ブログ

製品の精度・品質を守る重要な工程【バリ取り】

皆さまは「バリ」をご存知でしょうか?
バリとは、切削加工や金型成形時においてできる、本来製品には不要な突起です。

販売されている製品やお客様の手元に届く状態では、このバリは取り除かれている状態です。
その理由は、バリが残存した状態では、製品の精度が悪くなったり、機能に大きな影響を及ぼすことがあるからです。

バリが与える影響には様々あります。
例えば、製品の固定ができなくなったり、勘合不良が起きます。
その他にも、計測時の誤差やバリにより疵が付くなども考えられます。

実はお客様にとっての悪影響だけでなく、現場でのケガにもつながります。
だからこそ、バリ取りは重要な加工のひとつであり、欠かせない工程でもあります。

そんなバリ取りの方法には、いくつかあります。

・機械加工
・砥粒加工
・熱的加工
・化学加工
・電気化学的加工 など

高精度・高品質な製品づくりは、メインの機械加工だけでなく、バリ取りなど、様々な加工の上に成り立っています。

太陽パーツでは、お客様のモノづくりを様々な面からサポートしております。
より高精度・高品質な製品づくりをお考えの際には、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。

関連する記事