太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > プレス加工に使用するプレス機械とは

プレス加工に使用するプレス機械とは

プレス加工に使う機械はプレス機械といって、上下に取り付けられた金型の間に金属の板(板金)を挟み込み、上下から圧力をかけてプレスして製品を製造します。
板状の金属を使って製品を加工するので、板金プレスや板金加工などという言い方をする事もあります。
プレス加工を行うプレス機械とはいったいどのような機械なのか、機械の特徴や加工方法などについて、わかりやすく説明いたします。

【プレス機械の種類について】
板状の金属をはさんで加工を行う機械ですが、機械にはCフレームと門型と言われるタイプがあって、Cフレームのプレス機械では少ない圧力で加工ができる比較的小さな製品を作ります。
Cフレームのプレス機械とは横から見た時にCの形に見えるからそう呼ばれるのですが、あまり高い圧力で加工をする製品を製造すると、圧力で機械が開いてしまうために小さい圧力で加工する製品に適しているのです。
一方で門型と言われるプレス機械では、高い圧力を加えて加工する製品を製造するのに適していて、製品を作っていても機械が開く事はありません。
このようにプレス機械は加工する製品によって、適した機械で製品の製造を行う事ができます。

【プレス機械はどんな加工ができるのか?】
スライドという金型を固定する事ができる場所があり、そこに取り付ける事ができる金型ならば、どんな大きさであっても加工をする事が可能です。
プレス機械での加工では、一つの形しか作ることができないのではなく、複数回の工程を行う事も可能ですので、複雑な形状の製品を加工する事ができる機械もあります。
一台のプレス機械でできる加工は、ただ圧力をかけて変形させるだけではなく、圧力をかける事によって一枚の金属を立体的に加工する絞り加工といった加工も可能です。
さらに、曲げ加工も穴あけ加工を施す事も可能で、想像しているよりも多くの形状の製品を作る事ができますし、大量生産に向いている加工方法でもあるのです。

【プレス機械の金型について】
加工をするには金型が必要です。プレス加工の金型は上下で挟み込んで加工をしますので、雄型と雌型をセットで制作する事になります。
一度金型を作れば1日に数万~数十万という個数の製品を作る事ができるので、生産性の高い加工方法であると言えます。
ただし金型を作る時には加工をする製品の材質よりも硬い金属で制作する必要があります。そのため金型に利用する素材には特殊な金属を使い、焼き入れをして高度を高める必要があります。
SKD11という金属で作られる事が多いのでコストは多少高くなるので、小ロットの製品の生産にはあまり向いているとは言えないでしょう。

いかがだったでしょうか? プレス加工に使用するプレス機械とその特性、金型や高い生産性がある加工方法として最適だという事はわかっていただけたのではないでしょうか。

小ロットには向かない加工方法ですが、現在では自動車の大型の部品などの生産などでも活用されている加工方法なので、小さな製品から大きな製品までを生産できる自由度の高い加工機械であると言えるのです。
太陽パーツでは金型の製造から製品の生産までを一貫して行う事ができ、コストの削減にも貢献できるので、プレス加工についてもお気軽のご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について > プレス加工に使用するプレス機械とは


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.