太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > S-C材とS45Cの加工

S-C材とS45Cの加工

S-C材とは、鉄鋼(炭素鋼)のひとつです。
鉄鋼(炭素鋼)は、安くて溶接性に優れ、さまざまな熱処理を施すことができるのが特徴です。
中でもS-C材は、0.6%以下の炭素を含んでおり、圧延または熱処理などを行うことで、機械などの部品に使われる鋼材です。

鉄鋼(炭素鋼)にはもう一つ、SS材というものがありますが、SS材はS-C材よりさらに強度があり、研磨性に優れています。

SS材はよりコストを抑えたい場合に、熱処理などの加工を重要視する場合にはS-C材を選ぶといいでしょう。

S-C材の中でも、特によく使われるのが0.42~0.48%の炭素をふくんでいる「S45C」です。
強度、品質が高く、精密機械用の部品、特に重要部品に使われることが多いのが特徴です。

S45Cは強度がありますが、レーザー切断加工なら硬いものでも切断加工が可能なため、たいていはレーザー切断加工で加工されます。
S45C(S-C材)の強度や品質の高さに加え、レーザー切断加工の精密切断とが合わさることで、非常に精度の高く、さらに切断面も美しく仕上げることができるため、この組み合わせはとても需要が高いものなんです。

S-C材とS45材の加工をお考えなら、太陽パーツへお気軽にお問い合わせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について > S-C材とS45Cの加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.