ブログ

高い精度が求められる旋盤加工について

旋盤加工で製品を加工する時には、素材をチャックでつかんでチャックが回転し、バイトで送りをかけて切削をします。
この時、チャックから出ている素材を一度に加工する事が可能な製造法なので、芯がぶれるという事はありません。

旋盤加工では精度の高い製品を作り出す事が可能になるので、高い精度が求められる加工方法となります。
だからこそ精度の高い製品を作るために、しっかりとした段取りというものが必要になるのです。

旋盤加工の持ち味は製品をなめらかに仕上げる事ですが、なめらかな製品を作り出すためには加工をする時の送りや回転数などを細かく設定する必要があります。
これはバイトの先端部分の大きさ(R部分)にもよりますが、バイトの先端の径が小さければ小さいほど、回転数と切削速度を細かく設定しなくてはなりません。

切削速度が速くて送りが遅いほど精度の高いなめらかな仕上がりになり、回転速度が遅くて切削速度が速いほど粗い目になってしまうのです。
その代表的なものがねじ切り加工です。

美しい精度の高い製品が必要な場合は、回転数と切削速度のバランスを考えればいいという事になります。

太陽パーツでは、機械加工を得意としており、お客様のお求めの製品づくりをサポートしております。
他の加工法にも精通しておりますので、太陽パーツではお客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。

関連する記事