ブログ

カメラなどの日用品もダイカストが活躍!

昔は何でも大きくて重くて持ち運びをするのが大変なものばかりでした。自動車だってとても大きいものが多くて、現代のようなコンパクト設計が可能になるとはだれも想像しなかったかもしれません。
それが現在ではどんな製品も小さくコンパクト設計になっていて、重くて持ち運びができなかったものも、気軽に外に持ち出せるようになりました。
製品の素材も様々でしたが、近年では多くのものが金属で作られています。機械の小型化が実現すると、今度は軽量化にチャレンジするのが人間です。
こうした努力が実を結び、現代社会に小さくてとっても軽い日用品がたくさん作られるようになったのです。
例えば最近のカメラは一眼レフであってもとても小さいですよね。ビデオカメラも昔は大きくて撮影するのが大変でしたが、最近はとても軽くて小さくなりました。
実はこの軽量化やコンパクト化ができるようになったのが、ダイカストの技術が進歩したからだと言えるでしょう。
大量生産が可能になったため、高価だったカメラや日用品をお手頃価格で手に入れる事ができるようになったのです。
ダイカストは一度に大量に製品の生産が可能なため、自動車や鉄道関係や航空機だけにとどまらず、スプーンやフォークなどの日用品、カメラやパソコンの部品などの精密機械の部品の生産にも活躍しています。
さまざまな冶具を使う事も可能ですし、二次加工の要らない製品の加工も可能です。このため現在では多くの製品がダイカスト技術によって作られているのです。

太陽パーツではダイカスト技術での部品製造、そのための金型の製造も行っています。通常のダイカストの半額のコストで製品の製造をご希望なら、お気軽に太陽パーツへご相談ください。

関連する記事