太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > エコダイカスト

エコダイカスト Archive

太陽パーツのエコダイカストは安心の品質

太陽パーツではエコダイカスト技術によって、これまでのダイカスト製品と全く同じ精度の高い製品の生産を行っています。

ダイカストは精度の高い製品を大量生産できる事、金型の自由度が高く小さな部品から大きな部品までを生産できるため、私たちの身の回りの多くの製品の部品の生産に活用されています。
金型技術の向上によって薄肉の製品や複雑な構造をしている部品の生産もできるようになった事も利用頻度が上がりました。
さらに大量生産を行う事によって、金型にコストがかかっても部品一つあたりの費用が安く抑えられるというメリットがあります。
言い換えれば大量生産に向いた製品であり、小ロットの部品の生産を行う時にはメリットがデメリットとなっていたのは事実です。
なぜなら従来のダイカストの場合、金型にコストがかかっているからです。ダイカストの金型は部品部分だけではなく、ベースの部分にも同量の金属が必要になるのです。
そのため本当は50万くらいだったとしても倍の100万も費用がかかってしまっていたのです。だから小ロットの生産を行うと一つあたりの金額が高くなってしまうのですね。
さらに従来型のダイカストだと金型が大きいため、一人で金型交換を行うのは危険が伴います。そのため人件費も時間もかかってしまってどうしても大量生産ではないとコストが高くなってしまうのです。
太陽パーツのエコダイカストはこの金型の費用の問題を解決しています。ベース部分は太陽パーツの共用部品を使用します。
つまりお客様は金型の部分のみを作れば良いので、金型にかかる費用は半額で済む事になるのです。もちろん金型の費用が半額になったからといって品質が落ちる心配はご無用です。
金型の精度は非常に良く従来の金型と同じ高い精度なので安心してご利用いただけます。ただ金型にかかる費用が半額になるので小ロットでも大量生産並みのコストで生産する事ができるのです。
さらに金型自体の重さが半分になった事によって、金型交換の短縮化が可能となり人件費や時間の短縮もできるため、部品一個あたりのコストが大量生産並みになるのです。

コストパフォーマンスが良く高品質な部品の生産を望んでいるのなら、太陽パーツのエコダイカストをご検討ください。迅速な対応で短納期にもできる限り対応しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

世界中で活躍するダイカストが小ロット・低コストで!【エコダイカスト】

エコダイカストをご存知でしょうか?エコダイカストというのは太陽パーツオリジナルの製造技術です。
今回は、一般的なダイカストとの違い、エコダイカストの製品の特徴やエコダイカストのメリットの一つの「低コスト」と「低ロット」についてお話いたします。

エコダイカストの特徴は
・50個からの小ロットに対応する事ができる
・金型費が従来の半額でできる
・金型精度は変わらない
という3つの特徴を持ったダイカスト製造技術です。
なぜ50個からの小ロットに対応できるのかというと、一般的なダイカストのような金型交換に時間がかからないからです。
従来のダイカストの金型というのはとても大きく、重量が重かったので金型の交換を一人で行うのは危険です。そのため一人ではなく複数人で金型の交換をしています。
ところがエコダイカストの場合は金型交換をする時に時間がかかりません。だから小ロットでの生産でも低コストで製品の生産ができるのです。
金型の費用が従来の半分しかかからないのは、従来の金型に必要だったベースという部分を作らなくても良いからです。
一般的なダイカスト用の金型というのはベース部分とキャビティ部分の両方を作る必要がありました。このベース部分とキャビティ部分は同量の材料を必要とします。
そのため本当に使うキャビティ部分と同じだけ費用がかかっていたのです。もし一般的な金型が100万円だとしたらエコダイカストは50万円で作れる事になります。
ベース部分は要らないのか?というとそうではなく、ベース部分は太陽パーツの共用部品なので、キャビティ部分だけ作れば良いわけです。
これが小ロットにも対応できる秘密なのです。

最後にキャビティ部分しか作らないので金型精度が変わってしまうのでは?だから安いのでは?という疑問にお答えします。
ベースの部分を作らなくても金型の精度は変わりません。従来と全く変わる事がありませんので性能の良い製品を小ロットから生産する事が可能です。
以上の点をまとめますと、金型のベースにかかる費用が必要ないため、金型のコストを抑える事ができるので小ロットにも対応する事ができるという事になります。
金型の精度は従来通りなので安心してアルミダイカストを活用できます。エコダイカストについての詳細については、太陽パーツへお気軽におたずねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの経済面でお困りの方に!エコダイカストの特徴

ダイカストは金型を使って精度の良い部品を大量生産する事が可能な技術です。現在多くの部品の生産にダイカストを利用する機会が多くなりました。
高い生産性であるため、部品一つの価格がリーズナブルなのが特徴で、個数が多ければ多いほどお得な加工技術でもあるのですが、小ロットになるとそうはいきません。
その理由が「金型」の費用が高いという事です。ダイカストの金型はベースの部分にキャビティという金型本体がくっついているのが一般的です。
実はベースとなっている部分とキャビティの部分は同じ量の金属が使われています。使われる金属の量は必要な部分の倍になるので費用もかかるわけです。
これだけが金型にかかるコストを高くしているというわけではありません。さらに違う部品を生産するためには金型を入れ替える必要があります。
この時一般的な金型の場合、交換するのに複数の人で交換を行います。重量が重いので危険を回避するためでもありますので、当然時間や人件費がかかってしまうのです。
金型と金型の交換にかかる人件費と時間が小ロットにダイカストが向かないという理由でした。
太陽パーツのエコダイカストはこの問題を解決しています。エコダイカストの金型は従来の金型の半分の材料を使って作られています。
そのため軽くて段取りをする時にも短時間で済みます。結果的にコストを削減する事ができて経済的にダイカストを利用できるわけです。
金型にかかる費用は従来の金型のおよそ半額で済みますので、経済面でお困りの方にもおすすめできます。
金型の費用が従来の半額というと「製品の精度が気になる」と不安を感じるかもしれませんが、エコダイカストの精度は従来と何ら変わりはありません。
精度は高くコストを削減できる特許を取得している技術なのです。ロット数も50個から大量生産にも対応しています!
もし経済面で不安を感じている方で、ダイカストで製品の生産をしたいと思っている方は、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロットでも低価格でダイカスト製品を作りたい時に!【エコダイカスト】

製品の生産を行うにあたって、まずは試作品を製作するというのは鉄則です。よく自動車の試作の場合はNC旋盤やマシニングセンターなどを使って製造していました。
そうしてできた製品を販売する時には「特別仕様車」などと言って、部品ひとつひとつを丁寧に切削で作りました!なんていう話も結構あったものです。
ですが、現在では試作をするにしても同じ製法で作られた部品を使います。その方がコストを下げる事ができますし、大量生産の部品の品質も向上しているためでしょう。
ところが、小ロットの部品の生産に適した加工技術はなかなかありません。例えばいつもダイカストで作っている部品を、試作品で大量生産するわけにはいかないのです。
そんな時に便利なのが太陽パーツの「エコダイカスト」です。エコダイカストはいつも使っている精度の高い金型を使って、50個単位から作ることができるアルミダイカストです。
どうしてアルミダイカストで小ロットの部品製造をするとコストが高くなるのかというと、それは金型に多くのコストがかかってしまうからなのです。
なぜならばアルミダイカストの金型は、土台となるベース部分の上に金型を作るからですね。土台の部分に金型と同じだけの材料費がかかるので、小ロットの生産には向かないのです。

太陽パーツのエコダイカストは何が違うのかというと、土台部分となるベースの材料が必要ありません。必要なのは金型のコストだけ!
だから大量生産と同じ金額で小ロットの部品製作ができるようになるわけです。
もしダイカストで生産したいけど小ロットだからと悩んでいるのであれば、ぜひ太陽パーツへご連絡ください。
高品質、低コストな部品の生産を可能とします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストのデメリットをカバー!太陽パーツ独自の特許製法

アルミダイカストは金型さえあれば一度に部品の大量生産が可能です。そのため多くの部品製造の手段として利用されています。
とても高い生産性のある加工技術ですが、たった一つだけ問題点がありました。それが大量生産をするとコストパフォーマンスに優れているのですが、少量の生産だと逆にコストが高くなってしまうのです。
ダイカストの命は金型です。金型の造りが良ければ良いほど費用がかかります。金型はベースとなる土台部分に多くの材料を必要とします。
その大きさは金型として使う部分と同じ程度です。そのため一つの金型を作るのに金型2つ分の材料を必要とするため、どうしても費用が高くなってしまうのです。
これがダイカストの最大のデメリットともいえるでしょう。一般的なダイカストはすべて金型2個分の材料を必要とするため、大量生産しないと量産効果が出ません。
これを改善したのが太陽パーツの独自の特許製法「エコダイカスト」です。どこがエコなのかというと、金型の土台部分に使う材料を必要としません。
土台部分は太陽パーツの共用ベースを使います。そのためお客様は金型の部分だけの費用しかかかりません。金型の費用が100万円かかったとしたら半額の50万円しか必要とせず、この部分がエコというわけです。
金型の費用が半額になったからといっても金型そのものは従来と全く同じ精度ですので、高品質な部品を低価格で生産する事を可能とします。
小ロットだけどダイカストで部品の製造をしたい!という方にとって、これほど最適な方法はないでしょう。
小ロットで生産してみて納得のいく製品だと確信してから大量生産へと移行する事も簡単です。ダイカストのデメリットである費用を大幅にカットしたい方に特におすすめです。
お悩みを解消できるかもしれないと思われたら、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

他社での高コストにお困りなら!太陽パーツの【エコダイカスト】

ダイカストは大量生産が可能なだけに、世界中で重宝されている製造技術の一つです。ダイカスト技術の進化に伴って、それまでは難しかった複雑な形状の製品を生産できるようになりました。
金型があれば一度に大量の部品の生産が可能となるため、一つあたりのコストを削減する事が可能なのが特徴の一つです。
ダイカストの金型は何千個、何万個の生産が可能となるほど寿命が長いため、長期にわたって大量に必要とされる部品を生産するにはピッタリな加工技術なのです。
より複雑でより肉薄な製品の金型を作る技術によって、より多種多様な製品の生産を可能としているのも重宝される理由の一つだと言えるでしょう。
ただしダイカストで部品の生産をしてコストを下げるのは大量生産ができるからなので、小ロットの製品の生産にはあまり向いていないのがこれまでの常識でした。
なぜならばダイカストで最もコストを左右するのが「金型」だからです。ご存知でしょうか?ダイカストの金型は上下の金型で製品を生産いたします。
可動式の金型は金型の部分のみなのでそれほどコストがかかるという事はありません。ですが固定する金型の方は金型にベース部分を必要とします。
実はこのベースの部分に使う材料の金属は、金型の部分とほぼ同量の金属を使うのです。これがダイカストの金型のコストがかかる原因です。
通常金型の費用は製品一つに計上されまので、金型にかかるコストを削減する事ができれば部品一つあたりのコストもおさえる事ができる計算になります。
ですが一般的な金型にはベースがついているため、材料のコストを下げるのが非常に難しいのです。これを解決するために太陽パーツではベース部分をなくしました。
もちろんベース部分はあります。このベース部分は太陽パーツの共通部品となっているため、お客様は本当に金型の部分のみを作れば良いわけです。
これが太陽パーツのエコダイカストです。金型のコストを下げる事ができるため、30個からの小ロットでも安心してダイカストの技術で部品の生産が可能となります。
大量生産の場合でも同様に、金型のコストを下げる事ができるのでコストの削減ができずにお困りでも、スッキリと解決する事ができるでしょう。
太陽パーツのエコダイカストについての詳細については、ホームページやお電話でお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロットに向かないダイカストが半額の金型費で小ロット量産を実現!!

ダイカスト技術の向上によって、様々な製品がダイカストによって生産される時代になりました。多くの工業用部品や家庭用品、家電製品の部品の生産もダイカスト技術が利用されています。
なぜダイカストが製品や部品の生産に活用されるようになったのかというと、それは大量生産を行う事ができるためで、大量生産をダイカストで行う事によって部品一つ当たりのコストをおさえる事ができるからです。
つまりダイカストは大量生産を行う事によって量産効果を出す事ができる技術で、大量生産を行う予定の製品の生産を行うのに適している技術であるという事になります。
試作品の場合は切削加工で行っても問題は無いかもしれませんが、その段階ではなく試験的に製品の生産を行いたいという場合で、しかも生産する数が小ロットの場合はどうすべきか悩みどころです。
なぜならば、ダイカストで生産を行うには小ロットだとかえって高くなってしまうからです。その大きな要因となっているのは金型の構造です。
従来のダイカストの金型はベースと金型の部分であるキャビティが一体型になっていたため、どうしても金型全体の費用が高くなってしまっていました。
どこが一番お金がかかるのかというと、ベース部分に必要な金属です。キャビティ部と同じくらいの金属を必要とするため、金型の材料費が必要になってしまうのです。
太陽パーツのエコダイカストはキャビティ部のみがお客様負担になり、ベース部は太陽パーツの共通部品を使用します。つまりベース部分の費用が不要です。
これによってこれまで小ロットだからとダイカストを諦めていた方も、コストを気にせずダイカストを利用できるようになるでしょう。
エコダイカストの詳しい情報については、太陽パーツへお気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストでの製品製造をお考えの方に!太陽パーツの特許製法【エコダイカスト】

製品の製造を検討した際にどのような製造技術を使うのかを考えている方におすすめなのがダイカスト技術です。
ダイカストとはアルミや亜鉛合金などを溶かして、金型に圧入して冷やし固めて製品を製造する技術ですが、多くの部品が現在ダイカストで生産されています。
これまでダイカストを活用した事がないと、製品の精度はどうなのかや金型は高いのでは?といったイメージを持たれる事もあるかもしれません。
ですがダイカストは金型の精度が高く、ダイカストの機械の精度も高いので、寸法精度の高い製品を作り出す事ができます。
ただし金型にコストがかかるため、どうしても大量生産の予定が無いと製品一つの単価が高くなってしまうため、ダイカストが優れているとわかっていてもなかなか手を出せないケースも多いのです。
そんな悩みを解消するのがエコダイカストです。エコダイカストの優れている点は、金型にかかるコストを半分に抑える事が可能な点です。
通常のダイカスト用の金型というのは、オス型とメス型の金型をそれぞれ製造しますが、土台となる下の金型にはベースと言われる部分を作らなくてはなりません。
そのベース部分は上下合わせた金型と同量の金属の塊が必要となります。そのため金型にはベース部分のコストがかかってしまうのです。
エコダイカストではこのベース部分に使う金属を必要としません。ベース部分は共通部品なのでお客様がベース部分にお金をかける必要が無いのです。
つまりベース部分にかかるコストがかからないので、金型を半額程度に抑える事ができるのです。
そのため大量生産ではなくても安く製品を生産する事ができるのです。もしも小ロットで製品の生産をご希望であるのなら、ぜひ太陽パーツにご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

価格面でも精度にも自信あり!エコダイカストでの製品造り

ダイカストで製造された部品は年々技術の進歩によって、美しく寸法精度の高い製品を作る事ができます。
しかもダイカストで部品の製造を行うと、一つ当たりのコストも安く済むので、部品の製造をダイカストで行うメリットは高いといえるでしょう。
ただしそれは大量生産の部品だったらのお話でした。実は小ロットの生産を行う時にはダイカストはあまり向いている制作方法とは言えません。
その理由は金型にかかる費用が非常に高く、小ロットの部品の製造を行う時は他の方法で製造するというのが定番でした。
なぜダイカストの金型は高いのでしょうか?その理由は、ダイカストの金型はベース部分金型部分の上下セットで作成します。
下の金型は機械に設置するためにベースという部分が必要になります。実はこのベース部分というのは金型の部分と同じだけの材料を必要としています。
そのため倍の金額がかかってしまうというわけなのです。これを解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。
エコダイカストはベース部分は共用ですので、ベース部分が必要ありません。ですのでベース部分の材料費を削減する事が可能なのです。
だから作業効率もとても良いのです。ですがご心配なのはおそらく寸法精度ではないでしょうか。確かにベースが無ければ精度が出ないのでは?と思うかもしれません。
ですがエコダイカストの金型の精度は従来の金型と全く変わりはありません。高い寸法精度と金型コストが安いので、小ロットの部品にダイカストを使いたい方にはおすすめです。
もしも小ロットでダイカストを利用したいと思うのであれば、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産向きのダイカストも小ロットで対応できるエコダイカスト

部品の生産をダイカストで行うには金型を必要とします。製品の生産が行われる時には必要なステップを踏まなくてはなりません。
まずはダイカストで作成する製品を試作で作ります。この時いきなりダイカストで作る事はできませんので、製品の試作は切削や他の鋳物で制作します。
そこで形状を確認して金型の製造を行い、製品の生産を行う事になるのですが、金型にかかる費用は結構なコストになります。
そのため最低でも500個以上の生産量が無いと、一つ当たりの部品の価格が高くなってしまうのです。つまりこれまでのダイカストの常識だと小ロットはダイカストに向いていないのです。
ですが切削で作るとしてもかなりのコストと時間がかかってしまうでしょう。その理由は最近のダイカストの製品は複雑化していて、切削では難しい加工も必要になるからです。
その問題を解決するのが太陽パーツのエコダイカストです。エコダイカストとはこれまでのダイカストの金型とは違って、ベース部分は太陽パーツの共用部品を使います。
なのでこれまでベースにかかっていた費用を削減する事ができるのです。ロット数は50個から生産する事が可能ですので、コストの削減が可能となります。
金型日は従来の金型の半額で作成する事が可能だからです。だからと言って商品の精度が悪いというわけではありません。
従来の製品と全く変わらず精度の高い製品を加工する事ができます。なので小ロットの製品をダイカストで作りたいと思うなら、エコダイカストを検討してみてはいかがでしょうか。
詳しい情報や金型の製造について知りたい方は、太陽パーツへお気軽にご相談ください。コストを安く精度の高い製品を手に入れる事ができるでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 1612345...10...最後 »

HOME > ブログトップ > エコダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.