太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > アルミ押し出し

アルミ押し出し Archive

軽合金の加工が圧延加工に比べ経済的な加工法の理由【アルミ押出】

軽金属の加工方法には様々な方法があります。例えば図面通りの部品の製造を行う時に旋盤やフライスを使えば切削加工ですし、打ち抜き加工を行うなら板金やプレス加工で加工を行います。

ではその加工に使う材料はどのようにして生産されているのでしょうか?その加工方法には『圧延加工』もしくは『押出』が活用されるのです。この二つは似ているようで違う加工技術です。
どちらも圧をかけて大きな材料を指定の寸法に加工する技術です。それぞれの加工方法を簡単に説明していきましょう。
圧延加工というのはリロールとも呼ばれる技術ですが、金属の材料を大きな2本のロールを使って伸ばす加工技術です。うどんのたねやそばのたねを伸ばし棒で伸ばすイメージをするとわかりやすいでしょう。
大きな2本のロールで挟み込んで徐々に薄く延ばしていきます。繰り返しこの作業を行う事で指定の板厚の製品を加工する事ができるのです。圧延加工には金属板への加工の他に棒状の製品の加工も行います。
いわゆる丸棒といわれる材料を作るのに適している加工方法ですね。やはり同じように大きな材料を少しずつ圧をかけて細く長く加工していくという技術になります。

では同じ形状の製品の加工を行うのに適したアルミ押出はどんな加工技術なのかというと、熱して柔らかくした素材を高圧でダイスと言われる金型に押し付けて、反対から引っ張って製品の生産を行う技術です。
加工できるのは丸棒だけではなくL字型の長材や、より複雑な形状の長材の生産を行う事ができます。同じ加工ができるならどちらでも良いのでは?と思われるかもしれませんが、実はコストの面でアルミ押出の方がお得なのです。
どちらを選んでも同じ寸法の製品の加工ができるのですが、その大きな違いは加工する方法と時間が関係しています。圧延加工は金型を使って製品の生産を行うわけではなく、ローラーを使って何度も何度も伸ばして製品の生産を行います。
必要な寸法になるまでローラーをかけ続けるので時間がかかるケースもあります。一方でアルミ押出の場合は金型を使って製品の生産を行います。これは同じ材料を使っても温めて柔らかくして金型に通すからです。
冷却時間とゆがみ調整を行ったとしても短時間に大量生産が可能なので、同じ形状の製品の生産をするのならアルミ押出の方がコストがかからず経済的なのです。
板厚の薄い金属板を加工する場合は圧延加工、丸棒などの長材を生産するならアルミ押出と使い分けすると良いでしょう。

より良い製品を最適な加工技術で生産するのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

長期化する大型アルミ押出材の需給不足

アルミ押出で生産された製品は軽くて強度があるのでさまざまな分野で活用されています。アルミサッシなどの建材などに利用されているのはもちろんですが、近年では自動車部品や鉄道車両などの生産にも活用されているのです。

これまでは比較的小さな径サイズの製品が多かったのですが、金型の技術が向上しが事でより複雑な形状や、より大きな径サイズの製品を生産する事ができるようになりました。
それによってこれまでは鉄などを使って作られていた製品を、アルミ押出で作った部品に交換できるようになったわけです。そのため自動車構造部材やトラックなどの架装品に使われたり、鉄道車両などの部品として使われるようになったのです。
アルミ押出の製品を使う事によって全体の重さが軽量化され、丈夫でさびや腐食に強い製品を作る事ができるため、アルミ押出の製品の需要と供給のバランスが崩れてきているのです。

今はまだ自動車業界や鉄道業界などでアルミ押出への変更だけで済んでいますが、この状態が落ち着く事は無いというのが業界の見方です。つまり今後も需要が増加してしまい供給が間に合わないという状態が続く事になるのです。
ですがこれは部品加工業にとってはチャンスでもあります。需要に供給が追い付けば売上アップが見込めますし、企業としての信頼性を強める事ができるでしょう。
そうなるためには需要に供給が追い付く必要があります。幸いな事にアルミ押出という技術は生産性が非常に高いので、ニーズに応えるのは難しくはないかもしれません。
もちろんニーズに応えるためにはアルミ押出による製品の生産がスムーズに行われ、安定的に供給ができるよう努力や工夫をする必要があります。
この問題を解決するためには、精度の良い金型の製造と安定的な製品の供給がカギとなります。

太陽パーツでは国内の工場だけではなく海外にも工場を持っており、お客様の短納期にもできる限りの対応をしています。もちろん海外工場で生産した製品の品質も国内工場と全く変わりはありません。
もし今後のアルミ押出製品の需要と供給のバランスを崩さず取引をしたいと思っているのであれば、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

軽量で強くさびにくいアルミ押出の基本

アルミ押出とは何か?アルミ押出とは金属加工技術の一つで、600度程度に温めたアルミ合金をダイスという金型に高い圧力で押し付け、製品を製造する金属加工技術の一種です。生産される製品は長材で、建材やワイヤーなどの加工などに用いられます。大きなものの中には大きな鉄骨なども含まれています。大量に製品の生産を行う事ができます。

アルミ押出で製品の製造を行うには製品を製造するために必要な金型を使いますが、金型にはホローダイという中空部のある形状の製品を作る時に使う金型で、オス型とメス型を組み合わせて使います。
ホローダイはより複雑な形状の製品の生産に欠かすことができない金型です。もう一つはソリッドダイと言われる中空部の無い押し型を使います。例えばアルミサッシやL字型のアングルなどの生産に使われます。
円形のワイヤーなどの生産を行う時にもソリッドダイを使って製品の製造を行う事になりますね。

アルミ押出で製品の生産を行う場合には、ビレットというアルミ合金などの材料を温めてコンテナに入れ、後ろからステムでビレットを使ってダイスに高圧で押し込みます。
すると押されてダイスを通って製品が出来上がります。製品が冷えて反ったり曲がったりしないように製品の前後を掴み、ゆがみが出ないように冷やし固め必要な長さにカットするのです。
さて、押出に使われるアルミ合金ですが、アルミは「軽い」「錆びにくい」「腐食しにくい」「通電性が優れている」「表面処理がしやすい」「再利用できる」「加工しやすい」といった特性があります。これらの特性も重要ですが、金型も金属で作られているので溶融温度が他の金属よりも低いアルミ合金は、金型を傷めにくいという理由も非常に重要視されています。さらにアルミは他の金属と合成する事がしやすいので、アルミニウムの弱点を補ったり、他の金属の良い部分を取り入れやすいというメリットもあるのです。

比較的細くて長い製品の生産に向いているとされていたアルミ押出ですが、近年では大型の押出機械の生産が可能になったため、大型のビルの鉄骨などの生産にも活用されています。
太陽パーツではアルミ押出の金型の製作、製品の生産までを請け負っています。高い生産性で短納期の製品にもできるだけ対応しております。お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

加工性が良く需要の多いアルミニウムの豆知識~②~

今回も前回に引き続きアルミニウムについてお話します。アルミニウムがさまざまな製品に使われるようになった理由の一つとして、非磁性であるという特性があります。そのため磁気を帯びると困る製品にはアルミニウムが使われるようになったのです。
パラボラアンテナやコンパス、計測機器や電子医療器具なども磁気を嫌います。ほかにも様々な分野でこの特性が注目を浴びており、今後も活用の幅が広がります。
しかも通電性が高く銅以上の通電性があり、現在では銅からアルミニウムの高圧線や送電線のおよそ99%を担っているのです。

自動車部品にもよく使われるようになった背景には、アルミニウムの熱伝導性と軽さと丈夫さが関係しています。特に自動車やバイクのエンジンにはアルミニウムが適しているのです。
熱伝導率が良く電気通電性が高いだけではありません。低温にも非常に強いので宇宙開発や超低温で生産される最先端の分野でも活用が期待されています。
また溶融温度が他の金属よりも低いので、金型を傷める事なく製品の生産を行う事ができます。アルミダイカストやアルミ押出などの技術がさらにアルミニウムの活躍の場を広げたと言っても過言ではないでしょう。

溶接やはんだ付けにリベット接合など接合のしやすさも注目すべきです。さらに他の金属と違ってガス放出率が小さいため、真空装置などにも使われています。
そして他の金属よりも特に優れているのはリサイクルのしやすさです。例えば不良品が出たとしても溶かしてまた再利用する事が可能です。材料を無駄にする事が無いのでエコを求められる時代にマッチした金属なのです。
これらの特性があるからこそアルミニウムは世の中に広く普及し需要が高まっているのです。

太陽パーツではアルミニウムを使った製品の生産を迅速に行っています。短納期であっても可能な限り対応できるよう努力をしています。
また、金型の技術から生産を行っておりますので、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

加工性が良く需要の多いアルミニウムの豆知識~①~

アルミニウムは白金の美しい金属です。アルミニウムというと1円玉が頭に浮かぶかもしれませんが、アルミニウムは非常に多くの分野で使われている金属の一つです。

なぜこれほどまでにアルミニウムが利用されているのかを簡単に説明しますと、アルミニウムは他の金属には無いさまざまな特徴があるからなのです。
その一つがとても軽い金属であるという点です。同じ大きさの鉄と比べても軽さは全く違います。それは金属の比重を比べれば一目瞭然です。
鉄の比重は7.85ですがアルミニウムは2.8しかありません。例えば直径10センチで長さが10センチの塊があったとします。これを鉄で計算すると以下の計算式になります。
50(半径)×50(半径)×3.14×7.87=6.178
ではアルミニウムはどうかというと以下の計算式になります。
50(半径)×50(半径)×3.14×2.8=2.198
同じ大きさの塊でもおよそ1/3しかありません。

これだけの差があると製品の軽量化を行うのに最適な金属です。しかもアルミニウムは意外と丈夫な金属なのです。

例えば耐食性がとても良い金属です。空気中にさらされると酸化被膜を自ら精製するため、腐食を防止してくれるので強さや美しさを長持ちさせる特性があります。
さらに比強度といって単位重量当たりの強度が非常に高いです。もちろん純度の高いアルミニウムは柔らかい性質なので、硬度を高くするためには他の金属を添加する必要はあります。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

あらゆる分野で用いられる押出し形の種類~②~

前回に引き続き押出しの形についてご紹介させて頂きます。

ホローは断面を見ると中に中空部がある製品を作る時に使用するダイです。イメージとしては中空部がある製品の形状の金型を作って製品を生産すると思うかもしれません。
ですが多くの場合はダイにポートという部分が数か所あり、それぞれにアルミが分断されて出てきます。そしてブリッジという部分で接着されて中空部が作られます。
つまり一度別々に金型を通って再びくっついて一つの製品となるわけです。ソリッドとの違いはポートというパーツとブリッジというパーツがある事です。

当然金型を作る時にはバックダイ、フロントダイ、ポート、ブリッジを制作するので、形状や大きさによってはそれなりのコストがかかります。
セミホローは特殊なダイです。セミホローで製品の加工を行うケースは少ないのが現状です。加工の性質上どうしても中空部にゆがみや強度の問題が出る事が多いのです。
そのためセミホローダイを使うよりも、ホローダイを使って生産される事が多いようです。さらにセミホローはダイにかかる費用も比較的高額になるので、必ずしもセミホローを活用するという例は少ないでしょう。

太陽パーツではアルミ押出の技術はもちろん、金型の製造にも力を入れています。より良い製品かつ複雑な形状であってもお客様に満足いただける製品の生産をお約束しています。
詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

あらゆる分野で用いられる押出し形の種類~①~ 


アルミ押出はあらゆる分野で活躍している加工技術です。

航空機や船舶用のアングルやチャンネルといった形状のものが生産されていました。
簡単な形状のものが多かったのですが、その後は技術の進歩でさまざまな形状の金型の生産が可能となったため、建具などの生産にこの技術が活用されるようになりました。

この背景には戦後の高度経済成長によって、多くの方々がマイホームの建築や商業用ビルなどの建設が行われるようになったため、質の良い建具を大量生産する必要が出たからかもしれませんね。

現在も建具の生産にはアルミ押出の技術が活用されていますが、建具以外にもさまざまな分野での需要が高まり、それにつれてさらに金型の精度も上がってきました。
アルミ押出の金型はダイという呼び方をします。初期のダイの形状はH型をした形状であったり、細い円であったり単純な形状が多く、現在でも銅線やアルミ線などの生産に利用されています。
アルミ押出のダイの種類は豊富です。必要な形状にするためにはその形状に適したダイを使います。
例えばH型やL字型などの形状の製品を作るのに使用されるのがソリッド、断面に中空部がある形状のものをホロー、中空部の一部に切れ込みが入っているのをセミホローと言います。
最も単純な形状であるソリッドのダイは、単純な形状ながら単体で作られる事はなく、バッカーというダイの支えやボルスターやサブボルスターを同時に生産するケースもあります。
ダイの大きさにもよりますが金型を作る時にはそれなりに費用がかかる場合もあるのです。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミニウムの特性と相性が良い押出し成形

押出し成形は金属加工技術の一つです。

ダイスと呼ばれる金型を使って、主に長材の製品を生産する時に利用される技術です。
自由度が高く複雑な形状の製品を作る事ができるため、電線や建具などの建材にも多く利用されてきました。とても素晴らしい加工技術ですが、どんな金属でも製品を作れるというわけではありません。
それは製造方法に特徴があるからです。押出し成形は温めた金属を高圧でダイスに通して製造するため、硬い金属で製品を作る事が難しいのです。
だからアルミニウムが押出し成形に使用されるのです。アルミニウムはどの金属よりも「柔らかい」という特性を持っています。比較的低温で柔らかくなるのも押出し成形に適しています。
アルミニウム単体で製品の生産を行うのではなく、アルミニウムを溶かしてマグネシウムなど他の金属を添加させ、アルミ合金のビレットを製造します。
ビレットを熱して柔らかい状態にして、高圧でダイスを通して製品の形状を作るのです。その様子はまるで「ところてん」のようです。ただしところてんとは違い中空の製品が多いという点です。
ダイスは小さなものから大きなものまでありますが、柔らかくなった金属(アルミ合金)を押し当てて、ダイスのオス型からメス型へと立体的に押し込まれていきます。
メス型を通って出てきた時に初めて筒状の製品が出てくるのです。出てきた長材は30m~50mほどの長さがあります。この時最初に出てきた製品と最後に出てきた製品とに時間の差ができます。
冷える時間が違うため歪みが出たり反ってしまう事もあるので、両端をストレッチャーという装置で引っ張って矯正するわけです。これを3m~6mの長さにカットして焼き入れするのです。
この焼き入れは製品の強度を上げるためです。こうした作業も他の金属だとうまくはいきませんが、アルミニウムは軽く柔軟性があるので作業が簡単です。
さらにこの後小さな穴を埋める処理が施され、腐食への強度を出すためにアルマイト処理が施されるのです。溶けやすく(溶融温度が低い)柔らかくて軽く、さらに処理をすると美しい仕上がりになるのでアルミニウムが適しているのです。

太陽パーツではアルミの特性をうまく利用して、アルミ押出し成形を行っております。国内だけではなく海外の工場も駆使してお客様の要望にお応えしております。
アルミ押出し成形での製品の生産を検討しているのでしたら、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミが押出技術と相性が良い理由

アルミ押出の技術は長材を作る時に適した加工技術です。

まず押出ってなに?と疑問に思う方に簡単に説明をすると、ところてんのように容器の中に材料を入れて後ろから押して別の形に製品を生産する技術です。
ただしその加工をアルミ合金を使って行います。押出で生産される製品の形状は「ダイス」と言われる型の形に製造されます。筒状のものや建具のような形状など様々な形に製造する事が可能です。
押出に使われる材料ですがアルミ合金を使います。なぜアルミ合金が使われるのかというと、柔らかく軽く強い製品が作れるという点と、表面処理をしやすいという点、そして比較的低温で加工が可能という特性があるからです。
アルミ押出での製品の生産ですが、ダイスと言われる金型におよそ500度の熱で柔らかくしたアルミ合金を高い圧力で押し込んで加工していきます。
この時の製品の長さはおよそ30m~50mです。これを冷やして固めるのですが、製品が長いため反りやゆがみなどが生じます。これは冷える時間が均一ではないからです。
そのため両端を引っ張って反りやゆがみを強制するのです。冷えた製品は3m~6mほどの長さにカットされ、焼き戻しをするためにテンパー炉という炉に入れて強度を高めます。
アルミというのは錆びませんが、実はアルミニウムは薄い酸化被膜に覆われています。耐食性に優れた素材なのですね。この耐久性をさらに高め美しい仕上がりにするために表面処理を行うのです。
この処理を「アルマイト」と言います。アルマイトは陽極酸化皮膜処理の事ですが、この処理をする事でさらに耐食性が高まるものなのです。もちろん装飾の意味もあります。
アルマイト処理を行った後に、封孔処理というアルマイト後にできる小さな孔をふさぐための処理を行ったり、電界着色を行って着色する事も可能です。
他の金属だと柔らかくなる温度が高かったりするので、ダイスを使った加工には不向きなのです。これがアルミ合金が押出に使われる大きな理由となっているのです。
また、アルミはコストパフォーマンスも非常に良くリサイクル性も高い事も適しているのですね。

太陽パーツではアルミ押出技術を使った製品の生産を迅速に行っています。短納期であっても可能な限り対応できるよう努力をしています。
もしアルミ押出の技術で製品の生産を検討しているのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

一工程で成形が出来る!アルミ押出加工のメリット

アルミ押出加工は建材や長材などを生産する金属加工技術の一つです。わかりやすい製品と言えばアルミサッシの窓枠といったらわかりやすいかもしれません。
今回は、アルミ押出加工のメリットをいくつかご紹介いたします。

アルミ押出加工はアルミニウム合金の塊を使って製品の生産をします。材料はビレットという円柱形のアルミニウム合金です。
このビレットを約400℃~500℃にまで加熱して「ダイス」と呼ばれる金型に高圧で押し付けます。高圧で押されたアルミニウム合金はダイスの中を通って反対側から出てきます。
この時、すでにダイスの形のまま細長く製品を作り出す事ができます。
アルミ押出加工のメリットは一工程で製品の成型が可能であるという点です。必要な長さにカットするという工程を除くとダイスを通れば製品が完成します。
ダイスの形状によってさまざまな形の製品を生産できるという点もメリットです。近年ではダイスの精度も高くなっているので、寸法精度が厳しい製品を作る事も可能です。
より複雑な製品の生産も可能で、中空の製品や複雑な断面図の製品を作る事も可能であるというのもメリットです。
仕上がりもとても美しいため表面処理を行うのも簡単です。アルミ押出加工は比較的自由な形状を作る事ができるため、より複雑な形状の長材を作る事が可能です。
また、ダイスの金額も金型の中では比較的安価なため、小ロットから製品の生産をする事ができる点、そして当然大量生産をする時にも低コストで生産する事が可能ですね。
材料を無駄にする事もありませんのでエコな生産技術だというのもメリットの一つだと言えるでしょう。

太陽パーツでは小ロットからの生産にも対応しております。ご要望に応える金型の製造も行っております。短納期についての対応なども可能です。
アルミ押出加工の事でお困りなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 1112345...10...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > アルミ押し出し


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.