太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > 幅広く使用される亜鉛ダイカストの特徴

幅広く使用される亜鉛ダイカストの特徴

ダイカストは優れた製品部品を作り出す事ができるので、世界中で部品の製造に利用されている技術です。材料に使われるのはアルミが多いですが、亜鉛もよく使われている素材です。
今回は亜鉛ダイカストに焦点を当てて、なぜ亜鉛ダイカストは世界中で幅広く利用されているのかについてを、簡単に説明していきたいと思います。
亜鉛がダイカストに使われる理由は、アルミニウムと同様に融点が低いので加工する時にかかるエネルギーを抑える事ができるでしょう。
また、融点が低いという事は薄肉の部品加工にも向いているというメリットがあります。最近では軽量化をするためにより薄肉の部品が活用されるので、亜鉛ダイカストが喜ばれるのは当然でしょう。
融点が低いメリットはまだたくさんあります。例えば金型の寿命が長くなります。つまり金型にかかるコストを抑える事ができるというメリットがあります。
もちろん金型が傷む事も少ないので、長期的に製品の製造ができるのも低コストで作れる理由ともなります。また、アルミダイカスト同様に寸法精度が高いので、より複雑な形状の部品を作る事も可能です。
部品の製造を行う時にはインサートを使ったりするのも容易なため、製品に求められる精度や形状を実現できる製造技術です。
これらの特性を持っている亜鉛ダイカストは、小さいものを作る事も多いなものを作る事も可能です。しかもかなり小さな極詳サイズの部品の製造も可能なので、現代の部品製造には欠かすことができない製造方法だと言えるでしょう。
亜鉛ダイカストで作られた部品は、とても滑らかで美しい仕上がりなため、外観部品にも活用する事が可能です。

太陽パーツでは亜鉛ダイカストのための金型の設計や製造を行っています。さらに部品を安定供給する事も可能です。詳しくは太陽パーツへお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > 幅広く使用される亜鉛ダイカストの特徴


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.