ブログ

複雑な形状も高精度でダイカスト鋳造【エコダイカストで経費削減】

ダイカスト鋳造の利点といえば、他の製造法に比べ、寸法精度も高く、複雑な3次元形状の製品の鋳造ができるところにあります。 ダイカストマシンには可動型と固定型があり、溶解金属が金型に圧入され、凝固が完了します。高圧で鋳造するため、鋳物やロストワックスとは違い精密な鋳造が可能となります。 そのためダイカスト鋳造の製品の多くは、複雑な三次元形状になります。 複雑な形状が鋳造可能なため、鋳造後は鋳造ではできない加工、つまり二次加工を行います。 二次加工では、簡単なものから高精度なものがあります。 太陽パーツでは、簡単なものから高精度な二次加工にも対応可能であり、ダイカスト鋳造は完成品でお客様のもとへとお届けすることができます。 また、太陽パーツがお勧めしているのは、太陽パーツオリジナルの特許製法であるエコダイカストです。 太陽パーツでは、金型費用が2分の1と今までの金型費用が半額になります。なので、お客様のコスト削減に対策へお応えいたします。 また、コスト削減につながっても、ダイカスト鋳造の品質・精度は通常のダイカストと変わらず高品質の製品をお届けしております。 現在のダイカスト鋳造で少しでも不満点やお悩みがある方、コスト削減したい方は、一度太陽パーツまでご相談ください。 太陽パーツが皆様にメリットあるご提案をさせていただきます。 エコダイカストに関するお問い合わせは、電話もしくは下記からお問い合わせいただけます。 コスト削減につながるエコダイカスト

関連する記事