太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 板金加工 > 製品化する為に重要な接合技術とは【板金加工】~前編~

製品化する為に重要な接合技術とは【板金加工】~前編~

現在使われているありとあらゆるものは、それぞれの部品として製造されて、ひとつひとつの部品を正しく組み立てて作られています。
どんな製品でもそれは同じです。ただし組み立てをする時にはそれぞれの部品を結合させる必要があるため、大きく分けると3つの接合方法で組み立てます。
3つの接合方法がどのようなものなのかについて、ひとつひとつをわかりやすく説明していきましょう。
まず一つ目の接合は「機械的接合法」といって、ボルトなどを使って接合をするという方法です。組み立てる時にはネジを占めるためのドライバーなどを使います。
この接合方法のメリットとしては、もしも機械に不具合が出た場合などに、簡単に解体して故障個所を探し出し、修理をする事が可能です。
また、リベットを使ったりする事によって剛性が高い製品を組み立てる事ができるでしょう。万が一製品に亀裂が入ったりした場合、全てに亀裂の影響が及ばない事もメリットでしょう。
その代わりデメリットとしては、しっかりとした接合をするためには、それなりの接合箇所が必要になるという点、工程が増えてしまうのでその分費用がかかってしまう事もあるでしょう。
また、ひとつひとつの接合部品は小さくて軽いのですが、頑丈に組み立てる事によって全体的に重くなる事もあるでしょう。

次回、残りの2つについて説明させていただきます。板金加工、その他の加工についてお知りになりたい方は、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 板金加工 > 製品化する為に重要な接合技術とは【板金加工】~前編~


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.