ブログ

【プレス加工】絞り加工とはどんな加工法?

プレス加工はさまざまな加工ができるため、あらゆる分野の製品づくりに利用されています。

プレス加工にもいくつか種類がありますが、中には絞り加工というものもあります。

絞り加工というのは、薄い板状の金属を型を使って変形させ、三次元的な物体に変形させる加工です。
絞りと聞くと「絞って何かを作るのか?」]と思われがちですが、実は型などを使って板を立体的に加工する加工方法のことなのです。

●絞り加工の加工法について
絞り加工では、予め必要な形状にするための型を作ります。
この時上下で挟み込みますので『オスとメスの金型』を製造しておく必要があります。
その金型を上下に設置して間に薄い金属の板を置き、ゆっくりと強い圧力で噛み合わせていきます。
するとその型通りに製品ができあがるという事になるのです。

また、絞り加工で作られる製品は、大きさも比較的自由に作る事ができるため、フレームなどさまざまな分野で利用されるものを作ることができます。
薄い金属なのに強度もある程度高く軽量化も実現できるので、多くの分野で利用されている部品を作り出す事が可能です。

金属の加工方法には色々なものがありますが、プレス加工で作った方がメリットが高いものもあります。
その一つが少ない材料で作る事ができるということです。
切削などで作ると大量の切り粉になってしまいますが、プレス加工の絞り加工の場合は切り粉が出る事はありません。つまりコストダウンをする事ができるという事になるのです。

太陽パーツでは、絞り加工を含めたプレス加工での製品づくりも承っております。
その他の加工法にも精通しているからこそ、お客様の製品づくりをトータルでサポートし、お客様にメリットのある方法をご提案させていただきます。
ぜひモノづくりのことでお困りの際、お悩みをお持ちの際はお気軽にご相談ください。

関連する記事