ブログ

押出加工と引抜加工の違い【アルミ押出し】

押出加工は、アルミニウムやアルミ合金などの押出用地金を約600度で押出す方法です。

一般には、押出用地金(ビレット)を押出機で強い圧力を加えて各種の形状を持つ金型であるダイスから押出し細長い加工製品(押出材)を造ります。

押出加工では、他の加工法では製造することが難しい中空品や複雑な断面形状の製品を、1度の押出工程で造ることが可能です。

さらに、アルミ押出し加工では、寸法精度の非常に厳しい形状の製品を作ることもできます。

引抜加工は、アルミニウムや素材を加熱することなく室温で金型であるダイスの狭い穴に通して引抜くことで加工する方法です。

引抜く素材は一般に押出し材が多く用いられます。

引抜加工は一般的に細く寸法精度が高く、表面のきれいな製品を造ることができます。

押出加工と引抜加工では、加工する際に熱処理を有無などの違いがあります。

太陽パーツでは、お客様に合わせたご提案をさせていただいております。

ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

関連する記事