太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 切削加工 > 単刃工具と多刃工具を用いる様々な切削加工法

単刃工具と多刃工具を用いる様々な切削加工法

使用する機械も色々とありますが、工具には単刃工具という旋盤加工などに使われる工具や、たくさんの刃がついている多刃工具そして、ドリルやエンドミルといった穴を開けたり広げたりする工具を使用します。
これらの工具は製品によって工具を交換しながら使用します。切削加工を行う時にはバイトやチップなどを使って金属を削っていきます。この時旋盤のように材料が回転して刃物を使って切削していきます。
使用される刃物はグラインダーなどで必要な形状に作った超硬バイトを使用する事もあれば、チップをホルダに取り付けて金属を削る切削方法などもあります。これを「旋削」加工と言う事もあります。
さらに旋盤加工でもフライスなどを使ってもできるのが「穴あけ」加工です。ドリルを使って穴を開けて、穴を広げるために内径用のバイトを使って切削をしていきます。ドリルを使って穴を開ける加工法を「穴あけ」加工と言います。
最初から大きな穴を開けるのはトルクが必要になるので、少しずつ内径バイトで広げていったり、エンドミルを使って削る方法もあります。この切削方法を「中ぐり」加工と言う事もあります。
フライスなどでエンドミルなどを使って削る事を「フライス削り」と言い、たくさんチップのついた形状のもの、もしくはたくさん刃がついているドリルのような工具を使って切削をします。
段差を付けるために単刃工具を使って平面を削る加工を「平削り」加工や「形削り」という言い方をしたりもします。鍵穴のような形状に内径を削ったりする「ブローチ」という加工技術も利用します。
これらの切削加工は部品に求められている形状を削り出すために必要な工程です。そして一つの工程だけで製品が完成するのではなく、いくつもの工程を経て製品が完成していきます。
現在では切削加工で製品の生産をする事は少なくなってきました。むしろ製品を生産するというよりも、製品を大量生産するための金型を作る時などに切削技術は多く使われているようです。
例えばダイカストやプレス加工、そしてアルミ押出の金型の生産などにも活用されています。もちろん金型を使った製品の二次加工として、穴あけをしたりねじ切りをしたりする切削加工法もあります。
切削加工には他にも数多くの工具を使って加工を行います。切削の機械も進歩しているのでこれまでは無理だと思われているような加工も、もっともっとできるようになるでしょう。
このように、工夫次第でどんな製品も作り出す事ができる切削加工では、上手に刃物を選択しながら製品を生産していくのです。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 切削加工 > 単刃工具と多刃工具を用いる様々な切削加工法


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.