太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 切削加工 > 旋盤とフライス盤の違いについて

旋盤とフライス盤の違いについて

機械加工、金属加工を行う時に使用する工作機械の代表的なものは、旋盤とフライス盤だと考えていいでしょう。
今回は、旋盤加工とフライス盤加工についての違いをご紹介していきたいと思います。

【旋盤とはどんな機械なのか?】
大きな特徴は、回転する爪というものに素材を取り付けることです。
その取り付けた金属を回転させてチップやバイトなどで削っていきます。
フライス盤との大きな違いは、この製品が回って加工をするという部分です。

製品が回転する事で加工を行うので、外径や内径の寸法が出しやすいという利点があります。
通常は同芯で外径と内径を加工する事ができるので、ぶれる事がない製品を作り出す事が可能です。

【フライス盤とはどんな機械なのか?】
フライス盤は金属が回るのではなく、刃物が回転して削っていくという機械です。
テーブルの上に金属を固定して、ドリルやリーマー、タップ、などが回転しながら加工をしていくという方法で製品を作ります。
旋盤とは違って角材を使った製品を削る事ができるので、旋盤ではできないような機械部品を作る事ができます。


旋盤とフライス盤は同じ金属加工でも全く違う動きで部品を製造していきます。
ただし量産効果は期待できない場合が多いため、試作品の製造や部品の変更などを行う時の部品の製造などに利用される事が多いようです。
速やかに対応する事ができるので、「痒い所に手が届く」機械だと言えるのではないでしょうか。

二つの機械を使って一つの部品を完成させることができるので、難しい対応にもこたえる事ができるのが、切削加工の良いところであると言えます。

太陽パーツでは、フライス盤加工を含めた切削加工を行っております。
製品づくりのことでお悩みのことなどございましたら、一度太陽パーツまでご相談ください。
長年の豊富なノウハウと様々な加工技術で、お客様のモノづくりをサポートいたします。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 切削加工 > 旋盤とフライス盤の違いについて


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.