太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > へら絞り加工(スピニング加工)の特徴

へら絞り加工(スピニング加工)の特徴

本日は、へら絞り加工の特徴についてご紹介いたします。
ヘラ絞り加工は、金属板を回転させながら、金型にヘラであるローラーを使用し、密着させるように金属板を塑性変形させ、成形する加工方法です。

金型と金属板を回転させることがらスピニング加工とも呼ばれます。

ヘラ絞り加工の場合は、プレス加工のように雄型・雌型の二種類の金型を用意する必要がないため、安価での製作が可能になります。

ただし、へら絞り加工では、回転加工を行うために多角形や楕円系といった製品の作成は難しくなります。


ヘラ絞り加工(スピニング加工)の長所は、低コストで製造可能であり、リードタイムが短く、多品種少量生産に向いている点です。

短所は、製造した製品の板厚にバラツキができ、大量生産に向かない点になります。
ですが、NCスピニングマシンを導入することで、改善することができます。

ヘラ絞り加工(スピニング加工)により製品を造る場合には、多種多様な機器・機械の部品から器具などの製造可能です。


太陽パーツでは、アルミ押出・ダイカストに強みを持つだけでなく、その他の金属加工にも精通しております。

ヘラ絞り加工など、お客様のご要望にお応えして、お客様にメリットのある製造方法をご提案させていただきます。

まずは、一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > へら絞り加工(スピニング加工)の特徴


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.