太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アルミ押し出し > 熱間も冷間も可能なアルミニウムの押出成形

熱間も冷間も可能なアルミニウムの押出成形

アルミニウムの押出成形は様々な部品の製造に使われています。基本的にアルミニウムは柔らかい素材なので、加工しやすいというメリットがあります。
押出加工もいろいろとあるのですが、金型を使って加工するので寸法精度の高い製品を大量生産ができるため、製品コストを下げる効果も高く人気の加工方法です。

さて、アルミニウムの押出成形の方法ですが、冷間鍛造と熱間鍛造の二種類があるので、使用する目的に応じた製品の製造が可能となるのです。
冷間鍛造は後方押出法、前方押出法、型鍛造法、シゴキ加工、穴抜き加工など、製品の形状に合った加工が可能で、加工する時には特に温めて柔らかくする事もありません。
常温の状態で加工する事ができるので、小さな部品の製図をするのに最適な方法だと言えるでしょう。
また熱間鍛造の場合ですが、多くの場合はダイスと言われる金型を使って、一定の温度に温めたアルミニウムを、後ろから圧力をかけてゆっくりと通していきます。
そうする事で複雑な形状の製品を作り出しますが、ところてんのように押し出して成型するので、丈夫で美しい製品ができ、主に建具などに利用されています。
熱間鍛造は温めて加工をするので、焼き戻し軟化抵抗があるので丈夫で高温にも強い製品を作り出す事が可能となります。
どちらの製造方法でも一度に大量生産が可能な加工技術なので、製品のコストを削減するのに最適です。
さらにアルミニウム押出成形をする事によって、仕上がりがとても美しく後の処理をする時にも、特別な処理をせずに仕上げを行えるのもメリットだと言えるでしょう。

太陽パーツではアルミニウムの押出も行っています。もちろん金型の製造も行っているので一貫した作業が可能です。
詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アルミ押し出し > 熱間も冷間も可能なアルミニウムの押出成形


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.