太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

高精度な二次加工にも対応できる太陽パーツのダイカスト

ダイカストは金型を使って製品の加工を行える金属加工技術の一つです。

ダイカストで使用される金属の代表と言えばアルミニウムや亜鉛やマグネシウムですが、溶融温度が低いため加工が金型が傷まないというメリットがあります。
というのも金型も金属でできていますので、高温になりすぎると溶けてしまうため、他の金属より低い温度で溶けてくれるアルミや亜鉛やマグネシウムを使います。
なぜダイカストは他の加工技術を使うよりもメリットが高いのか?実はダイカストが多くの部品加工に使われるようになった理由は、二次加工などを必要としない部品の生産が可能になったからです。
ダイカストは複雑な形状の部品の生産が可能です。しかも製品に必要な肉厚をコントロールする事も可能です。これまで切削で行って長時間かけていた製品でも、ダイカストなら驚くほど短時間で部品の生産が可能です。

さらに同じ寸法精度の製品を短時間に大量に生産する事が可能です。溶融温度が低いため金型への負担も少なく、金型が長寿命である事もダイカストのメリットです。
製品の生産に使用する材料の選択については、その部品に必要な強度や見た目などを考慮し、最も製品に最適な合金を作る事も重要でしょう。
アルミや亜鉛そしてマグネシウムをうまく調合する事によって、「優れた耐食性」「見た目の美しさ」「強度と硬度」「導電率」「遮蔽特性」を得られます。
また、従来のダイカストの部品生産では難しかった、組み立てや二次加工を不要にする加工も可能です。太陽パーツのエコダイカストはネットシェイプの実現により二次加工を必要としない部品の生産が可能です。

二次加工を減らす事によってさまざまなメリットがあります。コストの削減を実現する事ができるだけではなく、寸法精度のバラつきの無い部品の生産を可能とします。
エコダイカストは特に金型のサイズ自体が小さいので、人件費も従来のダイカストに比べるとかかりません。美しい製品をより早く手に入れる事が可能なのです。
そろそろダイカストにしてみようとお考えならば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。高度な二次加工にも対応し、二次加工をできるだけ省く加工にもしっかりと対応いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミニウムの特性と相性が良い押出し成形

押出し成形は金属加工技術の一つです。

ダイスと呼ばれる金型を使って、主に長材の製品を生産する時に利用される技術です。
自由度が高く複雑な形状の製品を作る事ができるため、電線や建具などの建材にも多く利用されてきました。とても素晴らしい加工技術ですが、どんな金属でも製品を作れるというわけではありません。
それは製造方法に特徴があるからです。押出し成形は温めた金属を高圧でダイスに通して製造するため、硬い金属で製品を作る事が難しいのです。
だからアルミニウムが押出し成形に使用されるのです。アルミニウムはどの金属よりも「柔らかい」という特性を持っています。比較的低温で柔らかくなるのも押出し成形に適しています。
アルミニウム単体で製品の生産を行うのではなく、アルミニウムを溶かしてマグネシウムなど他の金属を添加させ、アルミ合金のビレットを製造します。
ビレットを熱して柔らかい状態にして、高圧でダイスを通して製品の形状を作るのです。その様子はまるで「ところてん」のようです。ただしところてんとは違い中空の製品が多いという点です。
ダイスは小さなものから大きなものまでありますが、柔らかくなった金属(アルミ合金)を押し当てて、ダイスのオス型からメス型へと立体的に押し込まれていきます。
メス型を通って出てきた時に初めて筒状の製品が出てくるのです。出てきた長材は30m~50mほどの長さがあります。この時最初に出てきた製品と最後に出てきた製品とに時間の差ができます。
冷える時間が違うため歪みが出たり反ってしまう事もあるので、両端をストレッチャーという装置で引っ張って矯正するわけです。これを3m~6mの長さにカットして焼き入れするのです。
この焼き入れは製品の強度を上げるためです。こうした作業も他の金属だとうまくはいきませんが、アルミニウムは軽く柔軟性があるので作業が簡単です。
さらにこの後小さな穴を埋める処理が施され、腐食への強度を出すためにアルマイト処理が施されるのです。溶けやすく(溶融温度が低い)柔らかくて軽く、さらに処理をすると美しい仕上がりになるのでアルミニウムが適しているのです。

太陽パーツではアルミの特性をうまく利用して、アルミ押出し成形を行っております。国内だけではなく海外の工場も駆使してお客様の要望にお応えしております。
アルミ押出し成形での製品の生産を検討しているのでしたら、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

優れた寸法精度の製品 ~ダイカストの歴史~

アルミダイカストは非常に歴史が古い金属加工技術です。発明されてから様々な技術の進歩の結果、現代の私たちの豊かな暮らしを支えてくれる製造方法の一つです。
今回は、アルミダイカストの優れた寸法精度や歴史についてをわかりやすくお話いたします。

アルミダイカストは優れた寸法精度の製品の生産に向いています。溶けたアルミ合金を金型に流し込み、冷やして固める事ができる技術です。
一度に大量の部品の生産が可能です。金型の寸法精度が非常に高いため薄肉の製品や、複雑な製品の生産が可能となっているだけではなく、部品を埋め込んで二次加工を極力抑えた製品の生産も可能です。
そもそもダイカスト技術が誕生したのは1838年のアメリカです。デビッド・ブルースという人物が、ダイカスト活字を製品化しました。金属を使った印刷機が登場したわけです。
日本でも金属で作られたハンコのようなもので、印刷物を作っていた時代がありましたが、ダイカスト活字もそれと似たようなものですね。ちなみに日本では現在の毎日新聞がダイカスト活字で新聞を作っていたようです。
アメリカで開発されたダイカストが日本にやってきたのは明治43年の事でした。それから7年後の大正6年にようやくダイカスト製造が行われるようになったのです。
その4年後には初の国産ダイカストマシンが登場しました。それから5年後に戦争が勃発して、ダイカストマシンは軍需産業で活用されるようになったのですね。
戦後は生活用品の生産が行われたりしていましたが、技術の進歩によって徐々に家電製品や自動車部品の生産が行われるようになります。これもすべて金型の進歩が目覚ましかったからでしょう。
もちろんダイカストマシンそのものの研究や開発が行われて安定した生産ができるようになり、昭和59年には生産量が50万トンを突破し、昭和63年にはコンピュータ制御のできるマシンが開発されました。
平成18年にはダイカスト生産量が100万トンを突破するなど、ダイカストは私たち人間の生活に欠かすことができないものになったのです。
現在アルミダイカストで生産されている製品は、自動車部品をはじめ家電製品や事務用品、日用品や玩具に至るまで数えきれないほどの部品の生産に携わっております。
その陰にはやはり金型の寸法精度の向上が大きく関係しています。寸法精度の高い製品でアルミ合金を使用するならダイカスト技術がおすすめです。

太陽パーツでは寸法精度の高い金型に自信があります。さらに小ロットでも対応できる強みがあります。ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと射出成形の相違点とは?

部品加工を行う方法は数種類存在しています。この中でも部品の大量生産を行う時に最適な加工技術として「ダイカスト」と「射出成型」があります。
この二つは金型を使って部品の生産を行うのですが、似ているようではっきりとした違いがあります。今回はダイカストと射出成型の違いについてをご紹介いたします。

まずダイカストですが、ダイカストは金型を使って溶けた金属、多くはアルミ合金やマグネシウム合金などを使って部品の製造を行う技術です。
溶けたアルミ合金やマグネシウム合金を金型に流し込んで冷やして固めるという製法です。材料はおよそ500度~700度程度に熱して溶かし、その材料を金型に低速で流し込んで部品を生産します。
ダイカストは金型を使って部品の製造を行いますが、使う材料が金属なだけに「鋳造」という技術に属します。高い圧力をかけて製品を冷やす技術です。
一方で射出成型というのはプラスチックを溶かして金型に高速で射出し、冷やして固めて製品の生産を行う技術です。
熱可塑性樹脂の場合は樹脂を高温にして溶かして、低温に温めた金型に高速射出して部品の生産を行います。一方で熱硬化性樹脂の場合は50度前後に温めて高温の金型に重点して部品の生産を行います。
この二つの加工方法の大きな違いは「素材」です。一方はアルミ合金やマグネシウム合金を使って製品の生産を行います。もう一方はプラスチック樹脂を使って製品の生産を行うわけです。
また、素材を熱する温度も違います。同じように金型を使って製品の生産を行うのに、素材が違うというだけで作れる形状にはほとんど大きな違いはありません。
製造される製品にも違いがあります。ダイカストマシンだと自動車のエンジンや家電製品など、金属で製造する必要があるものを生産します。
プラスチック製品を製造する時にはプラスチック射出成型で生産する。適材適所で最適な加工技術を使うと良いでしょう。

太陽パーツではお客さまのニーズに合った最適な加工方法で部品の生産を行います。ダイカストや射出成型の事なら何でもお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミが押出技術と相性が良い理由

アルミ押出の技術は長材を作る時に適した加工技術です。

まず押出ってなに?と疑問に思う方に簡単に説明をすると、ところてんのように容器の中に材料を入れて後ろから押して別の形に製品を生産する技術です。
ただしその加工をアルミ合金を使って行います。押出で生産される製品の形状は「ダイス」と言われる型の形に製造されます。筒状のものや建具のような形状など様々な形に製造する事が可能です。
押出に使われる材料ですがアルミ合金を使います。なぜアルミ合金が使われるのかというと、柔らかく軽く強い製品が作れるという点と、表面処理をしやすいという点、そして比較的低温で加工が可能という特性があるからです。
アルミ押出での製品の生産ですが、ダイスと言われる金型におよそ500度の熱で柔らかくしたアルミ合金を高い圧力で押し込んで加工していきます。
この時の製品の長さはおよそ30m~50mです。これを冷やして固めるのですが、製品が長いため反りやゆがみなどが生じます。これは冷える時間が均一ではないからです。
そのため両端を引っ張って反りやゆがみを強制するのです。冷えた製品は3m~6mほどの長さにカットされ、焼き戻しをするためにテンパー炉という炉に入れて強度を高めます。
アルミというのは錆びませんが、実はアルミニウムは薄い酸化被膜に覆われています。耐食性に優れた素材なのですね。この耐久性をさらに高め美しい仕上がりにするために表面処理を行うのです。
この処理を「アルマイト」と言います。アルマイトは陽極酸化皮膜処理の事ですが、この処理をする事でさらに耐食性が高まるものなのです。もちろん装飾の意味もあります。
アルマイト処理を行った後に、封孔処理というアルマイト後にできる小さな孔をふさぐための処理を行ったり、電界着色を行って着色する事も可能です。
他の金属だと柔らかくなる温度が高かったりするので、ダイスを使った加工には不向きなのです。これがアルミ合金が押出に使われる大きな理由となっているのです。
また、アルミはコストパフォーマンスも非常に良くリサイクル性も高い事も適しているのですね。

太陽パーツではアルミ押出技術を使った製品の生産を迅速に行っています。短納期であっても可能な限り対応できるよう努力をしています。
もしアルミ押出の技術で製品の生産を検討しているのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

滑らかな表面で処理を短縮できるダイカスト鋳造法

ダイカストは金型に溶かしたアルミ合金を圧入して、冷やして固めて製品を作る鋳造法の一つであり、金型を使う製造技術の中では随一の品質を誇る加工技術でもあります。

製品はとても美しい仕上がりで、ほぼ完成した形状に部品を作る事ができるので、軽くて丈夫であるがゆえに様々な分野で利用されているのです。
例えば生活用品の部品を生産するのにも利用されていますし、自動車部品にも多く使われています。特に自動車の部品の場合は車体の軽量化にも貢献しています。
なぜこれほどまでにダイカスト鋳造法が利用されるようになったのかというと、仕上がりが美しいので表面処理に時間がかからないのが理由の一つと言えるでしょう。。
例えばバリ取りをするにしても人が手で行うのではなく、バフ掛けをする事によって容易にバリを取り除く事が可能です。さらに金型の精度が高いので表面のざらつきがありません。
金型の性能が上がった事で余計な処理加工を必要としなくなったのです。とは言ってもバリが全くかえらないわけではありません。
そのためにショットブラストなどを上手に活用する事によって、余分なバリや表面の凸凹を効率的に除去する事ができるのです。
薄肉の製品の場合はショットブラストだと変形のリスクがあるので、その場合にはバレル研磨という技術を使ってバリを除去します。
さらにヒートラックの痕も丁寧に短時間で除去する事ができ、塗装を行う時にムラが出ないような処理を行う事も可能です。
バレルやショットブラストにも振動を起こして除去するタイプと、磁気を使ったバレル研磨など用途に合った機械を使って最適な処理を行います。
さらに細かく美しく仕上げるためにはバフ研磨などを行う方が良いでしょう。これらの処理を短時間で行えるので最後に行う塗装までの時間が短縮できるのです。

太陽パーツでは美しい仕上がりのために、丁寧にしかも時間をかけずに表面処理を行う事をしています。短期間で美しい大量の部品を製造する事が可能です。
ダイカスト鋳造法での製品の生産を考えているのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高齢化社会で必要な介護用品にも用いられるダイカスト

超高齢化社会に突入する日本では、お年寄りの介護に必要な介護用品の開発が必要不可欠となっています。
今回は、介護用品に必要な条件やアルミダイカストを使った製品の生産のメリットや、必要性についてをご紹介いたします。

介護用品の代表と言えば『杖』や『車いす』そして『ベッド』などです。
いずれも移動する時に体重をかけるものであったり、長く過ごす場所だったりしますよね。特に杖や車いすは歩いたり移動したりするのに使います。
そのため安全性が高いだけではなくて、軽くて丈夫なものである必要があるのです。軽ければ介護をする方が持ち運びするのに助かりますし!
実際に同じ量の鉄やステンレスでできた車いすだと、押して歩く時には問題ないかもしれませんが、車での上げ下ろしをする時に違いがハッキリわかります。
アルミニウムで作られていれば、軽くて上げ下ろしが大変楽ですし移動中の固定も容易です。
ベッドもアルミニウムで軽ければ、お掃除をしてあげる時にも楽ですし、簡単に移動ができれば介護もしやすくなります。
さらに車いすに限定すると、道路は常に平坦ではありません。坂道もあれば段差だってあるものです。この時車いすが重いと自力で移動するのが大変です。
介護の方が後ろから押すにしても、介護する方の体重プラス車いすの重量がプラスされるので、あまり力が無い方だとお世話が大変になってしまいます。
その点アルミニウム製であれば軽いので、段差も坂道もお世話が楽にできるようになります。実際に介護をしてみるとその違いは歴然ですね。
もちろんアルミニウムで作れば軽いかもしれませんが、剛性がしっかりしていないと意味がありません。そこでアルミダイカストが活躍するのです。
アルミダイカストは金型を使って製品の生産を行います。複雑な形状でも容易に作る事が可能なので、剛性が高く軽くて丈夫な介護用品が作れます。
しかも同じ性能の製品を大量生産できるので、低コストで生産が可能となります。当然販売する時の価格もリーズナブルにできるので、利用者が選びやすくなるでしょう。

太陽パーツではアルミダイカストのコストを安く抑える事が可能です。詳しくは太陽パーツへお気軽におたずねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

一工程で成形が出来る!アルミ押出加工のメリット

アルミ押出加工は建材や長材などを生産する金属加工技術の一つです。わかりやすい製品と言えばアルミサッシの窓枠といったらわかりやすいかもしれません。
今回は、アルミ押出加工のメリットをいくつかご紹介いたします。

アルミ押出加工はアルミニウム合金の塊を使って製品の生産をします。材料はビレットという円柱形のアルミニウム合金です。
このビレットを約400℃~500℃にまで加熱して「ダイス」と呼ばれる金型に高圧で押し付けます。高圧で押されたアルミニウム合金はダイスの中を通って反対側から出てきます。
この時、すでにダイスの形のまま細長く製品を作り出す事ができます。
アルミ押出加工のメリットは一工程で製品の成型が可能であるという点です。必要な長さにカットするという工程を除くとダイスを通れば製品が完成します。
ダイスの形状によってさまざまな形の製品を生産できるという点もメリットです。近年ではダイスの精度も高くなっているので、寸法精度が厳しい製品を作る事も可能です。
より複雑な製品の生産も可能で、中空の製品や複雑な断面図の製品を作る事も可能であるというのもメリットです。
仕上がりもとても美しいため表面処理を行うのも簡単です。アルミ押出加工は比較的自由な形状を作る事ができるため、より複雑な形状の長材を作る事が可能です。
また、ダイスの金額も金型の中では比較的安価なため、小ロットから製品の生産をする事ができる点、そして当然大量生産をする時にも低コストで生産する事が可能ですね。
材料を無駄にする事もありませんのでエコな生産技術だというのもメリットの一つだと言えるでしょう。

太陽パーツでは小ロットからの生産にも対応しております。ご要望に応える金型の製造も行っております。短納期についての対応なども可能です。
アルミ押出加工の事でお困りなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストが鋳物と比べて優れている点

ダイカストと鋳物は同じ金属を溶かして型に流し込み、冷やして固めて製品を作るという金属加工の一つです。
今回はダイカストと鋳物を比較して、ダイカストのどんな点が優れているのかについてを説明いたします。
まずは鋳物について軽く説明しますと、鋳物は元となる模型と枠を造り、その金型に砂や粘土を混ぜたものを入れて上下の金型を作ります。
その金型に溶けた金属を流して冷やして固めます。砂や粘土の部分を壊して中から製品を取り出します。とても簡単な製造方法ですね。
金型は一回一回作る必要がありますが、とても簡単に金型を作れるので金型費が安いというメリットがあります。
鋳物で使える合金の種類が豊富というのもメリットでしょう。

一方でダイカストはというと、金型は一回一回作る事はありません。一つの金型を使って何万という数の製品を製造する事が可能です。
使える合金の種類は多くはありませんが、速く製品を生産できるだけではなく自動化する事ができるため、人件費がかからず1個当たりのコストも非常に安いです。
さらに薄肉の製品の生産が可能で、高い寸法精度が期待できます。製品が滑らかで仕上がりが美しいという事もダイカストが優れている点です。
鋳物の製品はザラザラしているので、滑らかな仕上がりが欲しい製品には向いていません。また中子抜きもダイカストだと簡単にできるのも優れた点です。
二次加工を最低限に抑える事ができるので、大量生産を行う時などにはコストがかりません。
また、材料は溶かして使うので無駄にする事なくエコな製造方法です。もちろん鋳物は鋳物で優れた点はあります。
ですが高い寸法精度や仕上がりの美しさが求められる場合で、ある程度の生産数があるのであれば、ダイカストでの生産を検討してみると良いかもしれません。
ダイカストは金型のコストが意外と高く、小ロットの生産には向いていないという問題はありますが、太陽パーツなら金型のコストをかけずに小ロットから生産が可能です。

詳しくは太陽パーツへお気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

軽量化に役立つアルミニウムとマグネシウム

最近はアルミニウム合金を使った建材で造られた建造物がたくさん出てきました。またマグネシウム合金を使った製品もたくさん生産されています。
今回は、なぜアルミニウムとマグネシウムがたくさん利用されるようになったのかを、簡単に説明いたします。

アルミニウムと言えば、皆さんがご存知の1円玉がアルミニウム合金で作られていますよね、硬貨の中でもひときわ小さいけれど、それにしても軽いと思いませんか?
実はアルミニウムはとても軽い物質なのです。そしてマグネシウムはアルミニウムよりもさらに軽い物質なのです。
アルミニウムの比重はおよそ2.7で、マグネシウムの比重はおよそ1.7なのですが、これだけではどのくらい軽いのかわかりにくいですよね。
鉄と比べてみましょう!鉄の比重はおよそ7.85ですから、その重さの違いは歴然としています!同じ大きさの建物や物を作った時、半分以下の重量に軽量化する事ができるわけです。

例えばアルミニウムが使われる以前の自動車は、鉄で作られていましたので相当重かったのですが、アルミニウム合金を使うようになってからは車体が軽くなりました。
その分ガソリンの消費も少なくなったのです。しかも剛性はとても高いという特徴も兼ね備えています。
放熱性にも優れています。熱伝導率が高いので冷暖房装置や熱交換器などに使われています。また、缶製品に使う事で冷やしやすく温めやすいというメリットもあります。
磁気を通しにくいため、電子機器や医療機器、測定機器やアンテナなどにも多用されています。電気を通しやすいという特徴もあります。
これまでは電線というと銅線が多く利用されていましたが、実はアルミニウムの電気伝導率は約60%、マグネシウムは約40%です。
どちらも比重が軽いので同じ太さと長さの銅線よりも、2倍も電気を通す事となります。軽量化できるだけではなくこれだけのメリットがあるわけです。
アルミニウムもマグネシウムのリサイクルがしやすくリサイクルする時のエネルギーも小さく済みます。
これまで鉄や銅といった金属が多く利用されていましたが、アルミニウムとマグネシウムが使われる事が多くなった背景には、二つの非鉄金属を使う事によるメリットが多いからなのです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 5412345...102030...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.