ブログ

高額商品の製造もダイカスト

ダイカストと言えば、車の部品やバイクの部品などの製造が有名です。
実はもっと身近なものにもたくさんのダイカストで作られた製品が使われています。

その代表的なものがカメラなどの精度が求められる、高額商品です。
例えば、カメラのどの部分がダイカストで製造されているのかというと、つまみの部分や内部の部品などが挙げられます。

さらに、重要なフレーム部分にもダイカストの技術が使われています。
特にフレーム部分は、以前ではできなかった1mm~1.3mmの穴を開けることができるようになったため、コストダウンにもつながる製造法でもあります。

高い技術を必要とする製品をダイカストで製造することは、難しい事だと言われてきましたが、近年のダイカストは技術が発達してきています。
技術の向上により、より高精度な商品の製造に繋がっています。

ダイカストの技術の発展は、精密部品の製造時のコストダウンなどにもつながります。
そのひとつの分野がカメラなどの高品質が求められる製品の製造です。

ダイカストは建具や車の部品だけではなく、現在では精密部品の製造にも利用できる製造方法です。

また、中にはダイカスト鋳造のイニシャルコストに悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんなお悩みをお抱えの方は、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、ダイカストにおけるイニシャルコスト、金型製作の費用が従来の半額になる特許製法をお届けしております。
これまで諦めていたという方もまずは一度ご相談ください。

関連する記事