太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

古い鋳造法の中でダイカストが優れている点とは?~2~

今回も前回に引き続き、鋳造法の中でダイカストが優れている点についてお話したいと思います。

ダイカストは金型の精度も高いため、製品もかなり精度を高くする事ができるのも、鋳造方法の中でダイカストが優れているという点ではないでしょうか。
ただし、ダイカストにもデメリットがあるのは否めません。それは精度の高い金型を作るため、大量生産をしないケースではコストが高くなってしまうという点です。
ダイカストで製品の製造をする場合、金型をより複雑にする事が可能なので、どうしても金型にお金がかかってしまう事や、ダイカストに使う金型に使う材料が大量になる事が原因です。
太陽パーツでは、より精度の高い製品を作るための金型を製造するときに、ベース部分から金型を切り離しています。
この方法ならダイカストの良さをそのままに、金型にかかる費用はこれまでの半分の金額でできるので、ロット数が少なくてもコストは高くなりません。

太陽パーツではコストの削減のできるエコダイカストで製品の製造をしています。金型にかかる費用がこれまでの半額で済むのです。
小ロットでコストの事が心配な場合でも、想像以上に低コストでダイカストを利用する事ができる太陽パーツをぜひご利用ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

古い鋳造法の中でダイカストが優れている点とは?~1~

現在は様々な鋳造技術がありますが、ダイカストの技術は数ある鋳造法の中でも、最も素晴らしい加工技術で最も利用されている製法だと言えます。
なぜ、古い歴史のある鋳造の技術の中で、現在ダイカストが優れていると言われているのでしょうか? その理由についてをお話ししましょう。

ダイカストという技術は特殊鋼と言われる鋼材を使った金型を作り、その金型をダイカストの機械にセットして、溶けた金属を流し込んで圧力を加えて冷やし固めます。
利用される金属はアルミニウム、亜鉛、マグネシウムなどの合金ですが、金型自体が精度の高い製品を使っているのと、ダイカストの技術の融合によって、短時間で精度の高い製品を作る事ができるのです。
他の鋳造技術も使われていますが、ダイカスト製品の場合は、加工した製品の表面も美しく、のちの処理がしやすいというメリットがあります。
加工する時間が短くて済むので、大量生産にとても向いている加工技術であると言えるでしょう。例えば一つの金型を使って何万個もの製品を作り出すことができるのです。
他の鋳造方法と比べてもその生産性の高さは群を抜いていると言えます。何よりも製品をより薄く作る事が可能です。
そのためこれまでプラスチックで作られていた製品よりも軽くて丈夫な製品を作る事ができるようになったのです。軽量化しても頑丈な製品が欲しい場合にはやはりダイカストが一番というわけです。

ダイカストで製品を作りたいのならば、ぜひ一度太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト用合金の種類を知ろう【その2】

今回も前回に引き続き、ダイカスト用合金の種類についてお話いたします。

前回お話したアルミニウム合金に次いでよく使われている素材が亜鉛合金です。亜鉛合金は軽くて高い鋳造性を持ち、機械的性質が良い事で知られています。
電気の伝導率が高いのが銅合金です。熱伝導率が高い事でも知られていますし、耐蝕性に優れているのもダイカストで利用されている理由です。
住宅のドアノブに銅が使われている事が多いのは、あれは実は動画殺菌作用を持っているからです。だからドアノブをダイカストで作る時に銅合金が利用されることが多いのです。
マグネシウム合金がダイカスト製品に利用される頻度が高いのも理由があります。マグネシウム合金は比強度が最大の金属なため、薄くても丈夫なため自動車などの部品に使われるようになったのです。
このように、ダイカストには様々な合金が使われている事がわかりました。製品に欲しい性質を持った合金を使えば、効率よく製品を作り出すことができますよね。

太陽パーツではダイカストの技術はもちろん、部品に必要な特性に合わせた製品を作るのにも長けています。
詳しい情報やお見積りがあるのならば、お気軽にお問合せしていただければ幸いです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト用合金の種類を知ろう【その1】

ダイカスト用の合金は一つではありません。大雑把に言ってもアルミ合金にマグネシウム合金、亜鉛合金に銅合金そして鉛や錫合金があります。
これらの合金はどのような特徴があるものなのでしょうか? それぞれの合金の特徴についてを簡単に説明しましょう。

まず最もダイカストに利用されている合金が「アルミニウム合金」です。アルミニウム合金と一言でいっても、製品の特性によって調合が変わってきます。
アルミニウム合金はJIS規格で14種類と規定があります。製品を作る際にはこの14種類のアルミニウム合金の中から、最も理想的な合金を選んで製品を作る事になるのです。
アルミニウム合金の中で一番利用されているのが「ADC12」という合金で、機械的性質や被切削性、鋳造性が高いという特性を持っているので、ダイカストには最適だと言われています。
他にも鋳造に使われている合金はありますが、すべての合金が鋳造に適しているとは言えないので、最適な合金を選ぶようにするといいでしょう。
アルミニウム合金は軽くてリサイクル性が高く、強度が意外と強く、耐食性が高く、電気を通して非磁性、そして毒性がなく仕上がりが美しいのが特徴です。
だから現在日本ではアルミニウム合金が最もダイカスト製品に利用されているのです。

太陽パーツでは高い技術によって、数多くのダイカスト製品を製造してきました。もちろん金型から一貫して生産のお手伝いもいたします。
ダイカスト製品のご相談については、ぜひお気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金属加工業界から高い評価を得るダイカストの強みとは?

これだけ世の中に加工技術があふれている時代なのに、なぜ金属加工業の中でもダイカストという加工方法が高い評価を得ているのか
をご存知でしょうか。
それはダイカストだけにある強みがたくさんあるからです! 例えば初期の頃とは違って、製品の制度が高くなったという事が理由とし
て挙げられるでしょう。

技術の進歩は目覚ましく、初期の頃のようにとにかく精度よりも大量生産を目的としていた時代とは違って、金型の制度の向上によっ
て超高精度の製品を造り出す事が可能になったのです。
しかも超高精度の製品を短時間で大量生産する事が可能なので、より良い製品をより安く提供する事ができるため、高い評価を得てい
るというわけです。
さらに、ダイカストは高圧で製品を製造するために、強度に優れた製品を造り出す事が可能です。強度が必要な製品を大量生産するの
にはダイカストが最適というわけなのです。
もちろん強度が高いという事は、品質も優れていますし耐久性にも優れた製品を造り出す事が可能なのです。
精度の高い金型を使う事で薄肉の製品を製造する事も可能になったため、当然ですが軽量化した製品や部品を造る事が可能となります


さらに、ダイカストで製造された製品というのは、表面がすでに美しく仕上がっているため、表面処理を行う時にも簡単に美しく仕上
がる事でも知られています。
そして何よりも優れているのは、他の金属加工にはない優れたリサイクル性がある事です! 材料を全く無駄にする事なく繰り返し製品
を製造できるのも特徴です。
このようにダイカストは他の金属加工には難しいとされている、あらゆる分野で高い評価を得ている加工技術なのです。不良率が大変
低いのでリスクを極力軽減させる事だって十分に可能なのです!

太陽パーツではより美しい製品を大量生産できるよう、金型技術の向上にも努めておりますので、ダイカストでの製品加工や金型の事
でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの利点を最大限に活用しよう!

部品の加工をするのなら製品の特長を活かした製造方法を選ぶべきです。
なぜそうするべきなのかというと、適した製造方法で製品を加工すると、それだけコストが下げられるというのもありますし、何よりも効率よく製品を提供する事ができるからです。
しかもできるだけ生産性の高い生産方法が必要ならば、最適な製造方法を見つけるのが一番です。
中でもダイカストは他の加工技術と比べても、「生産性」「強度」「精度」「軽量化」の全ての面で優れた技術だと言えるでしょう。
ダイカストの利点は8つあります!

まずは高い生産性です。ダイカストは短時間に同じ製品を大量精算する事ができるので、同じ製品を大量に生産するのならばダイカストの技術を利用するのが一番でしょう。
また、生産性の高さだけではなく製品の強度が高いのもメリットであると言えます。さらに製品の形状が複雑だったとしてもインサートなどを使えるので、複雑な製品にもきっちりと対応する事ができるのです。
さらに丈夫なので軽量化したいと思っている場合にも対応できます。最近の金型はとても精度が良いので、肉薄の製品を大量生産できるというメリットがあるのです。
表面処理をする製品でもさまざまな表面処理ができるので、研磨はもちろんですが塗装やメッキを必要とする製品にも最適な製造方法です。

【様々な製品の製造に適した製造方法がダイカスト】
機械の部品を作るにもダイカストは最適です。電子部品の製造をするにしても、ダイカストの利点を最大限に活用すれば、安定した生産性と性能の製品を作る事ができるというわけです。
しかも使用する材料は軽い金属なので製品の軽量化をするのにも適しています。これまで数多くの製品の軽量化ができたのも、安定した製品の部品の供給ができるのもダイカストを利用する利点だと言えます。
ただし大量に製品を生産する場合にはそれほど問題にはならないのですが、小ロットの場合にはコストが高くなってしまう事もあります。
それは金型の製作のコストが高いからで、そのコストも製品の生産数が多ければ解決できますが、一般的な金型だとどうしても小ロットだとコストがかかってしまうのは仕方がない事なのです。

太陽パーツではコストの削減のできるエコダイカストで製品の製造をしています。金型にかかる費用がこれまでの半額で済むのです。
小ロットでコストの事が心配な場合でも、想像以上に低コストでダイカストを利用する事ができる太陽パーツをぜひご利用ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストが地球や環境に優しいのはなぜ?

どんな製品を作るにしても材料の切れ端は残ってしまうものです。それは衣服の製造にも言える事ですが、金属加工業でも材料全てを製品に充てる事はできません。
切粉と言われる切りくずが出ますが、この切粉は一か所に集められて業者にゆだねる事になるのですが、よく考えてみるとこの切粉を含めた製品の価格になっているのです。
かと言ってリサイクルをするのは意外と難しいものですよね。繰り返し削った金属を使えればいいのに……。
それを実現したのがダイカストという製造方法なのです。今回はダイカストはどうして地球や環境に優しいのかをお話ししていきましょう。

・アルミ合金を使う事でリサイクルが容易
ダイカストはアルミ合金などの金属を熱して溶かして成形します。成形する時には金型に金属を流し込んで、金型の中で冷えて固まります。
そのため基本的に他の金属加工に比べると端材が出にくい事で知られています。もちろん全く端材が出ないという事ではありません。
日本で年間150万トンもの製品が作られていますが、その内アルミダイカストで使われるアルミニウムは100万トン、そのほかの鋳造で使われるアルミニウムが50万トン程度あります。
実際に余ったアルミニウムをリサイクルしているのはおよそ90%です。もちろんアルミダイカストにだけ再利用されるのではなく、他の金型鋳造でアルミダイカストで出た端材を使う事も多いようです。
こうした事から、ダイカストは地球や環境に優しい加工方法であるという事になるのです。

・ダイカストでリサイクルをする時の注意点
ダイカストはリサイクルできるので地球や環境に優しい加工技術ですが、注意しなくてはならない事もあるのです。
例えば材料には微量ながら他の金属や物質が混ざっている事になります。他の鉱物が混ざる事による製品の影響についても考える必要があるのです。
そのため廃棄する金属を再利用する時には、分別する時に細かく分類して製造に使う必要があります。
しかしこうした分類に使う作業というのはとても大変な作業です。だからこの作業をなるべく少なくするためにも、製品の製造をする時にできるだけ無駄がでないように金型を作るのです。

太陽パーツでは地球や環境に優しい技術、ダイカストでの製品加工を行っています。もちろん無駄を抑えつつリサイクルを行い、コスト削減を実現したい企業に貢献しています。
ダイカストでの部品生産を検討しているのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと他の鋳造法との比較【2】

前回に引き続き、今回はダイカストと他の鋳造法とを比較していきます。

・砂型鋳造との比較
砂で型を作ってそこに溶けた金属を流し込んで製品の製造をする砂型鋳造のメリットは、大きな製品を鋳造する事ができるという点です。
また、ダイカストの欠点である小ロットの生産に向いています。ダイカストでは鉄や鋼といった金属は使えませんが、砂型鋳造では鉄や鋼などでも加工が可能です。
ダイカストと比較すると試作期間が短めなので、速く部品が必要だという場合には有利でしょう。

・鍛造鋳物との比較
鍛造鋳造は金属を鍛えるため密度が高い事で知られています。密度が高いという事は機械的性質が優れているという事になります。
他にはやはり鉄や鋼といったダイカストでは使えない金属を使う事が可能なのもメリットではないでしょうか。さらに肉厚な部品を作りたいという場合にも有利でしょう。
内部品質が安定しているという事にも注目すべきでしょう。

・金型鋳造との比較
現在のダイカストはより複雑な製品の製造ができるようになっていますので、金型も複雑な形状となっている事が多いのですが、比較的金型構造が簡単なので費用が安くなるのはメリットです。
ダイカストよりも合金の種類が多いので、ダイカストではできない材料の場合には有利だと言えます。
空気の巻き込みが少ないのも特徴かもしれません。巻き込みによる巣が入りにくいのもメリットだと言えますし、ダイカスト製品よりも熱処理がしやすかったり溶接が簡単なのもメリットですね。
比較してみるとそれぞれのいい部分が見えてくる
同じ鋳造の技術が使われているといっても、それぞれ違うメリットがあるという事がわかります。
どの方法で生産するのかは自由ですが、やはり使う材質や形状そして部品の大きさなども考慮しつつ、最適な加工技術を使って生産をするよう検討されてみるといいでしょう。
特にコストの削減や材料を再利用する事ができるダイカストはエコな製造方法でおすすめです。

いかがだったでしょうか? ダイカストという鋳造技術と他の鋳造技術についてを、簡単ではありますが比較してみました。
アルミ合金を使って部品を大量生産したいという場合には、アルミダイカストにすればコストも安く、生産性も高いので活用してみるといいでしょう。
ですが鉄やほかの金属を使う場合には、その金属の加工が得意な鋳造法を選択するなど、適材適所で安定した製品の製造を検討されるといいですね。

ダイカスト製品のご相談については、ぜひお気軽に太陽パーツへご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと他の鋳造法との比較【1】

ダイカストというと生産性が高くて均一に制度の高い製品を大量に作る事ができる技術なので、どうしても他の鋳造法とはちょっと違います。
実はダイカストだけではなく他にも鋳造法を用いた製造方法があります。それぞれに特徴があってメリットやデメリットがあるものです。
今回は、ダイカストと他の鋳造法を比較してみる事にしました。まずはダイカストについてわかりやすく説明いたします。

・ダイカストは高い生産性と低コストな鋳造法
金型を使った鋳造法の中で、ダイカストはどの鋳造法より速く製品を鋳造する事が可能な技術です。
さらに、製品の加工を行う時にたくさんの職人は必要ありません。セットしてしまえばスムーズに作業を開始する事ができ、連続で製品を製造できます。
製造された製品は高い寸法精度があり、表面が他の鋳造よりもなめらかである事が多いため、美しい部品を短時間で大量生産する事ができる技術であると言えます。
また、金型を一度作ると数千個~数万個製造する事が可能なので、コストを削減したい場合にも有利でしょう。
また、薄肉の製品を鋳造する事ができますが、厚みが欲しい部分があれば望み通りに製造する事が可能です。
太陽パーツではダイカストのコストをさらに削減できる、エコな金型を用いて加工を行います。少しでもコスト削減を検討されているのであれば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト製品の代表的な部品

ダイカストは解けた金属を金型に流し込んで冷やして固めて部品の製造をする事ができる金属加工の技術の一つです。
ただ金型に溶けた金属を流し込むのではなく、圧入して固める事で製品の製造を行っていますので、昔とはくらべものにならないくらいの寸法精度の高い製品を作れるようになった技術なのです。
今回は、ダイカスト製品の代表的な部品についてを、できるだけわかりやすくまとめてみました。

・ダイカストの技術が活きる部品の数々!
金型を使って高い精度の部品を製造する事ができるダイカストの技術は、世界中で利用されているだけではなく、世界中で技術が向上している加工技術です。
大量生産が可能な事もあって、自動車部品や船舶の部品といったような、産業には欠かす事ができない重要な分野で広く使われている技術です。
では具体的にどんな部品が生産されているのかを見てみましょう。

・自動車のエンジンや部品など
ダイカストで生産されている代表的なものと言えば、やはり自動車をおいて他にはないでしょう。
自動車の部品の中でも特に重要でもあるエンジンの部分の生産を行っている事が多いのはもちろんですが、その他の自動車部品の製造でもダイカストは利用されています。
例えばエンジン部分ではシリンダーブロックの生産や、クランクケースといった部分を製造していて、他にもトランスミッションケースやトランスファーケースといった部品の製造にも活用されています。
近年では自動車のほとんどの部品の製造に、ダイカストの技術が活かされているのも事実です。

・オフィス製品にも使われている
パソコンにもダイカストの技術が使われています。ダイカストは金属だけを加工する技術ではありません。
プラスチックなどの製品にも使われている技術です。パソコンのキーボードやマウスなどはもちろんですが、パソコンの本体やモニターなどの部品の多くもダイカストの技術が使われています。
パソコンを使う人は必ず持っているプリンターや、オフィスなどで使われているファクシミリなども、ダイカストの技術が使われています。
趣味の分野ではカメラや釣り具などにも活用されています。思った以上にダイカストで作られている製品は多いのですね。

いかがだったでしょうか。ダイカスト製品の代表的な部品にどんなものがあるのかがわかっていただけたのではないでしょうか。
どの製品も生活をするのに必要不可欠な重要なものばかりだと感じた方も多いかもしれませんね。
今後もダイカストの技術は使い続けられる事でしょうが、今後は今まで以上に重要な部品の製造もおこなわれていく事でしょう。
太陽パーツでは高い技術によって、数多くのダイカスト製品を製造してきました。もちろん金型から一貫して生産のお手伝いもいたします。
ダイカスト製品のご相談については、ぜひお気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

2 / 2712345...1020...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.