太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > アルミダイカストの不良の原因について【鋳巣】

アルミダイカストの不良の原因について【鋳巣】

アルミダイカストで製品を製造する時、鋳巣というものが発生してしまう事があります。
アルミダイカスト製品で鋳巣が発見された場合には、不良品となってしまうこともあるためにその原因を追求する必要があるのです。

どんな機械加工でも不良が起きた場合、不良になった原因を追求しなくてはいけません。
原因の特定が簡単な場合もありますが、もちろん原因を特定することがとても困難な加工もあります。

例えば、アルミダイカストにおける鋳巣の特定は非常に難しい問題のひとつです。
鋳巣はどのような時に起こるのかを考えればわかりますが、例えば冷却する時の収縮が原因であったり、空気が巻き込まれた事によってできる鋳巣であったりと、実は鋳巣の原因はひとつではないからです。
鋳巣が引き裂かれたような形や気泡など、どのような特徴持っているのか見極める必要があるのです。

その原因を特定する事ができなければ同じ条件で作られる製品は全て同じや状態や形状になってしまうため、問題を特定して修正することはとても重要です。
原因を特定する方法の一つとしてあげられるのが、排出されるガスの測定をすることです。

太陽パーツでは、お客様に高品質な製品をお届けしております。
またアルミダイカストを含め、ダイカスト鋳造ではお客様にメリットのある製法をご提案しております。
ダイカストの小ロット生産、金型の製作費用のコスト削減に少しでもご興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > アルミダイカストの不良の原因について【鋳巣】


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.