ブログ

ダイカストの利点とは? ~2~

少しでも軽い方が燃費も良いですし金型の精度が高くなると、より理想的な形状の製品をつくる事ができるのも利点ですね。他にもそれまでは二次加工をしてあネジ穴などを付けていましたが、それも含めて生産できるようになりました。
そのため製品の強度も増す事にもなります。二次加工を必要としないため不良が出にくくなりますし、リサイクル性が高いので万が一ミスをしたとしても、材料を再利用する事も可能です。

エコに取り組む企業にとって、ダイカストの高いリサイクル性は魅力的な技術かもしれません。
ちなみにインサートを使う時に金属を選ばないのも良いですし、アルミ合金は溶融温度が低いので金型の寿命が長いのも利点でしょう。

 

このようにダイカストは利点が非常に多い生産技術なのです。ただし唯一の難点が精度の高い金型の費用が高めという事です。
もしもダイカストの金型を半額にしたいのであれば、太陽パーツのエコダイカストをぜひご活用ください。
従来の製品精度を保ちつつ金型にかかる費用はおよそ半額です。詳しくは太陽パーツのホームページからお気軽にお尋ねください。

関連する記事