太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アルミ押し出し | 加工について > アルミニウム合金の種類【3000系・4000系について】

アルミニウム合金の種類【3000系・4000系について】

アルミニウム合金には、添加元素の種類と量により性質が違います。
なので、製造の目的にあった最適な性質の合金を選択する必要があります。


アルミニウム合金には、代表的なもので、1000系、2000系、3000系、4000系、5000系、6000系、7000系などがあり、さらにその中でも分類されています。

■3000系アルミニウム合金
3000系アルミニウム合金で代表的なものは、3003というMnを添加した純アルミニウムの加工性、耐食性を低下させずに、強度を強化したものです。

3000系の主な用途は、具体的にアルミ缶のボディ、屋根材など器物、建材、容器などに使用されています。


■4000系アルミニウム合金
4000系アルミニウム合金は熱膨張係数が小さく、低溶解温度を持っている特徴があります。
また硫酸陽極酸化処理により灰色に自然発色するため、ビル建築の外装パネルにも使用されています。

中には、4032というSiの添加により、熱膨張率を抑え、耐熱性を向上させたものなどもあります。

4000系の主な用途は、具体的には4043というものがあり、溶接ワイヤー、ブレージングろう材として使用されています。

今回は、アルミニウム合金の3000系と4000系についてでした。


お客様のニーズに合わせた製造方法を太陽パーツではご提案しております。
お気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アルミ押し出し | 加工について > アルミニウム合金の種類【3000系・4000系について】


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.