太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アルミ押し出し > 軽合金の加工が圧延加工に比べ経済的な加工法の理由【アルミ押出】

軽合金の加工が圧延加工に比べ経済的な加工法の理由【アルミ押出】

軽金属の加工方法には様々な方法があります。例えば図面通りの部品の製造を行う時に旋盤やフライスを使えば切削加工ですし、打ち抜き加工を行うなら板金やプレス加工で加工を行います。

ではその加工に使う材料はどのようにして生産されているのでしょうか?その加工方法には『圧延加工』もしくは『押出』が活用されるのです。この二つは似ているようで違う加工技術です。
どちらも圧をかけて大きな材料を指定の寸法に加工する技術です。それぞれの加工方法を簡単に説明していきましょう。
圧延加工というのはリロールとも呼ばれる技術ですが、金属の材料を大きな2本のロールを使って伸ばす加工技術です。うどんのたねやそばのたねを伸ばし棒で伸ばすイメージをするとわかりやすいでしょう。
大きな2本のロールで挟み込んで徐々に薄く延ばしていきます。繰り返しこの作業を行う事で指定の板厚の製品を加工する事ができるのです。圧延加工には金属板への加工の他に棒状の製品の加工も行います。
いわゆる丸棒といわれる材料を作るのに適している加工方法ですね。やはり同じように大きな材料を少しずつ圧をかけて細く長く加工していくという技術になります。

では同じ形状の製品の加工を行うのに適したアルミ押出はどんな加工技術なのかというと、熱して柔らかくした素材を高圧でダイスと言われる金型に押し付けて、反対から引っ張って製品の生産を行う技術です。
加工できるのは丸棒だけではなくL字型の長材や、より複雑な形状の長材の生産を行う事ができます。同じ加工ができるならどちらでも良いのでは?と思われるかもしれませんが、実はコストの面でアルミ押出の方がお得なのです。
どちらを選んでも同じ寸法の製品の加工ができるのですが、その大きな違いは加工する方法と時間が関係しています。圧延加工は金型を使って製品の生産を行うわけではなく、ローラーを使って何度も何度も伸ばして製品の生産を行います。
必要な寸法になるまでローラーをかけ続けるので時間がかかるケースもあります。一方でアルミ押出の場合は金型を使って製品の生産を行います。これは同じ材料を使っても温めて柔らかくして金型に通すからです。
冷却時間とゆがみ調整を行ったとしても短時間に大量生産が可能なので、同じ形状の製品の生産をするのならアルミ押出の方がコストがかからず経済的なのです。
板厚の薄い金属板を加工する場合は圧延加工、丸棒などの長材を生産するならアルミ押出と使い分けすると良いでしょう。

より良い製品を最適な加工技術で生産するのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アルミ押し出し > 軽合金の加工が圧延加工に比べ経済的な加工法の理由【アルミ押出】


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.