太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 板金加工 > 板金加工の1つである深曲げ加工について

板金加工の1つである深曲げ加工について

板金加工ではいろいろな加工を行います。「曲げ加工」「絞り加工」「打ち抜き加工」などの加工を行いますが、今回は「深曲げ加工」という加工方法についてお話いたします。

板金加工は金型を用いて上下や左右に材料となる板金(板状の金属)を挟み込んで金型の形状を転写する加工技術です。加工によって金型を変えながら加工を行っていきます。
一般的な曲げ加工を行う時には土台となるダイという下型の上に材料を置いて、パンチという上型でプレスする事で曲げ加工を行います。
必要な角度の曲げ加工を行うには、ダイの溝の角度を製品の角度に作る必要があります。つまり曲げ加工はダイの角度や形状で形状が決まる事になるのです。

例えば曲げる箇所が一か所であれば普通の曲げ加工でも充分に加工が可能ですが、部品の中には2方向以上を曲げ加工しなくてはならないものもあります。
この場合には曲げた箇所にダイが干渉してしまう事もあるので、通常のダイで曲げ加工を行う事は難しくなります。こうした数か所が中心に近い状態で曲げ加工を行う事を深曲げ加工と言うのです。
深曲げ加工を行う時には深曲げ加工に対応した専用機械を使わなくてはなりません。
以前は板金加工では複雑な形状の製品はあまり生産されませんでしたが、大量生産ができ加工が容易なため、これまで行わなかった加工を板金加工で!というニーズに応えるためにできた技術とも言えますね。

深曲げ加工はブラケットやカバーなどの部品の生産に多く活用されています。今後もニーズに応えるために新しい技術を取り入れて、板金加工も進化していく必要があるのです。
太陽パーツでは複雑な板金加工にも、これまでの経験や技術を駆使してニーズにお応えしています。「これは板金でできるか?」という疑問がありましたらお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 板金加工 > 板金加工の1つである深曲げ加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.