太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > エコダイカスト

エコダイカスト Archive

50個~の小ロット生産にも対応!【エコダイカスト】

定められた納期までに大量の部品の生産が求められるダイカストでは、いかに安く大量生産ができるか?という問題だけではなく、いかに短納期に対応できるか?という問題もあるものです。

ダイカストの魅力と言えばやはり大量生産という事と部品一つ当たりの価格が安いという事ですが、大量生産が可能なだけにどうしても納期が長くなりがちです。

この問題を解決するためには細かい納期で迅速に部品の生産を行う必要があるのです。

さらに試作品を作りたいという場合、大量に作るのではなく逆に小ロットで対応して欲しいという希望がある反面、金型にかかる費用の事を考えるとどうしても一個あたりの金額が高くなってしまうのも問題点であったと言えます。

この問題に対応するのは従来の方法では簡単ではありませんでした。

だから小ロットの試作品のための部品は切削などを使ってこうされる事が多かったのです。ところが切削加工でも決して安くはできないものなのです。

まだ問題はあります。

大量生産するためにはそれなりの販売ルートが確立されていたり名が知れた大企業であったりと、小さい企業ではなかなか実現には難しいと感じる事も多いでしょう。

これは金型にかかった費用が部品ひとつひとつに振り分けられるためです。

 

しかしながら中小企業でもダイカストを使った製品の生産をしたいと思っているケースも増えています。

ところが現在ではこの問題を太陽パーツのエコダイカストが解決に導きました。

 

太陽パーツのエコダイカストは本来キャビディ部分に使う材料となる金属を極力抑える事ができます。

一般的にはベースとなる部分に使われる金属は金型と同じ程度必要です。つまり金型を作る時は倍の金属が必要だったのです。

この部分をエコダイカストに変える事で最初の段階から低価格で製品の生産が可能になります。この技術の開発によって人件費と材料費を抑える事ができるので、小ロットでダイカストを利用したい方に最適です。

 

小ロットも50個程度の本当に少ない生産数でもお受けしています。

せっかく希望しているダイカストが活用できても、寸法精度がキビシイ製品であっても問題なく生産する事が可能です。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【ダイカスト】を知ろう!基礎知識

現代人の私たちの生活は経済的にも恵まれ非常に便利なものに囲まれて生きています。その陰には様々な生産技術の発展が強く関係しています。例えば今や一家に一台と言われている自動車も、現代の生産技術を活かして作られているのです。

ところで、昔と違って現在の自動車というのは剛性も高くなり、安全性が各段に上がっているだけではなく、車両総重量も非常に軽量化されているので低燃費です。その陰にはアルミ合金を使った部品の数々が使われているからだと言えるでしょう。

例えばエンジンは車の部品の中ではとても重要で大きな部分なので、鉄などで造られていた時には非常に重く、錆に弱いというウィークポイントがありましたが、現在では錆の心配はあまりありません。これもアルミ合金を使っている恩恵かもしれません。

そしてエンジンをはじめ多くの部品の生産に使われている技術こそが『ダイカスト』なのです。今回はダイカストの基礎知識についてわかりやすく説明していきます。

ダイカストを簡単に説明すると、金型という型の中に溶けたアルミ合金などを流し込んで、冷やして固めるという加工技術です。こうした技術を『鋳造技術』というのです。

ダイカストマシーンに金型をセットします。セットした金型に溶かしたアルミ合金を高圧で射出していき、充填が済んだら冷やして固めて金型の形に形を変えます。

加工するには金型が必要になりますが、近年では技術が進歩した事もあって、薄肉でより複雑な形状の金型を造る事が可能となり、軽量化と高い剛性を持つ耐久性の高い部品の生産ができるようになったのです。

しかも圧をかけて製品の生産を行うので非常に美しい鋳肌をしていて、表面処理を容易に行う事が可能です。鋳込み金具を使って鋳込みをつくる事が可能なので、硬さや耐摩耗性の高い製品を加工する事もかのうです。

精巧な金型で加工するため最終仕上げ加工を行わなくても良いというメリットがあります。その分時間を短縮する事も可能です。これらの特性から自動車やバイクなどのエンジン部品の生産に利用されています。

ただし製品の生産に必要な金型については費用がかかるため、どちらかというと小ロットでの注文よりも大ロットでの注文に向いています。年々生産量は増え続けているため小ロットへの対応を希望する声があるのも事実です。

太陽パーツでは小ロットでもダイカストを利用したいという要望に応えるため、エコダイカストという技術を活かしています。

精度は変わらず小ロットでダイカストを検討したい方にお勧めです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロット生産のメリット!【エコダイカスト】

ダイカストの最大のメリットは精度の高い製品を大量に生産できるという点です。しかし最近は小ロット生産にだけあるメリットが注目されつつあります。

なぜ小ロット生産が注目されているのかというと、生産された部品を使って製品を組み立てた時にちょっとした不具合があったりした場合、その部品に加工を施して生産する事も意外とあるのです。

そんな時に大量生産してしまった場合、部品の変更のために加工をするとなると、それまでに作ってしまった部品が無駄になってしまったり、加工を施してもコストと時間がかかってしまうでしょう。

こうした手間を省く事によってコストの削減と時間の節約をする事が可能になるわけです。そこで注目が集まっているのが小ロット生産です。例えば小ロット生産だった場合だと設計などに変更があった場合に対応がしやすいのです。

また、実際に製品の生産を終えて販売を開始した後に不具合が見つかり、部品の変更を行う事は頻繁にある事なのですが、この時に大量生産してしまった後だとコストにロスが出てしまいかねません。

少しでも損害を減らすためにも起動に乗るまでは大量生産ではなく、小ロットで少しずつ安定するまで調整する必要があるわけです。このことから近年では大ロットでいきなり生産するのではなく、小ロットで様子を見ながら生産する事に注目が集まっているのです。

時代の流れもあるかもしれませんが、安全性や使い勝手などを重視される昨今の消費者への対応を余儀なくされているのでしょう。

小ロットで生産する事のメリットは他にもあります。それはバリエーションを増やしてあらゆるユーザーの要望に応えたいという企業側の考えが働く事が増えているのです。

太陽パーツではダイカスト製品を小ロットで生産したいと考えている企業にうってつけの『エコダイカスト』があります。50個からの小ロット生産にも対応しています。もちろん従来の精度でコストもかなりダウンできます。

エコダイカストの詳細や生産については太陽パーツのホームページをご覧になるか、太陽パーツへお気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度は同じなのに『コストダウン』が可能!?【エコダイカスト】

ダイカストは精度の高い製品を大量生産する事が可能なため、多くの製品に使われる部品をダイカストで生産する機会が増えています。さらにアルミ合金を使って生産された部品は非常に軽くて丈夫という特性もあります。

例えば自動車などにダイカスト製品が多く使われているのは、故障しにくい製品を大量生産するという目的もありますが、車両総重量を軽くする事ができるためでもあります。車両総重量を軽くすると燃費も向上しますし操作性も良くなるからでしょう。

さて、ダイカストは精度の高い製品を大量生産できる人気の高い生産技術ではありますが弱点もあります。最大の弱点は『大量生産』です。大量生産する事によって一つあたりの費用が安くなるので、大量生産すればするほど安くする事ができるのです。

ではなぜ大量生産に向いているのか?それは金型を使って生産するからです。ダイカストは金型に溶けた材料を高圧で射出し、冷やして固めるという生産技術です。だから生産する部品が多ければ多いほど一つあたりの単価が少なくなるのです。

つまり言い換えると小ロットの場合は逆にコストがかかってしまうのです。そのためダイカストを利用する時には1000個単位以上じゃなくてはならない、という常識ができてしまっているのです。

しかしながら太陽パーツはこの問題を解決しています。通常ダイカストに使う金型の費用を半額に抑える事に成功したため、小ロットでも大ロットと同じ費用で製品の生産が可能になります。

これは金型にかかる費用が半額になるためであって、金型自体に問題があるわけではありません。一般的なダイカスト用金型と同じ材質で精度も全く変わりません。

例えば金型に100万円かかっていたとしたら50万円程度しか費用がかかりません。さらに精度は全く変わりません。つまり同じ個数の製品の生産をすると金型が半額になる分コストを下げる事ができるというわけなのです。

もしも今ダイカストでの生産を検討中の方で、精度の高い製品を小ロットで生産したいと思うのならば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのエコダイカストが選ばれる理由

ダイカストで製品の生産を行う時には、通常なら1000個単位じゃなければ逆にコストがかかるというのが常識でしたが、太陽パーツでは50個の小ロットでもこれまで同様の費用で製品の生産が可能です。

なぜこんなに小ロットでも一般的な価格で製品の生産ができるのかというと、それは太陽パーツだけにある『エコダイカスト』の技術があるからです。

従来のダイカストと製法は変わりません。金型をダイカスト機械に設置して溶けた材料を射出し、冷やして固める事で製品を作る事ができるのですが、決定的に違うのは使用している金型です。

一般的なダイカストの金型はダイカスト機械に金型をセットしますが、この金型はベースと金型の部分が一緒になっているものです。土台部分が一緒になっているので非常に重く金型の交換も一人ではできません。

さらに土台となる部分もセットになっているため、金型には大量の材料が必要になるため、その分の材料費もかかってしまいます。その費用は金型と同じだけの材料を必要とするので、単純に金型の費用が高くなってしまうのです。

エコダイカストはというと、土台となる部分はダイカストマシンに設置してあります。これは太陽パーツの共有部品となるので、お客様が金型を作る時には金型の部分だけを作るので費用は半分です。

もちろん品質は従来のダイカスト製品と全く代わりはありません。だから小ロットでも従来のダイカストと同程度の費用しかかからないのです。これが太陽パーツが選ばれている最大の理由なのです。

それ以外にも短納期であっても柔軟に対応するので、その利便性の高さも人気の一つの要素である事は間違いないでしょう。エコダイカストについて更に知りたい方は太陽パーツのホームページから気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型でお悩みの方、必読!太陽パーツのエコダイカスト!

部品の大量生産を行う時は金型を使って製品の生産を行う技術を活用した方がコストの削減ができ、しかも短期間で大量の部品をそろえる事ができます。その代表的なものがダイカストです。ダイカストをあまり利用した事がない方の中には、金型を使って部品の生産をするよりも、切削で生産した方が精度が高いのでは?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。その理由は、ダイカストの精度が切削加工よりも劣っている気がするとか、ダイカストは良いって聞いているけど金型が高すぎるので躊躇してしまっているからではないでしょうか。

まずダイカストの精度についてですが、ダイカスト技術は『薄肉』『複雑な形状』『寸法精度が高く公差がタイト』な部品でも問題なく生産する事ができる技術です。もし不安なら金型を作る時にどうして欲しいかを明確に伝えるだけで解決できます。さらに金型が高いという問題に対してですが、お使いいただく金型にどのくらいの精度が必要なのかや、どこをどうして欲しいのかといった希望を、明確にして相談していただくと解決しやすくなります。

もしかしたら予算以内でお求めの精度の金型を作れる可能性があるからです。もちろん複雑すぎる形状の場合や困難な形状の場合には、どこがどのように複雑なのかを説明してもらう事も忘れてはなりません。双方が納得できる形で金型の生産ができればベストですし、金型を作る側としてはいきなりこの形状ならこの金額で作りますといった事は言いません。しっかりと綿密に相談をして予算以内でできる限り、お客様が求める品質の金型を提供できるよう努めるのです。

もし金型の事でお悩みがあれば太陽パーツへご相談ください。お客様が求める精度の最高の金型にできるだけ近づけるよう努めます。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツなら高額な金型費用が精度も変わらず半額に!!【エコダイカスト】

太陽パーツはダイカスト製品の生産を行っています。長年培ってきたダイカストの技術でこれまでに多くの製品の生産を手掛けてきました。一度ダイカストで製品の生産をされた場合には、ダイカストがどれほど優れているのかをご存じなので、多少ロット数が少なめであってもダイカストを活用したいと思うものです。

ですが従来のダイカストの金型だとどうしてもコストがかかってしまうので、小ロットの製品の生産を行う時には切削加工など、他の加工技術を使って生産していたのではないでしょうか。確かにダイカストの金型は思っているよりも費用がかかります。その理由は金型に使用する金属の量です。本来は金型の部分だけを制作すればそんなに費用がかからないのですが、実はダイカストの金型にはベース部分が必要なのです。ベース部分というのは金型の土台の部分です。この土台の部分に使われる材料は、ほぼ金型の部分と同量の金属が使われています。つまり金型にかかる材料費は金型×2という事になります。

例えばベース部分にかかるひようが50万円だったばあい、ベースにも50万円かかる事になるので合計100万円かかる事になります。この金額は部品の単価にも影響するので小ロットだとコストが高くなるのです。この問題を解決するのがエコダイカストです。エコダイカストはベースは必要ありません。金型の部分だけを造れば良いので材料費はおよそ半額で済みます。だから低コストで小ロットの部品の生産を可能とするのです。これまでは小ロットで製品精度を落とさずにダイカストを利用するのは難しい!が常識でしたが、エコダイカストならこれらの問題を解決できます。

もし小ロットでダイカストを利用したいと思っているのでしたら、ぜひ太陽パーツのエコダイカストをご利用になってみてはいかがでしょうか。詳しくは太陽パーツへ直接ご連絡ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロット生産が可能な太陽パーツのエコダイカスト!!

現代ではあらゆる製品に高い精度が求められています。高い精度については機械の進化によって要望に対して応える事が可能になりましたが、それと同時にスピードや価格の安さも求められています。精度の高い製品を作る事はいくらでも実現できそうですが、価格を安くするという点とスピーディーにという点では応えられる技術と応えられない技術があります。

そこで注目が集まり利用されているのが『ダイカスト』です。ダイカストは金型の進歩に伴って精度の高い製品の生産が可能で、かつ生産スピードが非常に高く部品一つ当たりの価格も非常に安いです。ただしダイカストにも弱点はあります。それは小ロットでの生産で、その理由は金型にかかる費用です。一般的なダイカストの金型というのは非常に大きな金属の塊で作られています。

金型は固定型と可動型そして中子で構成されているのですが、固定型にはベース部分があって金型本体の倍の大きさの金属を必要とします。その重量は上下の金型と同量程度も必要なのです。
当然ですがその分費用も高くなってしまうわけです。さらに部品が小さいからといって金型も小さくするというわけにもいきません。使用するマシンに合った大きさの金型が必要になるからですね。
さらに小ロットの生産であっても金型にかかる費用は大量生産と変わらないため、部品一つ当たりの価格が高くなってしまうのです。これがダイカストが小ロットに対応するのが難しい理由です。

太陽パーツではこの問題を何とか解決し、お客様が小ロットでもダイカストを気軽に活用していただけるように、エコダイカストという方法を考案しました。エコダイカストは金型にかかる費用を従来のおよそ半額に抑える事に成功し、小ロットでも低価格を実現いたしました。
30個~50個というと割高になってしまっていましたが、エコダイカストをご利用いただくと驚くほど価格を抑える事ができるのです。もちろん大量生産にも対応しています。出来る限りお客様のご要望に応えられるよう、短納期での納品にも出来る限り対応いたします。もしも小ロットでダイカストを利用したいとお考えの方は、ぜひ太陽パーツへご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのエコダイカストは【50個からの小ロットでも作れる!】

ダイカスト製品の金型は初期の頃と比べると、複雑な形状やより薄肉の製品を生産する事も可能です。製品の鋳肌も美しいので仕上げ処理を行うのも容易です。
一度に大量に製品を生産できるので、大ロットの製品の生産にも優れていますし、大量生産を行う事による量産効果で部品一つあたりのコストを下げる事も可能です。

製品の材料にはアルミ合金やマグネシウム合金を試用するので、非常に軽くて錆びにくく腐食しにくいというメリットがあり、組み込んだ時の全体の重量も軽くする事もできます。
これがダイカストの良さです。大量生産に向いている生産技術ですが、唯一の弱点ともいえるのが金型にコストがかかるという点です。二次加工を必要としない精度の高い金型を造るのだから仕方がないのも事実です。

これまでは試作品を作ってその試作がうまくいけば金型を作り、ダイカストで量産体制に入るという流れが普通の事でしたが、これを試作品からダイカストを利用する事はできたら良いと思いませんか?

太陽パーツではこれまで小ロットの製品でダイカストを使うのは無駄な事だという常識を覆す、特許製法の『エコダイカスト』という製法を開発しました。
従来の金型のように金型のベースにコストをかけずに済む、カセットタイプの金型の製造を可能にしたのです。その結果従来の金型の半分のコストで金型を作れます。
金型の交換に人員を割く必要がなくなった分、人件費の削減ができ金型に必要な金属の量も減ったため、なんと従来の金型の半額という低コストでダイカストを活用できるようになりました。
だから50個という小ロットの製品でも低価格で生産ができるようになったのです。もし小ロットの製品の生産にダイカストを活用したいとお考えでしたら、太陽パーツのエコダイカストをぜひお試しください。詳しくは太陽パーツへお気軽におたずねください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

医療機器などの少量生産も可能なエコダイカスト

ダイカストは鋳造法の一つで、アルミ合金を溶かしてダイカストマシンに高速で金型に射出し、冷やして製品の成形を行う技術で、さまざまな部品の製造に活用されています。
初期の頃とは違って現在では金型の技術が進化しており、より複雑な形状の金型を作る事ができるようになったため、二次加工を必要としない部品の生産が可能となり、剛性の高い精密部品の加工が可能となるまで進化したのです。

大きなものでは自動車のボディなど、重要な製品の生産にも活用されていますが、実は近年では医療機器などの部品の生産にも活用されています。
医療の進歩に伴って医療機器も高度化されています。MRCやCTそしてレントゲンなどの多くの医療機器、人工透析などの機械の進歩にも貢献しているかもしれません。
ただし高度な医療機器を大量生産する機会はほとんど無いでしょう。そのため小ロットで生産するのが一般的です。ですが部品を小ロット生産するのにダイカストを使うメリットはあまり多くはありません。なぜならば小ロットで部品の生産を行うにはコストの問題が強く関係しているからです。

ダイカストの金型は重要な金型部分のほかにベースを必要とし、金型全体にかかる費用が高額になる点と、作業を行う時の段取りを行う際に危険なので一人で交換する事ができません。
この問題を解決するためにできたのがエコダイカストです。エコダイカストはカセットタイプの新しいダイカスト金型で、軽量化と小型化が可能となったため人件費や金型そのものの費用を軽減する事ができます。

これによって医療機器などの少量生産をする際にもダイカストを使って部品の生産をする事が可能となったのです。もちろん金型の精度は従来と全く違いはありません。
より高精度な部品の生産も可能です。高精度で低コストなダイカストを利用したいと検討しているのであれば、ぜひ太陽パーツのエコダイカストで低コストで少量生産をご体験ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 1712345...10...最後 »

HOME > ブログトップ > エコダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.