ブログ

複雑な形状の製品も作り出せる切削加工の特徴

精密部品の加工をする時には切削加工によって行われています。機械部品の製作をする時にはいろいろな加工機械で加工をします。
どの方法で加工をするのかは加工する製品によって変わってきますが、より複雑な製品を製作するのならば、やはり切削加工の機械を使った方が確実です。
切削加工で部品を加工するためには、ある程度の数が無いとコストがかかってしまいますが、切削加工はより複雑な形状の製品を加工するのに適しています。
当然ですが切削加工の機械にはいくつかの種類がありますが、複雑な製品を製作する場合でより高い寸法精度が必要な場合には、複合機で加工するのが良いでしょう。
なぜならば、一つの機械で切削加工をする方が精度の高い製品を作る事ができるのが第一の理由です。
複合機はより複雑な形状の製品を加工する事ができるだけではなく、一つの機械で加工をする事ができるため寸法精度の高い製品を作り出せるのです。
それだけではなく、一度に一台の機械で加工する事ができるので、コストを削減する事も可能です。
複合機ができるまでは寸法精度の高いものや複雑な形状の製品を作る時は、いくつかの切削機械による加工を行ってきました。例えば旋盤やフライスといったものが代表的な切削機械です。
ところが個々の機械で切削加工を行うと、いくつもの工程や機械を使う事によってコストがかかりました。
この問題は複雑な形状で寸法精度の高い製品を作る方にとって、頭の痛い問題であったのは事実です。
その点複合機で加工すれば、よほど大きな製品じゃなければ小さな部品からある程度の大きさの部品まで加工する事もメリットだと言えるでしょう。

太陽パーツでは複合機による精密加工を行っています。少しでもコストを抑えて複雑で良い製品を作るのならば、太陽パーツにぜひご相談ください。

関連する記事