ブログ

アルミダイカストと圧力の関係

アルミダイカストで製品を製造する時にはどのように加工するのか、ということも重要ですが、どのくらいの力で金型を締めれば良いのかという考えもとても重要に感じます。

これはアルミダイカストは製品にするために型を使って鋳造する事になるからです。

アルミダイカストで言えば溶けたアルミニウムを型に流し込み、冷えてしまうまでに型の中で製造します。この時の圧力のかけ方によっては隅々までアルミが行き渡らない可能性も出てきます。
そのため圧力をしっかりと計算する事も必要です。

アルミダイカストと圧力の関係は、アルミを注入する時の圧力が非常に重要になります。
必要な圧力は製品の投影面積によって違ってきます。

つまり同じ製品ばかりを製造するならば圧力は毎回同じになります。
ただし、ラインが変わったり製品が変わると注入する時の圧力を変えなければいけないということになります。
ただ、圧力の算出は企業により異なる場合がありますので、見積の際には違いも見られます。

太陽パーツでは、長年のノウハウを元にお客様に最適な製造法、そしてメリットのある製造法をご提案しております。
アルミダイカストを含めダイカスト鋳造をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連する記事