太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > エコダイカスト

エコダイカスト Archive

ダイカストの金型費用に悩んだら【太陽パーツのエコダイカスト】

私たちが暮らしている身の回りには、さまざまな金属でできた製品が活躍しています。これらの製品を加工するために多くの金属加工技術が使われています。
その中でも精度の高い製品を安定して大量生産ができる技術と言えば、ダイカストという加工技術ではないでしょうか。
多くの便利な製品が活躍している現代において、ダイカスト技術というのは無くてはならない加工技術であると言えます。
そのため、ダイカストを使って製品の生産をしたいと考える方が多いのも事実です。ですが、ダイカストというのは機械があって材料があればできるというものではありません。
どんな製品でも作れる技術ですが、製品の生産をするためには『金型』というものを作らなくてはならないのです。
実はこの金型こそがダイカストの費用の多くを占めています。そのため大量生産をすればするほど一個あたりの部品のコストが下げられるのですね。
つまりダイカストで部品の生産をしたくても、金型費用の問題がクリアできなければダイカストで部品の生産ができないという事になってしまいます。
それを解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。一般的なダイカストの金型というのは、ベース部分の上に金型本体がくっついています。
金型の部分もかなり大きいのですが、実はこのベース部分は金型と同じ大きさで、同じ量の材料を必要とするのです。
つまり金型費用の半分は使わないベース部分の材料代になっているのです。ではなぜ太陽パーツのエコダイカストがおすすめなのかを説明いたします。
太陽パーツのエコダイカストは通常の金型とは違います。ベース部分は太陽パーツの共通部品なので、お客様が金型を作る時にベースの部分の費用がかかりません。
そのため通常の金型費用の半分のコストで精密部品の金型を作る事が可能なのです。だから小ロットの製品であってもダイカスト技術を使って部品の生産ができるのです。
小ロットでもダイカストの技術で製品の生産をしたいという方にこそ、太陽パーツのエコダイカストがおすすめなのです。
詳しくは太陽パーツにお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

50個からの小ロットも可能!太陽パーツのエコダイカスト

部品の生産を行うためにはその部品の生産に最適な金属加工の方法を検討し、発注して部品の生産を行いますが、この時に悩むのが生産方法と部品の生産にかかるコストの問題です。
例えば大量生産を行うのであれば、ダイカストを利用して部品の生産を依頼するのが一般的です。現代のダイカストの技術の高さは素晴らしく、精密部品の加工にも適しているからですね。
ダイカスト技術にはたくさんのメリットがあります。大量生産なら一つあたりの部品の価格が安くなります。しかも精度の高い部品を大量に生産する事が可能なのです。
さらにダイカスト製品は表面処理がしやすく、とても滑らかで美しい仕上がりです。さらにより複雑な製品を作る事も可能で、二次加工を必要としない部品の生産も可能なのです。
これだけ優れた生産性と精度の部品を生産できるダイカストですが、大量生産に向いている加工技術だと言えるのが唯一のデメリットなのです。
その理由は『金型の費用が非常に高い』という事です。金型一つを作るのに100万円かかってしまうとしたらどうでしょうか?それだけの費用をかけて部品50個だったら?
金型の費用を消化するためには、一つ当たりの部品の価格が高くなってしまいます。このためダイカストで部品の生産をしたいけど、ちょっと難しいと言われるゆえんなのです。
ですがここで諦める必要はありません!太陽パーツの『エコダイカスト』だったら、金型の費用が従来の半分で済んでしまうのです。
その理由は、一般的なダイカストの金型はベースとなる部分と、金型の本体を一体化して作っていました。このベースの部分に使われる材料の大きさは、金型の部分とほぼ同じです。
当然このベース部分の費用は「使わないのに金型と同じ材料費がかかっている」のです。太陽パーツのエコダイカストはこの余分なベースの費用をカットできます。
だから50個の小ロットであっても部品の生産をダイカストで行う事ができるのです。さらに詳しい情報が知りたいという方は、ぜひ太陽パーツにお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高価な金型も半額に!太陽パーツ自慢の「エコダイカスト」

太陽パーツでは様々な部品生産を行っております。加工機械の種類はとても豊富ですが、その中でも特に人気が高いのが「エコダイカスト」という特許製法での部品の生産です。
なぜこれほどまでに太陽パーツの「エコダイカスト」は人気でおすすめできる加工技術なのかというと、太陽パーツのエコダイカストは特許製法だからです。
一般的にダイカストを使って部品の生産を行う時、何を一番心配してしまうかというと、それはやはり「ダイカストで製品を生産できるようになるまで」に時間がかかるという点です。
なぜならばダイカストで部品の生産を行う時には、製品生産に必要な金型が無くてはならないからです。実はダイカストで部品の生産を行う時には、まず金型を製造する必要があります。
ダイカストの金型というのは一般的には非常に費用のかかるものです。なぜならば金型は上下で一対となっていて、それぞれの材料代や加工費がかかるからです。
だから生産数が多い部品の加工を行うためにダイカストの選択をするケースが多いのです。ただし従来のダイカストの場合は大量生産の部品以外には利用しないものでしたが、エコダイカストは全く違ったダイカストです。
通常のダイカスト用の金型というのは、ベースの部分と金型の部分が一体化されています。ベースの部分は金型ですが金型としては使わない部分なので、この部分の材料費だけが問題だったのです。
エコダイカストの金型はベース部分は必要ありません。この部分は太陽パーツの共通部品となっているので、お客様の負担は従来のダイカストの半額で済んでしまいます。
つまり大量生産をするためにエコダイカストを活用する事もできれば、50個くらいの極小ロットにまでも対応する事ができるようになった事になります。
当然ですが部品の精度もどこにも負ける事はありません。ただただ金型の費用を半額にまで抑える事ができ、変わらぬ製品制度で部品の生産ができるのでおすすめできるのです。
詳しくは太陽パーツの担当者まで、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロットでダイカスト製品の製造を叶える「エコダイカスト」

ダイカストで製品の生産を行う事によって、コストを大幅に削減する事が可能です。金属加工業の中でもアルミダイカストは製品生産率が非常に高く、短期間に品質の良い製品を生産する事が可能な技術です。
そのため多くの企業で採用している生産方法なのですが、たった一つだけ問題となる点があるのも事実でした。恐らく多くの方がこれが原因でダイカストをあきらめているはずです。
それはダイカストで使用する『金型』の費用が高いという点です。なぜダイカストの金型がネックになって、ダイカストでの部品生産を躊躇するのか、その理由をお話しいたします。
実はダイカストの金型というのは非常に大きなものです。一般的にはベース部分と金型の部分が一体化しています。
しかもダイカスト機械の上下に取り付ける必要があります。ごく一般的な金型だと重量がかなり重いため、一人で段取りを行うのが大変難しいでしょう。
それは巨大なベース部分を含む金型を、いちいち取り外して別の金型を乗せなくてはなりません。そんな場合には足に落としてしまったりしては大変なので、複数で行うための人件費がかかるわけです。
しかも巨大なベース部分と金型の部分は同じくらいの材料費がかかってしまいます。重くて材料の費用がかなり高いとなると、生産予定の部品が多くなければ一つの部品の価格が高くなります。
これがダイカストで製品の生産がしたくても、数が少ないからコストがかかるのでダイカストにできないという問題です。
ですがこれを解決する方法が一つだけあるのです。それが太陽パーツの特許製法でもある『エコダイカスト』です。エコダイカストはベースの部分は太陽パーツの共通部品となっているので、金型にかかる費用は従来の半額で済みます。
半額で済むため50個という少ない部品生産も、ダイカストの技術を使う事ができるというわけなのです。これなら試作品の生産にも活用できますし、本格的な生産に移ったとしても問題はありません。
ただ金型が半額で済んだというメリットは、そのまま精度の不安があるのでは?という不安になるかもしれませんが、エコダイカストは従来の精度はしっかりと守れますので、安心してダイカストで製品の生産を検討してみるといいでしょう。
詳しくは太陽パーツへご相談されてみるといいでしょう。きっと疑問も不安も全て解消されていくはずです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

メリット沢山なエコダイカストは太陽パーツだけ!

太陽パーツのエコダイカストにはたくさんのメリットがあります。代表的なメリットと言えば一度に大量の製品を作れるですが、小ロットの部品でも低コストで部品の生産が可能であるという事も重要なポイントです。
なぜ太陽パーツのエコダイカストは小ロットの製品の生産がおすすめなのかというと、通常のダイカストの金型というのは材料費が非常に高いのです。そしてこれが小ロットに向かない最大の理由でした。
通常、ダイカスト用の金型というのは、ベースと言われる部分の上に金型本体が乗っています。そしてベース部分の金型は、固定して製品の生産を行います。
その金型の上には稼働する金型を設置して製品の加工を行うのですが、実はこのベースの部分の費用は金型の部分と同じだけの材料費がかかっています。
ですがベース部分は製品には直接関係ありません。本当はいらない部分なのですが、この部分が無いと通常は加工ができないので、小ロットだと一つあたりの金額が高くなってしまうのです。
だからダイカストというのは大量生産できればできるほど安くできるわけなのです。でももしもこの部分が無かったらどうかというと、ベース部分に金型全体の半分の金額がかかっているので、ここが無ければ当然小ロットでも安くできます。
そこで太陽パーツのエコダイカストなのです。太陽パーツのエコダイカストはベースの部分は太陽パーツの共用ベースを使います。なので不要な部分にお金がかからないのです。
だから50個という小ロットでもダイカスト技術を使う事ができるのです。もちろん金型が半額だからといっても製品が悪いわけではありません。製品の精度は従来のままです。
当然ですが、大量生産であったとしてもコストは非常に安くできる事になり、生産効率を上げる事も可能なのです。
太陽パーツのエコダイカストは特許製法です。詳しくはお電話かメールでお気軽にお問合せください。これまでの悩み一気に解決する事ができるかもしれません。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コストダウンを叶える太陽パーツの【エコダイカスト】

製品の部品の生産を行う時には生産する部品の量に応じて、最適な加工方法を使って部品の生産を行います。
そのためにアルミダイカストを利用する事が増えていますが、アルミダイカストは生産する部品の個数によっては非常に安く生産する事が可能です。
なぜならばアルミダイカストは金型があれば、金型の寿命の限り製品の生産を行う事ができます。ただし大量であればあるほど一つの価格が安くなります。
言い換えれば小ロットの製品の生産をするとコストが高くなってしまうので、基本は大量生産が決まっている部品に対して使われる生産技術だと言えるでしょう。
例外としては太陽パーツのエコダイカストは通常のアルミダイカストとは違います。金型にかかる費用が従来の半額程度で済む特殊な金型を使っています。
そのため小ロットの製品の生産に向いている加工技術だと言えるのです。もちろん小ロットではなく大量生産をする場合には、さらにコストを削減する事ができるようになります。
通常のダイカストではないというとどうしても製品の品質について疑問を感じる方もいるかもしれませんが、金型の精度はかなり高いので何も心配はないでしょう。
なぜ太陽パーツのエコダイカストをすすめるのかというと、金型にかかるコストが通常のおよそ半額なので、同じ個数の生産をしてもコストダウンをする事ができます。
一般的なアルミダイカストの金型は、ベース部分と金型の部分であるキャビティと言われる部分も一緒に作られます。土台に使われる金属は金型の部分とほぼ同じ量の材料を使います。
エコダイカストはこの必要のないベース部分を共通部品にする事によって、かかる費用を半額にしてアルミダイカストを利用しやすくしているのです。
これまでダイカストで製品を生産していて金型の寿命を迎えたり、これからアルミダイカストで部品の生産を検討中の方は、ぜひ太陽パーツのアルミダイカスト「エコダイカスト」を検討されてみてはいかがでしょうか。
詳しくは太陽パーツのホームページからお問合せください。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

もう高い金型費で悩まない!太陽パーツのエコダイカスト

金型に費用がかかってしまう、だからダイカストで製品の製造をするのは難しい。そう思っているから大量生産でもなければダイカストを利用する事ができないと思っている方も多いでしょう。
なぜ金型に費用がかかってしまうのかと不思議に思った方もいるのではないでしょうか。ダイカストの金型を作る時に何が必要なのかというと、大きな金型の塊が必要になるのです。
ダイカストの金型はキャビティと言われるベースとなる金属の塊が必要です。実はこのキャビティ部分が無いとダイカストの製品が作れないのが一般的です。その上に土台となる金型を設置して製作されます。
キャビティーと金型が一体となった部分をベースに、合わさるもう一つの金型を製作して、初めて一つの金型として製品の生産ができるようになります。
キャビティーは金属の塊で、それ自体が金型として使われるわけではなく、金型を置くための土台として使われます。ですがこの使わない部分にも費用がかかるのです。
だから金型の費用は全てを含めた金額になってしまうのです。だったら金型のベース部分の費用をどうにかすればいいと思うかもしれませんが、一般的にはキャビティと金型はセパレートできません。
でも太陽パーツならエコダイカストという製法で製品を作ります。エコダイカストはキャビティー部分を共通で使えるので、キャビティー部分を金型に組み込む必要はないのです。
エコダイカストは金型にかかる費用が半分で済むので、六度数の少ない製品の生産にも利用する事ができるのです。もちろん金型の費用が半額でも製品の品質にが劣る事は無いのです。
ダイカスト製品や金型の事でお悩みの方や、金型を少しでも安くしたいという方は、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

簡単な金型交換【エコダイカスト】なら小ロット対応!

ダイカストを利用して部品の製造を行うと、一つ当たりのコストが気になるものです。切削で部品の製造を行うとコストが高くなってしまいます。
だからこそダイカストで部品の製造をしたいのですが、一般的なダイカストには弱点ともいえる事があります。それは大量生産する部品じゃないと、一つ当たりの費用が高くなってしまう事です。
つまり小ロットの部品の生産にはダイカストは向いていないという事になるのです。その理由は金型の費用が高いからなのです。
通常は金型を作る時には土台となるベース部分をダイカストに固定し、可動式の金型を設置して部品の製造を行います。
本来ベース部分は全てが金型ではありません。ベースとなる金属の塊の上に金型が乗っているのです。つまりベース部分は本当はいらない部分です。
というよりも一般的なダイカストの機械には必要な部分なのですが、この部分はセパレートにはならないので、どうしてもこの部分に使われる金属の費用がかかってしまうのです。
そこで太陽パーツの特許製法である「エコダイカスト」がお役に立つのです。なぜならば従来の金型費用が半額になる方法だからです。
エコダイカストはベース部分が共通のベースを使うため、ベース部分の無駄な材料を使わないのです。だから金型にかかる費用が通常の半額で済むというわけです。
つまりエコダイカストだったら、これまであきらめていた小ロットでのダイカスト製品の製造を行う事ができるというわけです。
金型の費用が半額で済むという事は部品の質が落ちるのではないか? と心配される方もいるかもしれませんね。ですが品質は全く従来と変わらず素晴らしい製品が作れるので心配はいりません。

小ロットでのダイカストやこれからダイカストで部品生産をしたいという方は、一度太陽パーツへお気軽にお問い合わせやお見積りの相談をしてみてはいかがでしょうか。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツだから出来る!エコダイカストの魅力

アルミダイカストには数多くのメリットがあります。そのためこれまでは切削加工などで行っていた部品の生産を、ダイカストに頼りたいと考える企業がかなり増えてきたのも事実です。
ではなぜアルミダイカストの技術に人気が集まるのかについてを簡単に説明しますと、まずアルミダイカストにすると生産にかかるコストが低く抑えられます。これは大量生産に向いているからです。
次に製品の精度が高く複雑な形状の部品の製造に向いているというのも事実です。さらにアルミダイカストの鋳肌はとても滑らかなので、表面処理を行う時にも非常に処理がしやすいという特徴を持っています。
さらにダイカストは金型に流し込んで一体の部品を生産しますので、強度的にもとても剛性の高い部品の生産が可能になるのです。さらにダイカストの製品は切削で製品を作るよりも材料を無駄にしません。
これもコストが安くなるという要因の一つとなっているのですね。とても優れたダイカストなのですが、確かにデメリットが無いとも言えません。最大のデメリットは金型の生産にコストがかかるという点です。
ダイカストの金型は固定された金型と可動できる金型で一組となっているのですが、実は固定する部分には金型と同じだけの金属でベースという部分を作るのです。実はこの部分にコストがかかるのですね。
このコストを消化するには大量生産するしかありません。つまり量産効果によって金型にかかった費用を消化すればするほどお得になるので、小ロットだとコストが高くなってしまうわけです。
これを改善したのが太陽パーツのエコダイカストの金型なのです。エコダイカストでは通常の金型のおよそ半額で金型を作る事が可能です。
なぜならば、土台部分を必要としないからです。土台の部分は太陽パーツの共通ベースを使って加工を行うのです。そのため交換が楽で人件費も削減できますし金型も安く済みます。
だからエコダイカストだと小ロットの部品の生産にも適しているというわけなのです。詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

容易な金型交換で小ロット生産を叶える【エコダイカスト】

ダイカストで部品生産する事によるメリットは部品一つ一つの単価を下げる事につながる点です。でもそれにはロット数が多いか多くないかにかかってきます。
どんな生産でも同じですが、生産する個数が多ければ多いほど一つ一つの部品の単価が下がっていき、結果的に相乗効果で製品の価格を安くしていきます。
つまりダイカストで部品の生産をする時には必要な部品が多ければ多いほどメリットを生む事になるわけです。でも全ての部品が大量生産したいというわけではありません。
ダイカストでできないくらいのロット数の場合にはどうするのかというと、切削加工など他の加工技術に頼るしか方法がありません。でもこれだと部品の単価が非常に高くなります。
ではなぜダイカストでできないのでしょうか? その理由はとても簡単で「金型」を必要とする加工技術だからです。

ダイカストで大量生産する事でコストを削減できるという影には、金型の費用を部品に入れなくてはならないからで、小ロットだと金型の費用の事を考えると割高になってしまうのです。
だからこれまではダイカストは小ロットに弱いと考えられていたのですね。確かにダイカストの金型というのは非常にコストがかかります。
例えば金型を作るとすると100万円かかったとしましょう。必要な部品が50個だったりすると一つの部品に費用を計上しようとすると高額な部品代になってしまいます。

これを解決したのが太陽パーツです。太陽パーツではエコダイカストという製法で金型を製作しています。特許を取得している製法なので安全性は確かです。
一般的なダイカスト用の金型というのは、ベース部分と金型の部分の両方ともを作らなくてはなりませんでしたので、ベース部分の材料費が加算されて100万円という金額がかかりました。
ところが太陽パーツのエコダイカストならば、ベース部分は太陽パーツでの共通部品が使えるので、お客様はベースを作る必要がありません。
従って金型の部分のみの費用で済むというわけです。するとベース部分にかかった費用がまるっきりなくなりますので、材料費が半分で済んでしまうのです。
つまりダイカストの金型が従来の半額程度で作れるので、小ロットの生産にダイカストを利用する事ができるようになるというわけなのです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 1512345...10...最後 »

HOME > ブログトップ > エコダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.