ブログ

プレス加工のせん断加工について

プレス加工の中には、せん断加工というものもあります。
せん断加工は、金属の板などを切断することで成形するという加工方法です。

実はプレス加工では定番の加工方法の一つになります。
また、せん断加工には別の呼ばれ方もあり、「打ち抜き加工」や「パンチ加工」といった言い方をすることも多く、薄い金属板の加工に最適な加工方法です。

ちなみに、せん断加工は大きく3種類の加工方法にわけることができます。

●打ち抜き加工
所定の大きさにカットする時などに利用されている加工方法で、指定したサイズ通りの大きさや形に切り抜きをしていく加工です。
例えば、自動車のフレームなどを製造する最初の段階の切り抜きを行ったりするのに利用されてます。

●穴あけ加工
必要な穴を開けるための加工方法で、穴あけをするパンチ加工もせん断加工の一つとして分類されています。
一度設定すると何枚でも穴あけすることができ、軽量化をするためのたくさんの穴あけなどをする際にも使われます。

●分断・切り込み加工
部品に切り込みなどを入れる時の加工もせん断加工の一つです。
スリット加工とも言われ、コイル状になった薄い板にスリットを入れる加工方法になります。
大きな一枚の板を細かく分ける時にも使用され、それぞれのサイズのコイルを購入するよりも、大きなコイルを分けた方がコストダウンができるとして利用されています。

このようにせん断加工はさまざまな製品づくりに利用されている加工方法です。
薄い金属の加工をする場合には最適であり、コストダウンを考えている場合に有利な加工方法んもひとつなのです。

太陽パーツでは、せん断加工を含めたプレス加工も得意としております。
お客様の製品づくりにおけるお悩みや問題点など、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。

関連する記事