています。
金型の進歩によってより精密度が増し、さらに薄肉の製品の生産も可能となります。薄肉の製品ができるという事は、それだけ軽量化ができるという事にもなります。
だから自動車の部品の多くはダイカストで造られているのでしょう。

~2~へ続く

関連する記事