ブログ

進化を遂げ続けるNC旋盤の機能について

NC旋盤は日本の大学で作られてから進化を続けている加工機械です。
それまでは汎用旋盤で製品を加工していましたが、コンピュータ制御をする事によって、より早くより多くより正確な寸法の製品を、安定供給するために生まれた技術です。

NC旋盤というのは汎用旋盤をコンピュータで制御して、プログラムや段取りさえしてしまえば、後は自動的に機械が製品を加工してくれるというとても便利な加工機械です。

プログラムを使って数値制御を行う事によって、これまでは人間が判断をして削って制作していた製品を、機械がプログラム終了まで自動的に加工してくれるという機能が付いています。

また、NC旋盤では汎用旋盤とは違って、加工のために利用するバイトをいくつも装着し、プログラムによって装着してあるバイトを呼び出し、一貫した加工を行う事ができるという機能もついています。
初期の段階では、装着できるバイトの数も限られていましたが、近年ではより多くのバイトを装着する事ができるようになり、より複雑な製品を一度に製造する事ができるようになりました。

太陽パーツでは、機械加工を得意としており、お客様のお求めの製品づくりをサポートしております。
他の加工法にも精通しておりますので、太陽パーツではお客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。

関連する記事