太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > アルミ押し出し

アルミ押し出し Archive

アルミ押出形材の需要が増す理由とは?

近年、アルミ押出形材の需要が増加し続けている理由は、アルミ押出の技術の進歩が第一にあげられるでしょう。
アルミ押出形材というと建具などの簡単な形状で、ある程度長い素材をそのまま使う場合には、短いものをつなげて使うよりも、長い状態の素材をそのまま使った方が良いからです。
だからアルミ押出によって作られた形材は建具などに活用され続けているのです。
そして技術の進歩によって様々な形状の製品を作り出す事ができるようになったため、建具だけではなく自動車に使う部品を製造したりOA機器の部品を生産したりするようになりました。
同じ金型を使って製品を生産する加工技術とは違って、長尺でありながらも複雑でより薄肉の製品が生産できるので、剛性のある丈夫な製品を作れるのもアルミ押出形材の需要が増した理由となるでしょう。
他にも押出技術の種類も増えたため、直接押出法で見られたメタルフローの不均一を改善できる、間接押出法や、静水圧法といった製法もあるので、製品によって生産方法を使い分ける事も可能です。
アルミ押出のための金型であるダイスも、簡単な形状のものはもちろんですが、合成ダイスやポートホールダイスやブリッジダイス、スパイダーダイスなど多くのダイスを使って、より複雑な形状を作り出す事も可能になっています。
より精密な製品を作りたいと思うのならば、ダイスの設計をしっかりとしなくてはなりませんが、専門家が数多く存在しているので相談されると製造と失敗がないでしょう。
そのためにはアルミ押出の高い技術と経験を必要とします。その製品を作るために必要な金型の形状を見極め、安定した製品の供給が望めるのもアルミ押出技術の素晴らしいところです。

太陽パーツではアルミ押出の高い技術と経験を兼ね備えた製品づくりをモットーとしております。低コストでより良い製品を生産したいと思うのならば、一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出加工の際に使用される「ビレット」とは【アルミ押出】

ビレットというのは押出加工の時に使用する材料の事を言います。アルミニウムやマグネシウムその他の製品に必要な金属を配合している事もあります。
例えば押出加工を行う場合には、製品に必要な特性から材料の配合を決定し、溶解炉でインゴットを溶かしてそこにマグネシウムなどの金属を配合して調節して、まずは必要な大きさ(太さ)にします。
これをピット鋳込みと言いますが、必要な太さや長さにしたものをビレットといい、押出の材料として利用するために次の工程へと運んでいきます。
次の工程は一番最初のインゴットとマグネシウムや他の金属を混ぜた金属がムラにならないように、熱処理を行ったあとで加工に必要な長さへカットをします。
製品の製造をするときにはビレットを押出機に入れて、熱っしてお餅のような柔らかさにして、ダイスと言われる金型に強い圧力で押し付けて製品の製造を行います。
アルミ押出やアルミ鋳造を行う時のもともとの材料はインゴットと言い、これを加工して作られたのがビレットで、ビレットの多くは円柱形をしていて、多くの場合は製品に必要な金属の配合がしてあるものが多いようです。
余談ですが、日本では押出用のアルミ合金の塊をビレットと言いますが、欧米ではビレットも含めてインゴットという事もあるようです。
だったらインゴットをそのまま押出加工などに使ってもいいのでは? と思う方もいるかもしれませんが、インゴットはボーキサイトからアルミニウムを取り出して固めたものなので、そのまま加工するには向いていないのです。
ちなみにビレットは、押出加工に使われているビレットもあれば鍛造用に作られたビレットもあるのですが、押出加工で使われるビレットは気密性に優れていて加工しやすい特徴を持っています。
さらに加工しやすい大きさになっているので、製品の製造をするときに無駄がなく、スピーディーに製品を作り出す事ができるのです。
押出加工の金型、ビレットや製品の生産について疑問に思う事があれば、太陽パーツにぜひお気軽にお尋ねください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出技術にとっての「ダイス」の重要性とは?

押出技術はどれか一つが長けていれば良いという事ではなく、それぞれがその役割をしっかりと果たす事によって、より良い製品を作り出す事ができるのです。
でもその中でもダイスが特に重要となっている事は間違いありません。なぜならば、押出技術では柔らかくなったとは言っても金属を金型(ダイス)に押し込んで製品にするからです。
製造方法を見るとまるで「ところてん」を作っているかのように見えるかもしれませんが、形状が複雑化すればするほど安定した製品を作るためには技術が必要になります。
押出技術は日々進歩していると言われていますが、初期の頃のダイスは単体のものが多かったため、簡単な形状の製品を作るのが一般的でしたが、最近ではいくつかのダイスを組み合わせて複雑な形状の製品を作れるようになりました。
ダイスの進化によって、それまではパイプ材を造ったり、建材を造ったりするのがメインでしたが、それ以外の難しい形状の加工にも利用されるようになったのです。
また、押出技術ではダイスに柔らかくなった金属(アルミ合金など)を押し通す時に、メタルフローが出たりするという特性があるので、メタルフローを抑えるために製造方法を選択する必要もあります。
さらにダイスの中に必要な形状のダイスをセットして、驚くほど複雑な形状の製品を大量生産できるようになるのです。
複雑な形状の押出製品は精密機械の部品などにも使われています。パソコン用の部品やヒートシンクなどの部品も、今や押出技術によって作られるようになったのです。
このように複雑な形状の製品を作り出す事ができるのも、ダイスが飛躍的な進化を遂げたからです。しかもダイスが複雑化したおかげで二次加工を必要としない製品を作る事だってできるのです。
さらに、一体化して作る事ができるので製品も強度が高いものを作る事ができるようになったのです。
これらの事からわかるように、押出技術にとってダイスのもつ重要性は非常に高いと言えるのではないでしょうか。
太陽パーツでは複雑なダイスの製作から製品の生産まで、一貫して行う事ができるのでコストの削減を検討中なら、ぜひ太陽パーツへお問合せください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

「押出し」と「引抜」の加工法の違いとは?【アルミ押出】

アルミ押出の技術には押出という製法と引抜という製法があります。この二つの加工方法でできた製品はどこか違いがあるのでしょうか?
今回はアルミ押出の押出しと引抜の加工方法はどんなところが違うのか? などの疑問の答えをご紹介いたします。

アルミ押出の押出し加工技術とは?
まずアルミ押出の押出しの加工技術というのは、ビレットと呼ばれる原料をステムという押出し部品で押して、金型を通して製品を作り上げます。
押出しの技術にも二種類の方法があり、一つは直接押出といってコンテナの中に原料のビレットを入れて、コンテナ内を押出し棒が高い圧力で押し出します。
もう一つは間接押出という方法で、コンテナの中にビレットが入っているのは同じですが、コンテナが押出方向へ動いて製品を製造する方法です。
この方法は摩擦が少なく済むので製品の精度が高くなるのですが、一方で強度の問題があるため複雑な形状の製品を作るのは難しいと言えます。

アルミ押出の引抜加工技術とは?
引抜加工とはどんな技術なのかというと、ダイスから製品を通してキャリッジで製品の先端をしっかりと掴み、それをゆっくりと引き抜いていくという製造方法です。
特に材料を温める事なく製品を製造する事ができる製法です。精度が必要な管材を製造するのに最適な製造方法です。
当然ですが、引抜の場合は管材を使用して製造しますが、この時に使用される管材の多くはミガキ鋼を使用するのが一般的で、その方がよりキレイで高精度の製品を作る事ができるのです。
もしくは押出し加工によって製造した製品を、引抜加工をして精度を高めるというダブルの工程で製品を作る事も珍しい事ではありません。
中にはより高精度の製品が欲しいために、削り出しの方がいいのでは? と考える方も多いかもしれませんが、実は押出から引抜加工をする方が、より時間も費用も削減する事ができます。
しかも表面肌がとても美しく仕上がるので、表面処理にかかる時間や費用も削減する事ができるはずです。

太陽パーツではアルミ押出の押出し技術と引抜技術を使って、お客様の求める製品を製造しています。
詳しい詳細につきましては、太陽パーツホームページからお気軽にお問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出加工の種類【直接押出編】

アルミニウムなどの非鉄金属というのは、加工技術の進歩によって実に様々な加工方法があり、現在では欠かす事ができない非鉄金属であると言えます。
アルミニウムの加工技術の中でも、ダイスを使った加工技術のアルミ押出加工は、建具やパイプ類などを製造するときに欠かせない技術です。
そして押出加工にもいくつかの種類があるので、今回は「直接押出」という加工技術についてを、簡単にお話ししたいと思います。

まず、押出加工には温間押出という方法と、冷間押出という方法があります。このどちらにもダイスという金型を使って加工を行います。
どのように加工するのかを簡単に説明すると、材料を温めて高い圧力で押してダイスを通し、成形するという方法になります。
そして、直接押出という製造方法は、コンテナという部分にビレットと言われる材料を熱して入れます。
その先にはダイスという金型があり、ステムという部分に圧力をかけてビレットを後ろから押していき、前方にあるダイスに押し付けてダイスから製品が出てくるという方法です。
押して出すという押出加工の技術をダイレクトに利用した加工技術なので、昔から利用されてきた方法の一つです。
ビレットを押していく時の特徴としては、ビレットが大きい時は押し出す力もたくさん必要になります。当然ビレットが小さくなっていけば高い圧力は必要なくなります。
徐々に必要な圧力は低くなっていきます。
直接押出という技術には、後ろから押していくというものもありますが、摩擦が大きいだけにビレットの周囲に潤滑剤を入れる加工方法も直接押出の一つです。
さらに前方から引っ張るという方法も、潤滑剤としてガラスを使う方法も直接押出の仲間です。
メリットもあるのですが、メタルフローという現象が起こりやすくなるのも事実なので、メタルフローが起こりにくい方が都合がいい場合には間接押出で加工をするのが一般的です。

太陽パーツでは様々なお客様のニーズに合った加工技術を使って製品を加工いたします。詳しい見積もりやご相談はお気軽に担当者までご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出加工の種類【間接押出編】

押出加工はダイスと言われる金型を使って金属を加工する技術です。そして押出加工には間接押出という方法と、直接押出という方法があります。
今回はアルミ押出の「間接押出」という技術を使った加工とその構造についてを、簡単ではありますがご紹介いたします。
ちなみに押出という加工技術はダイスという金型を使って加工するのは同じなのですが、材料を押し出す時の方法が若干違うのです。押出加工の基本的な構造から説明しますと、押出加工に使う材料はビレットと言われるアルミニウムなどの塊をコンテナと言われる部分に入れます。
そしてビレットを入れて圧力をかけていきます。そうするとステムと言われる部品に押されて、ダイスと言われる金型を通って製品が出てくるというわけなのです。
間接押出の場合は、このコンテナとステムの構造が若干違い、ビレットはコンテナと言われる部分に収納されます。
そしてビレットの上にダイスが設置され、その上にステムが設置され、ステムが上方向からダイスに圧力をかけ、ダイスとステムがビレットを押していき製品が出来上がります。
押出加工で間接押出をする事にはメリットがあり、低い温度で加工をする事ができるのと、あまり高い圧力をかけずに加工する事ができるのです。
低温で加工する事ができるという事は、それだけ安定した製品を作り出す事ができるので、押出加工の技術としては人気が高いものなのです。
ちなみに押出加工によってどのよう部品の加工ができるのかですが、簡単なパイプ状のものからサッシなどの窓枠などに使われているような複雑なものまで製造する事が出来ます。
近年ではより複雑な形状の製品の加工も行われているので、これまでは無理かもしれないと思っていた部品の加工もできるかもしれません。

太陽パーツではアルミ押出加工の高い技術をもっています。お客様のニーズに合った製造方法の提案もしておりますので、部品加工の事でお困りの方はぜひ太陽パーツへお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミニウムが世の中で多く使われる理由

世の中にアルミニウムの製品がたくさんあるのには理由があります。アルミニウムというのはとても柔らかい金属でもりますよね。
柔らかくて実は丈夫な金属なので、加工しやすいだけではなく強い製品を作り出す事が可能なのです。強いのに金属としての重さはとても軽いのも特徴的ですよね。

例えばこれまで鉄や銅などで作られてきた製品を、アルミニウムで製造すると非常に軽い製品が出来上がるのです! それは大きければ大きいほど差が出てきます。
飛行機や自動車などは軽ければ軽いほど燃費が向上しますよね、だからアルミニウムで作られた製品がどんどん増えていきているのです。
それにアルミニウムというのは電気をとてもよく通しますので、昔は送電線の多くは銅で作られていたのに、最近は軽くて丈夫なアルミニウムの線に代わってきているのです。
さらに、アルミニウムというのはもともと酸化被膜をまとった金属ですので、耐食性がとてもいいのです! 傷が入ってしまって酸化膜に傷が入っても、自己修復ができるのもメリットだと言えるでしょう。

金属加工業界では、鉄やステンレスといった固くて粘着質な金属の加工よりも、サクサクと削れていろいろな形状に加工できるアルミニウムはうれしい存在でもあります。
ところでアルミニウムはパソコン製品などにも多く使われていますが、これも実はアルミニウムの磁気を帯びないという特性があるからなのです。
そのほかにも熱伝導率が良いというのもありますし、低温でも脆弱破壊がありません。つまり宇宙で使う製品としても有効活用できる金属なのですね。
また、鋳造するときにも多く使われていますし、熱や光を反射するというものもあります。先ほども触れましたが、宇宙工学で必要な特性を全て兼ね備えているのでアルミニウムは全世界で多く使われているのです。
そしてアルミニウムが使われている最大の理由が「リサイクル性が高い」という事! 何度でも再利用できるのがいいのです! 資源を大切にしたい現代に最適な金属、それがアルミニウムという事なのです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

熱間も冷間も可能なアルミニウムの押出成形

アルミニウムの押出成形は様々な部品の製造に使われています。基本的にアルミニウムは柔らかい素材なので、加工しやすいというメリットがあります。
押出加工もいろいろとあるのですが、金型を使って加工するので寸法精度の高い製品を大量生産ができるため、製品コストを下げる効果も高く人気の加工方法です。

さて、アルミニウムの押出成形の方法ですが、冷間鍛造と熱間鍛造の二種類があるので、使用する目的に応じた製品の製造が可能となるのです。
冷間鍛造は後方押出法、前方押出法、型鍛造法、シゴキ加工、穴抜き加工など、製品の形状に合った加工が可能で、加工する時には特に温めて柔らかくする事もありません。
常温の状態で加工する事ができるので、小さな部品の製図をするのに最適な方法だと言えるでしょう。
また熱間鍛造の場合ですが、多くの場合はダイスと言われる金型を使って、一定の温度に温めたアルミニウムを、後ろから圧力をかけてゆっくりと通していきます。
そうする事で複雑な形状の製品を作り出しますが、ところてんのように押し出して成型するので、丈夫で美しい製品ができ、主に建具などに利用されています。
熱間鍛造は温めて加工をするので、焼き戻し軟化抵抗があるので丈夫で高温にも強い製品を作り出す事が可能となります。
どちらの製造方法でも一度に大量生産が可能な加工技術なので、製品のコストを削減するのに最適です。
さらにアルミニウム押出成形をする事によって、仕上がりがとても美しく後の処理をする時にも、特別な処理をせずに仕上げを行えるのもメリットだと言えるでしょう。

太陽パーツではアルミニウムの押出も行っています。もちろん金型の製造も行っているので一貫した作業が可能です。
詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミの適用で大きく発展を遂げた押出技術

押出という加工は複雑な形状の製品を造り出す事ができる素晴らしい技術です。製造方法はとてもシンプルで、熱した金属を高圧でダイスと呼ばれる金型から押し出す事で製品を製造するという方法です。

この技術では色々な金属を使って製品の製造を行いますが、中でもアルミという金属が使われるようになってからは、驚くほどの発展を遂げたといっても過言ではありません。
ダイカストとは違ってアルミ押出は、ビレットと言われる材料を熱してコンテナに入れて、そのビレットを高い圧力をかけてゆっくりとダイスと呼ばれる金型に通しておきます。
横から見たらところてんを方から出しているように見えるので、とても親近感のわく金属加工技術であると言えるでしょう。
もしもアルミニウムという金属が発見されなければ、ここまで押出技術は発展できなかったかもしれません。それほどアルミは押出に向いている金属なのですね。

押出の方法には直接法と間接法、静水圧法とコンフォーム法などがありますが、全てがアルミ押出に使われているのではなく、熱間直接法と間接法によって製品を造ります。
直接法というのはまさにところてんと同じ加工法で、コンテナの中に熱したアルミを入れて、そのビレットをステムと言われるアルミを押し出す部分を入れて、高い圧力で押し出す方法です。
この方法だとビレット全体に均等に圧力をかける必要があるので、かなりの力を必要とするので、ビレットの内部でメタルフローという木目のような線ができてしまいます。
このメタルフローを少なくするのが間接法という押出技術で、コンテナの中にビレットを入れるところまでは同じですが、ステムの先端についたダイスが高圧でコンテナ内を移動しながら製品を造っていくので、メタルフローの問題も軽減できるのです。
こうした技術の発展を遂げる事ができたのも、アルミという金属が使われるようになったからなのです。
だから押出という技術とアルミは切っても切り離す事ができないものなのです。もちろん押出の技術の発展はもちろんですが、ダイスの発展も目覚ましいものがあります。
製品の形状に最適な方法でダイスを加工していきますので、これまでは難しいとされていたような、より複雑な形状のダイスの加工もできるようになったのです。

太陽パーツではアルミ押出の製品を、確かな技術と経験によって造っています。アルミ押出のダイスのお悩みや、押出で製品の加工についてのお悩みにも真面目に対応しています。
より詳しい加工についての情報や、製品加工のお悩みの相談にも誠実に対応しています。ぜひお気軽に相談やお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

さまざまな所で活躍するアルミニウムの加工製品

アルミニウムは私たちの生活には欠かすことができない金属です。それは他の金属にはないアルミニウムだけにある様々な特性がそうさせているのでしょう。

例えばアルミニウムというのはとても軽い金属で、鉄と比べても同じ大きさなのに重量はおよそ1/3しかありません。という事はそれだけ軽い製品を造り出す事ができるという事になります。
軽いというのはさまざまなメリットを生み出します。例えば車の場合アルミニウムを使ってボディーを作る事によって、燃費がとてもよくなりましたよね。
軽ければそれだけ動かす時の燃料も少なくて済むわけです。さらに意外な事にアルミニウムは他の金属と混ぜて合金にする事で、かなり強度の高い製品を造り出す事ができるのです。
軽くて強度が高い金属ができるため、自動車のエンジン部分や航空機の部品などにも広く使われるようになったのです。もちろん自動車部品だけではなく建築材料などにも多く利用されるようになりました。
さらに金属の多くは錆てしまったりして耐食性が悪いのですが、アルミニウムは塗装やメッキなどをしなくても耐食性が高い事で知られています。美しい状態をずっと保事ができるのです。
そして最大の特徴と言えば柔らかい金属なので加工しやすいというのがあります。もちろん粘性がある金属ではあるので、加工する時には専用のバイトやチップが必要な事もあります。
また、アルミニウムは通電性が高いので、昔は銅で作られていた電線などがアルミニウムに変わりつつあります。さらにアルミニウムはリサイクル性が高く、特にダイカストや押出などの場合いには不良は出ません。

これだけの特性があるので、家庭用品、日用品、家電製品、建材、鋳造、航空機、電線やワイヤー、化学プラントの配管、鉄道車両、自動車部品、船舶部品、スポーツ製品など多くの分野で活躍している金属なのです。
しかも無害無臭なので食器や医療機器などにも多く使われている金属、それがアルミニウムという金属なのです。

太陽パーツではアルミ押出の製品を、金型から最後の表面処理まで一貫として行っています。さらに詳しい情報や見積もりなどがありましたら、お気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 812345...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > アルミ押し出し


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.