太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > エコダイカスト

エコダイカスト Archive

小ロットに向かないダイカストが半額の金型費で小ロット量産を実現!!

ダイカスト技術の向上によって、様々な製品がダイカストによって生産される時代になりました。多くの工業用部品や家庭用品、家電製品の部品の生産もダイカスト技術が利用されています。
なぜダイカストが製品や部品の生産に活用されるようになったのかというと、それは大量生産を行う事ができるためで、大量生産をダイカストで行う事によって部品一つ当たりのコストをおさえる事ができるからです。
つまりダイカストは大量生産を行う事によって量産効果を出す事ができる技術で、大量生産を行う予定の製品の生産を行うのに適している技術であるという事になります。
試作品の場合は切削加工で行っても問題は無いかもしれませんが、その段階ではなく試験的に製品の生産を行いたいという場合で、しかも生産する数が小ロットの場合はどうすべきか悩みどころです。
なぜならば、ダイカストで生産を行うには小ロットだとかえって高くなってしまうからです。その大きな要因となっているのは金型の構造です。
従来のダイカストの金型はベースと金型の部分であるキャビティが一体型になっていたため、どうしても金型全体の費用が高くなってしまっていました。
どこが一番お金がかかるのかというと、ベース部分に必要な金属です。キャビティ部と同じくらいの金属を必要とするため、金型の材料費が必要になってしまうのです。
太陽パーツのエコダイカストはキャビティ部のみがお客様負担になり、ベース部は太陽パーツの共通部品を使用します。つまりベース部分の費用が不要です。
これによってこれまで小ロットだからとダイカストを諦めていた方も、コストを気にせずダイカストを利用できるようになるでしょう。
エコダイカストの詳しい情報については、太陽パーツへお気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストでの製品製造をお考えの方に!太陽パーツの特許製法【エコダイカスト】

製品の製造を検討した際にどのような製造技術を使うのかを考えている方におすすめなのがダイカスト技術です。
ダイカストとはアルミや亜鉛合金などを溶かして、金型に圧入して冷やし固めて製品を製造する技術ですが、多くの部品が現在ダイカストで生産されています。
これまでダイカストを活用した事がないと、製品の精度はどうなのかや金型は高いのでは?といったイメージを持たれる事もあるかもしれません。
ですがダイカストは金型の精度が高く、ダイカストの機械の精度も高いので、寸法精度の高い製品を作り出す事ができます。
ただし金型にコストがかかるため、どうしても大量生産の予定が無いと製品一つの単価が高くなってしまうため、ダイカストが優れているとわかっていてもなかなか手を出せないケースも多いのです。
そんな悩みを解消するのがエコダイカストです。エコダイカストの優れている点は、金型にかかるコストを半分に抑える事が可能な点です。
通常のダイカスト用の金型というのは、オス型とメス型の金型をそれぞれ製造しますが、土台となる下の金型にはベースと言われる部分を作らなくてはなりません。
そのベース部分は上下合わせた金型と同量の金属の塊が必要となります。そのため金型にはベース部分のコストがかかってしまうのです。
エコダイカストではこのベース部分に使う金属を必要としません。ベース部分は共通部品なのでお客様がベース部分にお金をかける必要が無いのです。
つまりベース部分にかかるコストがかからないので、金型を半額程度に抑える事ができるのです。
そのため大量生産ではなくても安く製品を生産する事ができるのです。もしも小ロットで製品の生産をご希望であるのなら、ぜひ太陽パーツにご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

価格面でも精度にも自信あり!エコダイカストでの製品造り

ダイカストで製造された部品は年々技術の進歩によって、美しく寸法精度の高い製品を作る事ができます。
しかもダイカストで部品の製造を行うと、一つ当たりのコストも安く済むので、部品の製造をダイカストで行うメリットは高いといえるでしょう。
ただしそれは大量生産の部品だったらのお話でした。実は小ロットの生産を行う時にはダイカストはあまり向いている制作方法とは言えません。
その理由は金型にかかる費用が非常に高く、小ロットの部品の製造を行う時は他の方法で製造するというのが定番でした。
なぜダイカストの金型は高いのでしょうか?その理由は、ダイカストの金型はベース部分金型部分の上下セットで作成します。
下の金型は機械に設置するためにベースという部分が必要になります。実はこのベース部分というのは金型の部分と同じだけの材料を必要としています。
そのため倍の金額がかかってしまうというわけなのです。これを解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。
エコダイカストはベース部分は共用ですので、ベース部分が必要ありません。ですのでベース部分の材料費を削減する事が可能なのです。
だから作業効率もとても良いのです。ですがご心配なのはおそらく寸法精度ではないでしょうか。確かにベースが無ければ精度が出ないのでは?と思うかもしれません。
ですがエコダイカストの金型の精度は従来の金型と全く変わりはありません。高い寸法精度と金型コストが安いので、小ロットの部品にダイカストを使いたい方にはおすすめです。
もしも小ロットでダイカストを利用したいと思うのであれば、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産向きのダイカストも小ロットで対応できるエコダイカスト

部品の生産をダイカストで行うには金型を必要とします。製品の生産が行われる時には必要なステップを踏まなくてはなりません。
まずはダイカストで作成する製品を試作で作ります。この時いきなりダイカストで作る事はできませんので、製品の試作は切削や他の鋳物で制作します。
そこで形状を確認して金型の製造を行い、製品の生産を行う事になるのですが、金型にかかる費用は結構なコストになります。
そのため最低でも500個以上の生産量が無いと、一つ当たりの部品の価格が高くなってしまうのです。つまりこれまでのダイカストの常識だと小ロットはダイカストに向いていないのです。
ですが切削で作るとしてもかなりのコストと時間がかかってしまうでしょう。その理由は最近のダイカストの製品は複雑化していて、切削では難しい加工も必要になるからです。
その問題を解決するのが太陽パーツのエコダイカストです。エコダイカストとはこれまでのダイカストの金型とは違って、ベース部分は太陽パーツの共用部品を使います。
なのでこれまでベースにかかっていた費用を削減する事ができるのです。ロット数は50個から生産する事が可能ですので、コストの削減が可能となります。
金型日は従来の金型の半額で作成する事が可能だからです。だからと言って商品の精度が悪いというわけではありません。
従来の製品と全く変わらず精度の高い製品を加工する事ができます。なので小ロットの製品をダイカストで作りたいと思うなら、エコダイカストを検討してみてはいかがでしょうか。
詳しい情報や金型の製造について知りたい方は、太陽パーツへお気軽にご相談ください。コストを安く精度の高い製品を手に入れる事ができるでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度は変わらないのになぜ安い?太陽パーツのエコダイカスト

太陽パーツのエコダイカストはなぜ「安い」のでしょうか?その理由は太陽パーツのエコダイカストが「特許」を取得している製法だからなのです。
アルミダイカストはアルミニウムを溶かして金型へ強い圧力で射出して、金型の中で冷やし固めます。金型は一つの製品を作るタイプ(製品が大きい場合など)と、一度に大量に作れるタイプがあります。
実はこのアルミダイカストの金型というのは、ダイカストの機械に設置するために、上下ワンセットで製造する必要があります。上につける金型は稼働する側に取り付けます。
一方で下に設置する金型というのは、上に取り付ける金型とは違ってベースと言われる部分が必要になるため、かなり大きな材料を必要とするのです。
その大きさは金型の部分と同じだけの量の金属になりますので、このベースにかかる材料費のせいで、金型全体の費用がかなり高いものとなってしまいます。
それでも製品の生産量が多ければ、金型の分にかかった費用が消化できるので、一つ当たりの金額も安くなっていくのです。つまり量産効果が出るわけですね。
ですが、小ロットの場合はどうでしょうか?例えば100万円金型にかかったとしても、部品の製造数が1万個で部品一つの金額が500円だったとしましょう。
金型の費用をプラスしても600円の単価で製造する事ができます。ですが同じ条件で製造する数が50個だったらどうでしょうか?1個の単価が20500円になってしまいます。
これでは製品として販売する時の金額がかなりの高額になってしまう事になります。ですがこの金型の費用が半額になるとしたらどうでしょうか?
10000円も安く作れる事になります。単純に計算しただけでもかなり安くできる事がわかります。もちろん金型の票は形状によってもっと安くももっと高くもなります。
もしも小ロットの製品だけどアルミダイカストで作りたいとお悩みでしたら、ぜひ一度太陽パーツへご相談ください。思った以上にコストをかけずに製品の生産が可能になります。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産向きのダイカストも小ロットで対応!【エコダイカスト】

ダイカスト製品は様々な分野で活用されている加工技術です。ダイカストの製品を生産するためには「金型」をまず造らなくてはなりません。
なぜならば、ダイカストは金型に溶けたアルミ合金を射出して、冷やして固める事で製品の製造を行う加工技術だからです。
ダイカストで作られた製品は、非常に強度があり製品の見た目もとても滑らかで美しく、処理も施しやすく、製品がとても軽いのがメリットです。
そのため、日用雑貨だけではなく産業機械であったり、車や飛行機や電車などの部品などにも幅広く活用されているのです。
そんな引っ張りだこな生産技術であるダイカストは、部品の大量生産が可能であるため、ロット数の多い製品の生産に利用されています。
大量生産に適しているダイカスト製造法ですが、実はダイカストに使われる金型は非常に値が張るものでもあります。
そのため、一つの部品に金型の費用を振り分けて採算をとるのですが、小ロットの場合には一つの単価が高くなってしまうのです。
これがダイカストの最大のデメリットとなってしまっていました。これを解決したのが太陽パーツの「エコダイカスト」です。
エコダイカストが他のダイカストと違う点は、金型の費用を抑える事ができるという点です。通常の金型の場合はベースの部分に大量の材料を必要とします。
その量は金型の部分と同量です。つまり金型と同じだけの金属を使うため、費用が倍になってしまうのです。ところがエコダイカストはこのベースを必要としません。
だから金型の金額も従来の金型の半額程度に抑える事が可能なのです。つまりこれまで小ロットだとどうしても部品代が高くなってしまうデメリットが無くなるのです。
試作品の生産を小ロットで行い、その後に量産に移行する事もとても簡単になります。
もし将来的に量産するが、今現在は施策の段階!だけどダイカストで生産したいとお悩みならば、ぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの弱点を解決!太陽パーツのエコダイカスト

現代の便利な暮らしを実現できたのは、加工技術が進歩したからだと言っても過言ではありません。
複雑な形状、高い精度、高い剛性、高い耐久力、これらのすべての要素を持っているのがダイカストです。
ダイカストは金型を使って一度にたくさんの部品を製造することができるので、大量生産に特化した製造法として定着しています。
大量生産に向いているのでロット数の多い製品の場合はコストを抑える事が可能ですが、ロット数が少ない製品の生産には向いていないのが最大の弱点でした。
なぜ小ロットが弱点なのかというと、それは金型にかかる費用が大きいからです。
金型には金型と同量の金属の塊が必要になります。その金属はベース部分に使われますが、このベース部分に金型と同じだけの費用がかかります。
金型の費用は製品で消化するものですが、ロット数が多ければ多いほど製品一つ当たりの単価が安くなります。
ところがロット数が少ないと製品一つ当たりの単価が高くなってしまうのです。これがダイカストが小ロットには向かない理由なのです。
ですが言い換えると金型の費用を抑えることができれば、小ロットの製品はダイカストに向かないという弱点を克服できるという事になるわけです。
太陽パーツのエコダイカストはベースの部分の費用がかかりません。そのため大量生産ではなくてもダイカストを気軽に使えるようになりました。
ベースの部分は使わないのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ベースの部分は太陽パーツにある共通のベースを使えるので心配はありません。
セパレートになっているので製品の精度が気になるという心配も全くありません。

小ロットでもダイカスト製法で製造をしたい場合の金型の費用の問題を解決したいなら、ぜひ太陽パーツのエコダイカストをご検討ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型費が半額になる特許製法で他と差がつく!【エコダイカスト】

複雑な形状の部品の製造を行う場合である程度大量生産ができる製品であれば、ダイカスト技術を使って製品の生産を検討することもできるでしょう。でももしも小ロットであったとしたらやはりコストを考えてしまいます。
なぜならば、ダイカスト技術を使った製品の加工を行う場合、金型を使って製品の生産を行いますので、費用の中には金型の分も含まれてしまいます。その費用は製品(部品)一つ一つに計上されます。
もしも生産する製品の個数が少ない場合はどうしても単価が高くなってしまうのです。安く抑えるためには大量生産を行う必要があるため、どうしてもダイカストで生産したくてもできないという事情がこれまではあったのです。
ところで、ダイカストで使われている金型はどのくらいの費用がかかると思われるでしょうか?その金額は製品の大きさや形状によっても違いますが、かなり高額なのは確かです。
ダイカスト用の金型というのはオス型とメス型の二つが対になっていて、合わせた金型に材料を高圧で注入して冷やし固めて製品を製造します。二つで一組だから金型は高いのです。
さらにダイカストの金型が高額なのには理由があります。その理由とはダイカストの金型にはベースという部分があります。ベースはダイカストの機械に設置して使いますが、金型と同じ大きさの金属の塊を使います。
とくにベース部分を加工することはありませんが、実はこのベース部分には金型と同じ大きさの金属が使われています。するとどうしても費用が高くなってしまうのです。
これが小ロットだと赤字になってしまう原因でした。だからダイカストで製品の製造を行う事に躊躇してしまう事が多いのですが、太陽パーツではエコダイカストという製法で金型を製造しています。
特許を取った製法ですので安全性も確かです。しかも費用がかかるベースの部分は太陽パーツの共通部品ですので、作る必要はありません。だから小ロットだからとあきらめていたケースでもダイカストを利用できるのです。
太陽パーツのエコダイカストをもっと知りたいという方は、ぜひお気軽に太陽パーツへご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのエコダイカストが金型半額の秘密!

ダイカストでの部品製造は高い精度と高い生産力が何よりも魅力です。大量生産ができるため製品一つあたりのコストも抑える事ができるのも魅力です。
技術の進歩によって、より複雑でより薄肉の製品の製造も可能となり、二次加工をしなくても製品の製造ができるため、とても喜ばれる加工技術だと言えます。
大量生産の場合にはこれ以上最適な加工技術は無い!と言っていいのですが、弱点とも言えるのが小ロットの生産には向かないという事です。
その理由は『金型』にコストがかかってしまうからです。なぜなのかについては、ダイカストの金型についてお話すればわかっていただけます。
ダイカストの金型というのは、製品の部分だけを作れば良いというわけではありません。金型には土台となるベースがなくてはならないのです。
このベース部分をダイカストの機械に設置して、製品の加工を行わなくてはならないのですが、このベース部分にかかる費用がコストを上げる原因となっているのです。
さらに大きな金型を機械に設置するには一人の力ではできないので、複数人の力を借りて段取りをする必要が多々あります。
そのため人件費や時間がかかってしまうのです。この問題を解決するのが太陽パーツのエコダイカストという技術なのです。
エコダイカストで使われる金型にはベースがありません。もちろんベース部分は必要ですが、ベースの部分は太陽パーツのベースを使います。
ベース部分はどの金型にもマッチするため、どんな形状の製品を作る時にも共用できます。そのためお客様のご負担するのは金型本体のみで済みます。
これによって従来かかっていた金型の費用が半額になるのです。実はベース部分に金型の費用の半分が使われていたため、小ロットでは採算が取れなかったのです。
エコダイカストによって際小ロット50個の製品も、一つ当たりの費用が安く済むのです。

もし小ロットでもダイカストで作りたいとお悩みならば、ダイカスト金型費用が半額で済む、太陽パーツにお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの金型費用に悩んだら【太陽パーツのエコダイカスト】

私たちが暮らしている身の回りには、さまざまな金属でできた製品が活躍しています。これらの製品を加工するために多くの金属加工技術が使われています。
その中でも精度の高い製品を安定して大量生産ができる技術と言えば、ダイカストという加工技術ではないでしょうか。
多くの便利な製品が活躍している現代において、ダイカスト技術というのは無くてはならない加工技術であると言えます。
そのため、ダイカストを使って製品の生産をしたいと考える方が多いのも事実です。ですが、ダイカストというのは機械があって材料があればできるというものではありません。
どんな製品でも作れる技術ですが、製品の生産をするためには『金型』というものを作らなくてはならないのです。
実はこの金型こそがダイカストの費用の多くを占めています。そのため大量生産をすればするほど一個あたりの部品のコストが下げられるのですね。
つまりダイカストで部品の生産をしたくても、金型費用の問題がクリアできなければダイカストで部品の生産ができないという事になってしまいます。
それを解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。一般的なダイカストの金型というのは、ベース部分の上に金型本体がくっついています。
金型の部分もかなり大きいのですが、実はこのベース部分は金型と同じ大きさで、同じ量の材料を必要とするのです。
つまり金型費用の半分は使わないベース部分の材料代になっているのです。ではなぜ太陽パーツのエコダイカストがおすすめなのかを説明いたします。
太陽パーツのエコダイカストは通常の金型とは違います。ベース部分は太陽パーツの共通部品なので、お客様が金型を作る時にベースの部分の費用がかかりません。
そのため通常の金型費用の半分のコストで精密部品の金型を作る事が可能なのです。だから小ロットの製品であってもダイカスト技術を使って部品の生産ができるのです。
小ロットでもダイカストの技術で製品の生産をしたいという方にこそ、太陽パーツのエコダイカストがおすすめなのです。
詳しくは太陽パーツにお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 1612345...10...最後 »

HOME > ブログトップ > エコダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.