ブログ

アルミ押出の部品の製造方法と用途について

アルミ押出で製造された製品は様々な分野で利用されています。

そのひとつとして建具などに多く使われています。
その他にも機械の部品であったり、加工するための材料として製造されることもあります。

アルミ押出はどのようにして製造されるのか、簡単に製造方法をご説明します。
成形したい形状のダイスと呼ばれる型に、高温に加熱したアルミを押し出して成形するのが般的な製造方法です。

押し出した製品を冷やし、表面加工などを施せば完成です。
ただし、二次加工を行うことも多く、穴あけ加工であったり、目的の製品によって必要な加工を施します。

このようにアルミ押出による製品は、金型から押し出される事で金型と同じ形状に作り出せるのです。
つまり金型次第では丸い形にも三角の形にも星形の形にも作る事ができるというわけです。特に建具などの複雑な形状で長いものを製造するのに適しています。

アルミ押出で製造される製品がどのように製造されているのか少しはご理解いただけたでしょうか?
またアルミ押出で作られた製品は、加工を施して様々な部品として使う事ができます。

太陽パーツではアルミ押出も行っております。
また表面処理、二次加工から組み立てなどにも対応しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連する記事