太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > エコダイカスト

エコダイカスト Archive

本来高額な金型費が半額!?【太陽パーツのエコダイカスト】

良い製品を大量に生産し続けるために、製品に必要な部品を安定的に生産し続ける必要があり、アルミダイカストの技術がとても重要になってきます。
アルミダイカストが選ばれる理由は生産性の高さが第一にあげられます。アルミダイカストだと短時間に大量生産をする事が可能だからですが、他にもアルミダイカストで作った製品は強度の強さがあります。
さらにより複雑な形状の製品を作り出す事ができるため、他の鋳造技術よりも選ばれていると言えるでしょう。もちろん複雑な形状なだけではなく高い精度も持ち合わせています。
例えば他の鋳造技術を使った製品よりも、より薄肉の製品を作る事も可能ですし、アルミダイカストで作られた製品というのは、とても美しい鋳肌であるため表面処理をするのも非常に簡単です。
インサートを使う事によって部品に機能をもたらす事も可能となるため、工程を減らす事も可能となるのもおすすめの理由です。
ただしアルミダイカストの金型というのは、精密であればあるほど金型にかかる費用は高くなります。金型にかかったコストを消化するためには大量生産をするのが一番です。
だから一般的なアルミダイカストでの生産は小ロットでの生産には向かないのです。その理由はアルミダイカストの金型には、大量の材料がいるため高額の費用がかかってしまうからです。
小ロットの生産には全く不向きなので、アルミダイカストが良くてもこれまでは利用する事ができませんでした。
太陽パーツではエコダイカストという方法で製品の生産をしています。エコダイカストというのはどういうものなのかというと、一般的なアルミダイカストの金型の費用を半額にする特許製法です。
ベースの部分は太陽パーツの共有ベースを使います。実はベースの部分に金型の半分のコストがかかっているため、ベースの部分の費用はかからないという事になるのです。
もちろん製品の品質には全く影響しないので、生産性の高いアルミダイカストを小ロット生産に使う事も可能になるのです。詳しくは太陽パーツへお気軽にお問合せください。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型費は半額なのに精度は変わらない!?【エコダイカスト】

ダイカストは大量生産に向いている生産方法です。大量に生産する事によって一つの単価を下げる事ができるため、多くのヒット商品の部品の多くはダイカストで生産されているのです。
コストが軽減できるという意味でダイカストが人気というのも事実かもしれませんが、実はコストの他にもダイカストの技術が利用されるのには理由があるのです。
それは現在のダイカストの技術の向上にあります。金型がより複雑化した事によって二次加工の必要がない製品を作る事もできるようになったからというのも理由の一つでしょう。
だったら全ての製品の部品の生産をダイカストでしたらいいのでは? と思うかもしれませんが、そう簡単にダイカストで生産する事ができない理由もあるのです。
その最大の理由が『金型』にかかる費用です。ダイカストの金型は製品を生産するために最も重要な部分なだけに、とても費用がかかってしまうものなのです。
大量生産が決まっている製品の場合は、大量生産する事で金型にかかった費用を消化する事ができますが、試作品や新商品などの場合には消化できない事もあるでしょう。
そうなると当然部品一つ一つの価格が高くなってしまい、高いから売れない売れないから量産効果がでない、つまり金型の費用が赤字になってしまう事があるのです。
その費用もかなりのもの! もちろん順調に販売数を増やしているものもあるかもしれません。でももしも製品の不具合などでモデルチェンジを余儀なくされた場合はやはり問題が起こります。
それでもやはりダイカストの生産性は魅力的ですよね。だったら太陽パーツのエコダイカストにお任せしてみてはいかがでしょうか。
太陽パーツのエコダイカストは、金型のベース部分にかかる費用を削減する事ができるので、従来の金型の半分のコストで金型を生産する事ができるのです。
つまり小ロットの製品でもダイカストを利用する事ができるという事になります。また、金型の費用が通常の半額で済むため、いざモデルチェンジをしなくてはならなくなってもリスクは少なく済むのです。
金型のコストを従来の半分にしたいと考えているのならば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コストが高い金型もエコダイカストの金型で半額に!

ロット数の多い製品や部品を生産する時にダイカストを利用する事によって、コストを抑えながら部品を大量生産する事ができるため、世界中でダイカスト技術が使われています。
自動車の部品やパソコンのパーツ、さらに家電製品や文房具の部品などにもダイカストが広く使われていますが、ダイカストというのも万能ではありません。
大量生産をする時にはコストを安く抑える事ができても、試作のための部品の生産には向いていないからです。その理由はダイカストで部品を製造する時の製造方法にあります。
ダイカストで部品を生産する時には、必ず『金型』というものを使って部品を生産するのですが、この金型は非常にコストのかかる部分なため、ロット数が多ければ多いほど一つの製品代が安くなるのです。
つまり小ロットの部品の生産をするのには向いていないわけです。この問題の根本的な理由は金型に使われている材料にかかる費用にあります。
従来のダイカストの金型というのは、ベースという部分の上にキャビティという金型本体をのせる形で作られており、ベース部分に使われている材料とキャビティ部分に使われている材料が同じくらい使われていました。
そのためどうしても金型の費用が高くなってしまっていたのです。この問題を解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。
従来のダイカストとの決定的な違いはベース部分を作る必要がないため、ベースにかかっていた費用を抑える事ができます。つまり従来の金型の半額で金型を作る事ができるというわけなのです。
だから小ロットでもダイカストの技術を使って製品の生産ができるという事なのです。ではベース部分はどうなるのかというと、ベースは太陽パーツにあるものを使います。
しかも金型のコストが半額になるだけではなく、これまでのダイカストと同じように高い寸法精度を保つ事ができるので、安いから精度が落ちるのでは? という心配は全く無用です。

精度を落とさずにコストを半額にしたいのならば、太陽パーツのエコダイカストをご検討されてはいかがでしょうか。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

お客様の負担を軽減!特許製法のエコダイカストの技術

部品の製造を行う時は加工業者に依頼して様々な加工を行うものですが、中でもダイカストの技術で部品の製造を行う企業がとても多いです。
ダイカストを選ぶ理由は様々ですが、精度の高い部品を大量生産するのに非常に向いているのがダイカストの技術なのです。

さて、ダイカストで部品の加工を行うためには、まず金型というものを作らなくてはなりません。ダイカストでは金型に金属を流し込んで部品の製造をするからです。
この時使用する金型はダイカストマシンにセットして使うため、小さな部品であっても決して小さな金型になるわけではありません。
金型の構造はベースと言われる部分を作ります。このベース部分はどんな金型にもあるもので、金型と同じ大きさの金属が必要になります。
つまり、金型を作るためには大きな素材が必要となり、それだけ多くのコストがかかってしまうという事になります。
かかったコストは大量生産をして消化していくのが一般的ですが、それだと小ロットの部品加工をする時には、額に部品一つの価格が高くなってしまいます。
これがダイカストの唯一の欠点でしたが、太陽パーツではダイカストのベース部分を共通部品とし、金型の部分だけを作って製品製造を行います。
これが太陽パーツのエコダイカストの技術で、コストを非常に安く抑える事ができるので、小ロットの部品製造にダイカストを利用する事ができるようになったのです。
例えば試作品を作りたいけれど、量産型の金型を使うとダイカストでは難しい、または500個以下の小ロットの部品の製造にダイカストを使いたいという方にもおすすめの製造方法です。
ちなみにエコダイカストは50個単位から加工ができますので、安心してお任せできるのではないでしょうか。
ベース部分が必要ないとなれば、もしかしたら通常のダイカストの金型よりも寿命が短いのでは? と思うかもしれませんが、驚く事に金型の寿命は従来のダイカストの金型と何ら変わりはありません。

決して損をする事はありませんので、一度太陽パーツへエコダイカストの件でご相談されてみてはいかがでしょうか。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度は従来のままでコスト削減を実現!【エコダイカスト】

ダイカスト鋳造品は金型にアルミや亜鉛などを射出して、高圧で冷やし固めて製品を作る製法ですが、高い精度の製品を一度に大量生産できるとして、世界中で活用されている製造方法です。
高い精度の製品を作ることができるようになったのは、ダイカストの設備が良くなったという事も事実ですが、金型の技術が高くなったからだという事も忘れてはいけません。
ダイカストで作られる製品は、薄肉で複雑な形状で寸法が厳しい製品が必要で、なおかつ大量生産をすればするほど一個当たりの単価が安くなるため、従来のダイカストでは小ロットでの生産には向いていないと考えられていました。
その理由はダイカストで使われている「金型」にかかる費用が高いからです。
通常、ダイカストで使われている金型は、ベースの部分と金型の部分が一体化しており、金型全体に費用がかかっていました。
だから大量生産ではない場合、どうしてもコストを削減するのが難しかったのです。その部分を解決したのが太陽パーツのエコダイカストなのです。
エコダイカストの場合だと、従来ベース部分と金型の両方にかかっていたコストを、半分に削減する事ができるのです! それだけではなく製品の精度は従来の保つ事が可能なのです。
金型にかかっていた費用が半額に削減できる事によって、小ロットのダイカスト製品の生産をする時にも、従来通りの費用で作れる事になるわけです。
つまり、生産する量に関係なくダイカストの製品を作る事ができるという事になるわけです。
もしも現在、ダイカスト製品のコストをできるだけ抑えたいという方や、ダイカスト製品の品質を落とさずにコスト削減をしたいという場合には、太陽パーツへお気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。

もちろん太陽パーツでは、小ロットのダイカストではエコダイカスト、ロット数が500個以上になった場合には、量産金型でのダイカスト製法となるので、どちらでもコストを削減できる仕組みになっています。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

品質は落とさずお客様にメリットのある製品づくりを【エコダイカスト】

明治時代に日本に入ってきた金型産業の中でも、最も発展を遂げたのが「ダイカスト」という技術です。
その技術は戦後の日本の経済成長を支え、今日まで様々な産業のためにその技術を活用されてきたのですが、日本の高度成長期まで加速度的に生産されていた製品も、バブルの崩壊のあおりを受けたのは事実です。
そのため一時的に生産量が低くなったのは事実ですが、多くの金型産業は金型にとても大きな費用がかかっていたのは事実で、不景気になってからは特に、金型にお金をかけて部品を生産する事を控える動きが出てきたのもまた事実です。
なぜこれまで大量生産していたのに急激に生産量が減ってしまったのかというと、好景気の時には自動車産業もモデルチェンジなどを頻繁に行っていました。
ところがモデルチェンジをする事によって、多くの部品を新たに生産しなくてはならず、不景気で販売数が激減したために、できるだけモデルチェンジまでの間を長く開けるなどの動きにつながったわけです。

多くの金属加工業はこうした不景気のあおりを受けていましたが、ダイカストの分野は目覚ましい成長の結果、不景気知らずの発展を続けてきたのです。
そんな中でも、注目を集めたのは「エコダイカスト」という技術です! そもそも日本の金型の技術は世界でもトップレベルである事で知られていますが、金型にお金がかかるのはどこも同じでした。
その原因はひとえに金型には大量の原料が必要になるからで、金型にかかる費用の半分は材料費だというから驚きです。
太陽パーツでは、この金型にかかる費用を半減させられる技術の「エコダイカスト」を採用しているので、これまで金型にかかっていた費用をおよそ半額に減らす事が可能なのです。
これまでのような大型の金型だと、金型の交換をするのにも数名の人員を割く事になり、その結果人件費なども時間も倍かかってしまっていたのです。
これをエコダイカストに換えるだけで、金型の費用も半減しますし金型の付け替えも簡単なので、人件費の削減にもつながります。
問題なのは製品の精度ですが、これまでと同様かそれ以上の仕上がりになるので、お客様にも大変満足いただいているのです。

あらゆる面で不景気な時代を乗り切る事ができる技術こそが「エコダイカスト」というわけなのです! ダイカスト製品の事でお悩みの方は、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コスト削減は不可能?太陽パーツのエコダイカストが解決!

ダイカストの製品を製造する時にどんな事に一番気を遣うでしょうか? そう聞かれたらやはり一番コストがかかる金型についてのお悩みを口にする方が多いはずですね。
金型というのはそれまでに無い製品の形を造り出すのですから、コストがかかっても当然なのだという認識が昔からあったように感じるのですが、おそらく金型を使って製品を生産している方も当然の事のように感じている事でしょう。

ですがこの金型の費用が生産に占める割合って大きいと思った事はありませんか? もしも金型の費用がもう少し安く済んだら楽になるのに、と感じた事がある方も多いはずです。
確かにダイカストの金型というのはどうしてもコストがかかってしまうのですが、その大きな理由は金型全体の形にあるのです! 一般的にダイカストの金型というのはベースがあって金型本体があります。
土台の部分と金型の部分がくっついているわけですね。ですがこのベースと言われている土台の部分は製品の製造とは全く関係がない部分です。
なのに金型の部分と同等もしくはそれ以上に大きな金属なので、材料費が非常に高くなってしまうというわけなのです! 太陽パーツではこの部分をどうすればいいのかを考えていました。
そこで開発されたのが特許製法でもあるエコダイカストなのです! エコダイカストはこのベース部分を取り除いてしまった金型で、従来の金型にかかっていた費用をすっぱりと半額にしてしまったのです。
もちろんダイカストにはベース部分が必要です! でもそこの部分は太陽パーツが保有しているベースにジョイントして生産する事ができるので、製品に問題は全くありません。

エコダイカストにする事によって、これまでは難しかった小ロットでの製品の生産が可能となり、大量生産の製品ではよりコストを削減して製品を生産できるようになるというわけなのです。
特に小ロットの生産に対応できるようになった事によって、これまではコストが高くて手が出せなかった分野にも手が届くようになるので、それだけ売り上げも信用もアップできる事になるわけです。

エコダイカストの金型についてのご相談やお問い合わせは、太陽パーツのホームページからお気軽にご連絡くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロット生産を行うにあたってのメリットとは?【エコダイカスト】

大量生産をする事も重要ですが、小ロット生産ができるというのも非常に重要なことです。なぜならば大量生産だとある程度の納期が必要になるため、どうしても短納期に弱いという弱点があるのです。
特にダイカストなどの場合は金型を製作して製品を生産するのですが、この時金型にかかる費用の事を考えると、どうしても大量生産にしなくては一つあたりの製品の値段が高くなってしまいます。
だからこそ大量生産の製品にのみダイカストでの製品の生産を行っているわけです。もちろん大手企業の場合は大量生産でロット数が多ければ多いほどいいかもしれません。
ですが中小企業の場合にはある程度大手よりも融通が利く方がメリットがあります。そこで小ロットの製品の生産が必要になってくるわけです。

これまでは小ロット生産となると、どうしても金型の費用がかかってしまうため、なかなか小ロットに対応する事がでいませんでしたが、エコダイカストならそんな心配はありません。
なぜならば、エコダイカストはこれまでの金型の半額で金型を製造する事ができるため、コストもかなり削減する事ができるのです。
となれば短納期小ロットの対応ができる方がメリットが高くなるというわけなのです。
もちろん大量生産ができて納期があれば一番いいのかもしれませんが、もしも高い金型を使って製品を製造していたら、その製品が生産中止になってしまうなんて事になったら大問題です。
その点エコダイカストで小ロットに対応する事ができれば、万が一生産が中止になったり変更になった場合にもリスクが少なくなるのです。
当然ですがエコダイカストは大量生産にも適していますので、小ロットだからメリットがあるという事ではありません。

大量生産であればあるほど利益を生み出すものですので、もしダイカストの金型の事でお悩みの方、コストを少しでも抑えたいと思う方は、太陽パーツのエコダイカストについてぜひお問合せください。
きっとこれまでの金型の常識を覆すくらいコストダウンを実現できる事でしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産・高い寸法精度を維持できるダイカスト

現代では金型を利用した部品製造を行う技術が発達しています。その中でダイカストという技術は高い生産性を持っていて、さらに高い寸法精度を保つことが可能です。
ダイカストの金型は日々進化しており、より複雑で肉薄で高い寸法精度の製品を大量に生産する事ができるのです。
多くの部品にダイカストの製品は利用されていますが、製品の寸法精度を保ちながら大量生産を行うのはとても大変な事のように感じます。
ではどうして最近のダイカスト製品は高い寸法精度を保つ事ができるのかをお話ししましょう。

・技術の向上によって不良が少なくなった!
ダイカストなど金型を使って製品を作る時には、溶けた金属を金型に高圧で流し込むために、空気の巻き込みなどが起こるものでしたが、近年ではPFダイカスト法などの開発によって、ガスの巻き込みが起こりにくくなっているのです。
そのため肉薄でより複雑な形状の製品を作る事ができるようになりました。また、金型の内部を真空状態にして製品の製造を行う真空ダイカスト法なども開発され、製品のばらつきが起こりにくくなっているのです。
もちろんダイカストで作ることができる製品の大きさには限りがあるのも事実です。
その場合はよりその製品の製造に適した鋳造方法で部品の製造を行うのです。もちろん太陽パーツでもお客様のニーズに合わせて加工方法を決定し、大量生産かつ高い寸法精度を維持する努力をしています。
当然ですがお客様のニーズに合った製品を作るためには、製品の大きさや生産数そして形状によって変化していくものです。もし生産したい製品の重量が1キロ~8キロくらいの、比較的ロット数の多い製品はダイカストに最適だというわけです。

・太陽パーツでは小ロットの生産にもダイカストが適しています!
一般的なダイカストというとどうしても大量生産する製品じゃないとコストがかかってしまうと考えられているようですが、その最大の理由は金型にあります。
ダイカストの金型というのはベース部分に金型の部分がくっついている事が多いため、金型がどうしても高くなってしまうので製品一つあたりのコストが高くなってしまうのです。
この問題があるために高い寸法精度なのにダイカストを利用するのに躊躇してしまうのでしょう。ところが太陽パーツではその問題を解決しています。
従来の金型にかかる費用を半分にする事ができるため、小ロットの製品でも高い寸法精度の製品を作る事ができるのです。
30個程度からでも金型の費用が安いので試作品を作る時にも最適です。製品精度を下げずに小ロットからダイカストを使いたい方は、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツでしか実現できない特許製法【エコダイカスト】

太陽パーツでは『エコダイカスト』という製造方法で製品を製造しています。この技術は太陽パーツが独自で開発した技術なので、他の企業とはちょっと違います。
今回は太陽パーツでしか実現できないという特許製法でもある『エコダイカスト』について、できるだけわかりやすく説明していきましょう。

・ダイカストの金型ってどんなものなの?
通常ダイカストでは金型を利用して製品を大量生産するものですが、一般的な金型はどんな形状をしているのかは、工場に実際に入った事がある方以外はわかりにくいものです。
簡単に説明すると、ダイカストの機械には大きな重たい金型の塊がついています。ベース部分とキャビティ部分がくっついた状態で製造される事が非常に多いようです。
ベース部分は金型本体ではなく金型の土台の部分です。この部分は大きな鉄の塊なので大変重く、段取りを変更する時には数人がかりで金型を変えなくてはならないのです。
大変重くて手間がかかり人の手もかかってしまうので、どうしてもコストが高くなってしまうのですが、太陽パーツのエコダイカストは全く違った金型なのです。

・エコダイカストの金型はどんなものなの?
一方で太陽パーツの『エコダイカスト』というのはどういうものなのかというと、金型の部分が他のダイカストの金型と違うのです。
まず土台となるベース部分は太陽パーツが保有している共通のものを利用します。お客様は金型本体の部分だけの費用しかかりません。
一般的な金型はベース部分と金型本体の部分がセットとなっているので、材料費や加工費が高くなってしまいますが、エコダイカストの場合は金型本体の費用しかかかりません。
つまりこれまで土台部分にかかっていた材料費や加工費がかからないのです! だから最初から製品一つあたりの費用が安くなるわけですね。
品質に問題は無いのか? という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、金型は一流の金型ですので全く品質には影響はありません。

・ダイカストは金型の費用の消化に時間がかかる!
金型を必要とする加工の場合は製品に金型の費用も含まれているので、最初の段階は金型費用の消化にお金がかかってしまうものです。
ところが太陽パーツのエコダイカストだと最初から金型は半額で済むため、金型費用の消化にかかる期間は半分で済む事になるわけです。

もしもダイカストの製品を生産したいのならば、太陽パーツのエコダイカストは本当におすすめです。
ちなみに金型の交換をするのも短時間で済むので、生産効率もぐんと上がるでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 1412345...10...最後 »

HOME > ブログトップ > エコダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.