ブログ

量産性に優れたNC旋盤加工について


NC旋盤は金属加工の分野にとっては無くてはならない加工技術です。ですが世の中には多くの加工技術があふれていて、どんな加工なのかがわからないという方も多いかもしれません。そこで今回はNC旋盤についてを改めてご紹介していきます。


NC旋盤が登場する前は汎用旋盤という機械で金属の加工を行っていました。汎用旋盤はご存知のように加工する方の職人技が光る加工技術です。主軸の回転は機械がしてくれますが他は全て職人の技術でカバーします。


旋盤の加工でなぜそれほど技術が必要なのかというと、ねじ切りを行う時に熟練した技術が無いとねじ切りができないからです。また、R加工やテーパー加工も相当な技術とカンが必要でした。なぜならこれも全て手動で行わなくてはならなかったからです。
だから職人は非常に貴重で重宝されていたのですが、誰もが長年職人の元で修行をして習得するという時代ではなくなり、できるだけ多くの製品を寸法のバラつきなく生産しなくてはならなくなったわけです。


そこで登場したのがNC旋盤です。

NC旋盤はNC装置のついた旋盤機械で、数値制御が可能となったためにそれまで難しかった加工が簡単にできるようになったのです。
例えばねじ切りですが、怖い思いをして行わなくてもよくなりましたし、Rやテーパーの加工も正確に加工できるようになりました。何よりもプログラムで加工ができるので同じ製品を大量に生産することが可能となりました。


NC旋盤では専用のチップやバイトという工具がありますので、刃物を研いで製品を削る事もありません。初期の頃のNC旋盤の場合は操作盤に直接プログラムを行っていました。


ですが最近ではプログラムはCADを担当している方が作り、NC旋盤へ転送するという技術も発達したため、誰でも金属加工に従事できるようにもなりました。
また、一度プログラムを入れて段取りをしてしまえば、同じ製品を繰り返し作ることができるのもNC旋盤の特徴です。

別の製品の段取りをしない限りは同じ製品を作り続けることができるので、大量生産に非常に長けた生産技術です。
コンピューター制御されているので非常に寸法精度が高いのも特徴です。様々な分野で活躍している製品の部品生産に優れた加工技術がNC旋盤なのです。


太陽パーツではNC旋盤での製品の加工、金型の製造などを行っております。

加工のことでわからないことがあったら何でもお気軽にご相談ください。

関連する記事