ブログ

ダイカストの小ロット生産なら太陽パーツにお任せ

機械の開発で必要な部品をどのように作ればいいのか、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。
特に試作品などの部品を作る時には、小ロットの生産になるために切削加工で補う事が多いため、どうしてもコストが高くなりがちです。
大量生産になればダイカストを利用して、だいぶコストダウンを可能にする事ができますが、試作品などの小ロットの場合はダイカストは逆にコストが高くなってしまうというのが一般的な認識です。

確かに一般的なダイカストを利用しようとすれば、金型を設計して金型生産を行って、部品を製造するという工程になるので、コストが高くなるのは当然です。
ですが、もしも小ロット生産にダイカストを利用して、しかもコストがかからないとしたらどうでしょうか。

太陽パーツでは、小ロット生産でも多くの企業様が利用されています。
その理由は太陽パーツのエコダイカストという製法にあるのです。
太陽パーツのエコダイカストというのは、金型の作り方が全く他とは違い、必要な部分のみを制作して部品生産をする事が可能です。

太陽パーツのエコダイカストは、ベース部分を太陽パーツが保管しているものを使い、お客様のキャビティ部分をセットして部品生産を行うので、ベース部分の費用はかからないのです。

ベース部分とキャビティ部分がセパレートになっていると、金型の寿命はどうなのかと気にする方もおられるかもしれませんが、寿命や製品精度は全く違いはありません。

複雑な部品の製造も従来のダイカストと同様に生産ができます。

現在小ロットの生産の事でお悩みの型はぜひ太陽パーツへご相談ください。

関連する記事