ブログ

エコダイカストの特徴!

ダイカスト技術は非常に生産性の高い技術です。

それまでは一つずつ生産されていたものが一気に生産できるようになったため、世界中でダイカストの技術は広まっていきました。


今回は、ダイカストの中でも太陽パーツ独自の技術であるエコダイカストの特長をご紹介いたします。


エコダイカストの特徴は何といっても金型でしょう。一般的なダイカストの金型には大きな土台が必要です。この土台をベースといって金型として使用する部分と同量の金属が必要になります。
金型が大きいので段取りは一人ではできません。そのため金型の交換をする時には危険が伴うため、複数人で金型の交換を行います。この時に人件費がかかってしまいます。


エコダイカストにはこの金型のベースが必要ありません。本当に製品の金型の部分だけを作るので、金型全体が一般的な金型よりも軽いので交換時の人件費の節約ができます。


他の特徴としては寸法精度の高さです。一般的なダイカスト同様に高い寸法精度と鋳肌は非常に美しく、表面処理を行う時に時間がかかりません。塗装処理も美しく仕上がります。


ところでダイカストといえば生産性が高いのが特徴ですが、金型が非常に高額であるため小ロットの生産には向かないと考えられています。

実際にそれは事実でもあるのです。
ところがエコダイカストの場合はというと、ダイカストが小ロットに向かない原因である金型にコストがかかりません。なので小ロットの生産にも適しています。これがエコダイカストの大きな特徴でしょう。


最小ロット50個でも一般のダイカストと同じ程度のコストで済むので、ダイカスト技術を使って寸法精度の高い製品をつくりたいという時に向いています。
もし今ダイカストで製品の生産を検討しているのであれば、どんな些細な疑問にもお答えいたしますので、ぜひお気軽に太陽パーツへご相談ください。

関連する記事