ブログ

自動車の製造の際にも用いられている板金加工

板金加工には様々な加工方法があります。
切削加工にも位置づけられる精密板金加工という方法もあり、精密板金加工にも複数の加工法があります。

主に切削加工でも可能なねじ穴加工、座繰り、切断などの加工も可能であり、高い寸法精度も期待できます。
そのため、一言に板金加工と言っても製造する製品によって加工法は実にさまざまです。

そんな板金加工が用いられる製品のひとつが、自動車車体です。
サイドメンバ、クロスメンバーなどのボディパーツへの展開など、さまざまな分野において採用されています。

最近はアルミパーツへの展開が出てきており、欧州ではその展開も多く聞かれています。
特に精密プレス加工の生産性の高さとアルミダイカストの精度向上、溶接適応における展開などは自動車産業でも今後重要になるのではないでしょうか。

太陽パーツでは、板金加工においてレーザーやタレパンなどのNC加工を始めとした様々な加工を行っております。
その他、曲げ加工、溶接など板金加工に関することならぜひご相談ください。
1個からの試作品作りにも対応しておりますので、まずはカタチにという方もお気軽にお問い合わせください。

関連する記事