太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > 同じ製品精度を保つことができるダイカストの技術

同じ製品精度を保つことができるダイカストの技術

日本の加工技術は、世界に誇る事ができるほど精度が高いと言われています。
例えば、撮影に使われているカメラなどの部品など、精密な機械の部品などがあります。

様々な精度が求められる、精密な機械の製造にも利用されている技術が「ダイカスト」です。
先ほど例を挙げた、カメラの部品の中でも小さい部品なども、ダイカストであれば金型を作って材料を流し込んで大量に作る事ができるのです。
ダイカストは加工技術の発展に伴い、小さく肉薄な部品でも大量に作ることができるようになってきています。

特に精密な機械の製造時には、部品ひとつひとつの精度にバラ付きがあっては、せっかくの部品も無駄になってしまいます。
つまり部品ひとつひとつの精度というのはとても重要であるということになります。ですが、部品を製造するために一つずつ作っていては時間もコストも高くなってしまいます。


だからこそ、同じ精度で大量生産が得意なダイカストの技術が重宝されます。
ただし、ダイカスト鋳造において、製品を製造する場合には必ず金型が必要になります。
通常、金型を製造する場合には、ベース部とキャビティ部とよばれる2種類を作ることになりますが、実はこの製作費用が決して安くはないため、他の製法を選ばれていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、太陽パーツでは金型の製作費用を従来の半額に抑えることができる【エコダイカスト】という製法をご提案しております。
エコダイカストは弊社の特許製法であり、金型費用を半額に抑えながらも製品精度は従来と同等のものを製造することが可能です。

少ない部品数の場合、金型を作ると余計にコストがかかってしまう場合もありますが、エコダイカストなら小ロット生産にも力を発揮します。


製品の製法をご検討されている方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツでは、より良い製品を、よりメリットのある方法を、皆様にご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > 同じ製品精度を保つことができるダイカストの技術


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.