太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > ダイカストの一般公差について

ダイカストの一般公差について

アルミダイカストはかなり精度の高い製品を製造することができます。
そのため製品によっては、他の加工を行わずに使える製品ができるというわけです。

それは製品ごとの精度にバラ付きが非常に少ないという特徴があるからできることです。
ただしレース加工(切削加工)などに比べると一般公差はかなり緩く設定されています。

アルミダイカストの場合、合金の素材によっても公差が異なってきます。
そのため、一般交差を考える際には機能的にも、寸法的にも何が必要かをきちんと把握する必要があります。

この一般交差が緩すぎれば、機能なども十分に生かせず、製品自体の品質の低下につながります。また、寿命が短くなることも考えられます。
逆に一般交差を絞り過ぎれば、不良品となる確率も上がり、製造コストが高まる可能性もあります。


太陽パーツでは、高品質・高精度のダイカスト鋳造を行っております。
また、当社の特許製法【エコダイカスト】では、金型費用を大幅に削減できる方法をご提案しております。
製品精度のことやコスト削減にについて、お悩みの方は一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > ダイカストの一般公差について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.