ブログ

切削精密シャフト加工とは

切削精密シャフト加工とは、切削を施すことで、非常に小さな精密シャフトまでを製作する加工です。
精密なシャフトを製作することができるので、切削精密シャフト加工で製作されたシャフトは、さまざまな精密機器に使用されています。

例えば、自動車・オートバイ用の部品や医療機器の部品として、また航空産業部品や電子機器部品、船舶などにも使用されています。

シャフトとはそもそも、機械などの「軸」となるものであり、モーターの軸などに利用され、シャフトを中心として機械を回転させるなどして使用することがほとんどですね。
身近なものなら、扇風機などにも使われています。

シャフトにもいろいろと種類があり、精密シャフト、長尺シャフト、小径シャフト、スプラインシャフト、クランクシャフトなど、非常に幅広い用途があります。

たいていの機械製品なら、シャフトが組み込まれていることがほとんどですから、シャフトは機械のかなめといっても間違いありません。
特に精密シャフトは、精密機械にとって非常に重要な部品となりますから、なおさらでしょう。

切削精密シャフトの加工をお考えなら、太陽パーツへお気軽にご相談ください。
太陽パーツは、ご要望をかなえるシャフトの加工を行います。

関連する記事