ブログ

アルミダイカストの課題:歪みについて

多くのメリットがあるアルミダイカストですが、中にはまだまだ課題となる点もあります。
アルミダイカストの課題としてあげられるもののひとつがが歪みです。

ダイカストなのにどうしてそれほど精度が必要なのか?と疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アルミダイカストで製造されているものの中には、測定器など精密機器に使用される製品もあります。この場合、もし歪みなどがある製品で作られたとしたら、測定結果の精度に大きな影響を与えてしまいますよね。特に精密な測定が必要になる製品の場合、その歪みが原因で測定するたびに値が変わってしまっては、測定機器としても問題のある製品になってしまいます。

例えば測定が重要な土木関係で、精度に問題のある測定機器で建築を行えば欠陥住宅となってしまいますよね。だからこそアルミダイカストの製品の中には、歪みの少ない製品を造ることはとても重要です。

アルミダイカストは、一般的に安定化するまでは歪取りの処理を行います。
そのためには設備はもちろん経験やノウハウが必要になるものもあります。

太陽パーツでは、アルミダイカストにも強みを持ち皆様のモノづくりをサポートしております。
歪みの問題、製造コストの問題など、現在何かお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽に太陽パーツまでご相談ください。

関連する記事