ブログ

医療用部品の製造に利用される切削加工

普段私たちが何気なく利用しているものの中にも、日本の加工技術を感じる事ができるものがたくさん溢れています。

例えば病院で使われている医療機器にも加工技術が活かされているのです。
外科的な手術を受ける時、昔ならばお腹を大きく開いて手術が行われていましたが、現代では小さな穴を開けてそこから鉗子などを入れて手術をするので、術後の回復もとても早くなっています。

外科手術で利用されている補助鉗子にも切削加工の技術が使われているのです。
鉗子の柄の部分はNC旋盤などで加工されます。また、骨折などの治療に使われるボルトなども切削加工で製造されていますね。
素材はチタンやSUSなど様々な素材があり、これは用途に合わせて選ばれています。

切削加工での医療用部品の製造法は、旋盤やNC旋盤などによるネジ切り加工を行います。
旋盤による切削加工でネジ切りを行なうことで、強度面や衛生面で優れた部品を製造することが可能になります。

一般的な加工法としては、ロット素材を使ってネジ切りを行い、ネジ切り加工を行った後で面取りをしながら切落しをするという加工を行ないます。ロット材を利用する事で自動的に加工ができるため、無駄のないものづくりができます。

医療業界の発展は医療技術だけでなく、必要な医療器具や医療機器を加工する技術の向上によるものも少なからずあります。
ボルトなど医療機器に使われる部品と切削加工は切っても切り離せない存在でもあるのです。

太陽パーツでは、様々な分野で使われる製品製造をサポートしております。
試作から大量生産、小ロット生産など、お気軽にご相談ください。

関連する記事