ブログ

アルミダイカスト鋳造の課題~コスト削減の問題~

アルミダイカストにはアルミダイカストの課題があります。
例えば、砂型鋳造にはないようなコストの問題がそのひとつです。
多くのところでは、アルミダイカストにおいてどれだけコストを下げるかという課題に取り組んでいます。

というのもアルミダイカストによって製作される製品はほとんどが大量生産商品です。
一つのパーツを作るとして、1円でもコストを下げられるとすれば、大量生産すれば年間で大きな金額になります。

アルミダイカストで一番コストがかかるものの一つは金型設備です。
製品が大きくなればなるほど、そのコストも大きくなります。金型製作には多くの人手がかかるからです。それが原型になるので、精度は最高のものであるべきです。

また、金型を作る場合、金属のかたまりからそれを彫り抜き、設計し、耐熱を考える必要があります。これらの工程を終えて試験を行い、大量生産が問題なければ実際に製造に入ります。

多くの時間と労力がかかるゆえに金型一つを作るにもコストが掛かります。
この金型の費用をどれだけ下げるかというのがダイカスト鋳造を考える際の課題です。

しかし、大量生産にも大小があり、製造が長期に渡る製品であれば、金型に多くの費用をつぎ込めます。このようにコストバランスを調整することも、アルミダイカストの課題といえるでしょう。

太陽パーツでは、アルミダイカストのコスト削減において大きな強みを持っています。
弊社の特許製法であるエコダイカストでは、金型作成費用を従来の半額に抑えることが可能です!しかも、精度は従来のまま、品質を落とすことなく、コストダウンができます。

現在、ダイカスト鋳造をしている方でコスト削減をお考えの方は、一度太陽パーツまでご相談ください。

関連する記事