太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

アルミダイカストの製造工程と金型コスト


アルミダイカストは、アルミニウム・ダイ・キャスティングの略で、しばしばADCと呼ばれることもあります。

ダイカスト製法で合金を作る際、高速で、溶融金属が注入されるため、溶融金属は流動的である必要があります。この流れが悪ければ溶融金属は流し込まれる金型内壁に焼き付いてしまうことがあり、金型の破損につながります。

そのため、アルミニウム合金をダイカスト鋳造する際に、Fe(鉄)が添加されます。
流し込まれた金属は、冷たい金型の温度に触れるため、急速に凝固し、製造サイクルの一工程は比較的短いため、短期間で大量生産が可能になります。

この短時間で凝固することを”急冷凝固”と言います。
急冷凝固による製造法の場合、金属の中に含まれている不純物が機械的性質に及ぼす影響が少なく、鋳造の原料に不純物が比較的多く含まれる再生金属を利用できるため、コストメリットが大きくなります。
急冷凝固は、砂型によるゆっくりとした凝固に比べ、金属の組織が緻密になるため、機械的性質が向上するというメリットもあります。

また、ダイカスト金型は高精度のものが鋳造できますが、素材には耐熱鋼などが用いられるため高価になります。ただし、短時間で大量生産ができるため、コスト面でも優れた鋳造法であるといえます。

太陽パーツでは、そんな高価なダイカスト金型の製作費用を半分に抑える製法、【エコダイカスト】の提案を行っております。
製品製造のコストを抑えたい場合など、ぜひお気軽にご相談ください。
切削加工などの他の加工法で製造されている場合でも、ダイカスト化することでコスト削減につながる可能性もございます。

まずはお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

特殊なダイカスト鋳造法~スクイズダイカスト~

ダイカストと一言にいっても、実は様々な方法で行われている製造法になります。
本日は、その中でも特殊なマシンを利用したダイカスト鋳造法について、ご紹介します。

おそらく聞かれたことが多いと思われるタイプで、「スクイズダイカスト」と呼ばれるものがあります。
スクイズダイカストは、通常のダイカストマシンが横型と呼ばれることに対し、縦型と呼ばれることがあります。

通常のダイカストマシンでは横向いたスリーブに溶湯を充填し、そのまま射出する方法ですが、スクイズダイカストはスリーブと射出機構が型に対して垂直に配置され、下から上へ射出機構が動作することで鋳造する方法のダイカストになります。溶湯補給する際には射出部分が傾斜し、給湯した後で元に戻り、射出動作へ転じます。

このスクイズダイカストを行うメリットとしては、下から上へ射出するため、空気が金型に充填される際に溜まることがなく、ガスの混入が抑えられるというところが特徴です。また、ガスが抜けるため、横型では高真空やPF法が必要な溶接対応、熱処理対応が必要な製品でも特殊な装置がなくとも生産できることもメリットのひとつです。

逆にデメリットとしては、射出機構が縦なので、マシン自体の高さが必要となり、上下方向に大きなマシンとなります。また、マシン自体が特殊なため、コストが高いことも出てきます。

ダイカストで問題や悩みをお抱えの方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

さまざまなアルミダイカスト製品

アルミダイカストは、溶かしたアルミニウム合金を鋳型に入れ、強い圧力をかけて鋳造する方法をいいます。最近では、デジカメ、パソコン、携帯電話や、事務用品から日用品まで幅広い製品が生産されています。
また、アルミダイカストと同様にマグネシウム素材でダイカストを行うマグネシウムダイカストも非常に多く用いられています。

アルミダイカストは、軽くて丈夫でありながら優れた寸法精度の製品を比較的短時間で大量に生産することが可能となっているので、以前から自動車関連部品にも多く取り入れられています。例えば、アルミホイールや、自動車のドアボディやボンネット等がアルミダイカストによって生産されています。

そして、アルミダイカストは新幹線のボディや台所のシンク、なべやフライパン等を生産する際にも用いられています。その他にもアルミダイカスト製のフロアパネル、すなわち床板もあります。主にアルミダイカスト製のフロアパネルが用いられる場所は、精密機械を扱う電算室フロア等で使われています。

さらに、住宅用カードキーや、ルーフレール、そしてフォグランプ等もアルミダイカスト製品となっています。また、紙幣両替機部品等の細かく複雑な形をした部品も、アルミダイカストによって、寸分違わぬように迅速かつ大量に生産することができます。

しかも、アルミダイカスト製品は、アルミニウム素材を用いられていることから、リサイクルが可能であり、環境にも優しい素材となっています。


太陽パーツでは、そんなアルミダイカスト製品の鋳造を、どこよりも安く、短納期、高品質でお届けしております。
コスト削減や小ロット生産などのお悩みをお抱えの方は一度ご相談ください。
お客様のメリットを考えたご提案をいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミニウムを素材としたダイカストの特長と用途

アルミダイカストの用途といえば、すぐに自動車部品をイメージすることができるのではないでしょうか?
自動車の製造においてはなくてはならないのが、アルミダイカスト製品です。

一般的に言われているアルミダイカストとは、溶かしたアルミニウム合金を鋳型に流し込み鋳造する方法、あるいはこの方法で製造された製品をさしています。

ちなみに、アルミダイカストのアルミはアルミニウムという金属元素のことで、

①鉄の約3分の1という軽さ
②導電性が高く電気をよく通す性質を持っている
③熱伝導性が高く熱が伝わりやすい
④耐食性に優れており腐食しにくい
⑤加工が容易

アルミニウムはこのような特長を備えている、優れた金属素材です。

またダイカストは、ダイキャスティングの略で、ダイ(Die)=金型+キャスティング(Casting)=鋳造で、金型鋳造という意味です。

アルミダイカストの特徴としては、精密で肉厚の薄い加工が可能で、大量生産に適している点があげられます。
近年、自動車のCO2排出削減のための燃費改善要求にともない、鋼材に代わってアルミニウムを使用することで車体の軽量化を進めようとしており、従来にも増して自動車部品としてのアルミダイカストの用途が増えています。

こうした新たなアルミダイカストの用途に対応するため、ダイカスト技術の進化とともにアルミニウムダイカスト合金の開発も進められています。


太陽パーツでは、アルミダイカストの中でも、金型費用が半額になり、50個からの小ロットにも対応できる”エコダイカスト”の製法をお届けしております。
エコダイカストとは何?と思われた方は、お気軽に太陽パーツまでお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの最新技術について

近年、自動車のマルチマテリアル化に対応してダイカストの分野でもアルミダイカストの最新技術の開発への取り組みが行われています。

あるダイカストメーカーでは、アルミダイカストの製造工程で、鋼材とスポット溶接で接合できる鋼板を一体化する技術を開発しています。これにより骨格部材として使用される鋼材をスポット溶接でダイカスト部品に直接接合できるようになりました。
この新たに開発された複合化技術によって、ダイカスト部品と接合子はスポット溶接による接合を上回る接合強度で一体化させることができ、骨格部材や足回り部品等、幅広い分野へのアルミダイカストの適用が可能となったのです。

また、アルミ鋳造技術の研究開発分野では、比較的温度の低いアルミ溶湯を下部から金型に注入し、真空状態で上部から下向き方向に高圧プレスすることで、熱間鍛造に匹敵する高品質なアルミ鋳造を可能にする技術なども開発されています。
この技術により、鍛造に近い品質をダイカストと同程度のコストで、アルミダイカストにとって新たな可能性を広げるものです。

その他にも、肉厚の変動が大きく押湯が効きにくいといった問題を解決するため、押湯を高周波で強制加熱することで指向性のある凝固を促進して、引け巣を防止するといったアルミダイカストの最新技術なども開発されており、高品質が要求されるアルミダイカストへの対応も日々進化しています。


太陽パーツではダイカスト鋳造に強みを持ち、小ロット生産、短納期、不良対策、コスト削減など、お客様にとってメリットのある製法を考えご提案しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造の特長とできること

ダイカスト鋳造法は加圧した状態で溶融金属を流し込むため、製品の肌面が美しく、製品精度の向上が期待できます。しかも、砂型鋳造法に比べ、水蒸気爆発(砂に含まれる水分による)などの危険性もありません。

木型などの中子を利用して砂型を成形する必要がないので、作業工程を機械化することができ、人件費の削減につながり、またダイカストマシンを利用した大量生産も可能になります。

また製品化されたパーツの製造を工程化すれば、コスト削減にもなります。
溶湯(溶融金属)が加圧されるので、金型の細部まで溶湯が行き渡り、精密な製品を鋳造できます。
そのため、ダイカスト製法は砂型鋳造では難しい、精密部品の鋳造に適している方法でもあります。

ダイカスト製法の中でも、特に経済的で、鋳造しやすい合金はアルミニウム合金です。
アルミニウム合金を利用したダイカストを”アルミダイカスト”と言います。アルミニウム合金は、機械的性質や成形鋳造性にも優れているため、主に自動車産業での適用がなされ、ダイカストへの依存度が高まっている傾向にあります。

そんなダイカストを行うための「ダイカスト技能士」と呼ばれるダイカストマシン取扱いにおける国家資格技能検定もあります。


太陽パーツでは、ダイカストを得意とし様々な製品づくりをサポートしております。
コスト削減、精密部品の製造、大量生産、短納期などでお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

車やバイクのパーツ等の部品製造に適したアルミダイカスト

ダイカストには用いる金属により呼び名が少し異なります。
亜鉛ならば亜鉛ダイカスト、マグネシウムならマグネシウムダイカストです。
そしてアルミダイカストは、アルミニウムを用いてダイカストを行うことをいいます。


ダイカストというのは、金型鋳造であり、溶かした金属を鋳型に流し込んで製品を作る方法をいいます。アルミダイカストも同様にアルミニウムを溶かして鋳型に流し込んで製品を作ります。

このアルミニウムの特徴としては、軽く、導電性、熱伝導性が高く、耐食性に優れており加工しやすい点にあります。また、ダイカストの特徴としては寸法精度が高く、大量生産に適しているといった点が挙げられます。


ちなみに、アルミダイカストは1830年代にアメリカのマサチューセッツ州出身のエリシャ・ルートという人物によって開発された製法です。日本では1917年に初めてダイカスト会社が東京都に設立されています。
それ以来国内においてもダイカスト製造業者が増え、今では日本のダイカスト生産量は年100万トンを突破しており、非常に多くのダイカスト製造が行われています。

このアルミダイカストによって作られている主な製品は、車やバイクのパーツ部分であったり、エンジン等の細かい部分、精密機器の部品等市場に出回っている製品の細かいパーツ部分です。
特に車やバイクではパーツ部分は出来るだけ軽量化させたいと考えられており、かつ多くの販売台数を生産したいといった要望にアルミダイカストが答えてくれます。

なぜなら、アルミニウムの特徴は上記のとおり、軽くかつ、強度もあるという点にあるので、鋳型に流し込製造方法なので非常に大量生産に適していると考えられるからです。


太陽パーツでは、ダイカスト鋳造に大きな強みを持っています。
ひとつは短納期対応、ふたつめは50個からの小ロット生産に対応、そして製造業の方にとって何よりもメリットのあるダイカスト金型の製作費用のコストダウンです!
太陽パーツでアルミダイカストを行うのであれば、金型製作を従来の半額で行わせていただきます。

詳しくは、太陽パーツまで”エコダイカスト”についてお問い合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの現代までの歩みと用途

ダイカストとは、「ダイ・キャスティング」の略で金属の鋳造方のひとつです。

ダイカストは一般の鋳造法に比べて、短時間で高精度の製品を製造できるため、現在多くの企業でダイカスト鋳造法が採用されています。日本では第一次世界大戦前の1910年にダイカスト製法に関する研究が始まり、大戦後にダイカスト生産が始まり、高度経済成長や自動車産業の発展によりダイカスト製法は多くの企業に導入されるようになってきました。

また、2000年代に入ると、FA化の動きが強まり、コンピュータ・コントロールによるダイカスト製法はますます重視されるようになりました。鋼とその他アルミニウム等の非鉄金属を混合させることによって、強度を向上させた金属を鋳造することができますが、その合金の鋳造にもダイカスト法を用いることができます。

アルミニウムなどを利用して鋳造された合金は非常に靭性(じんせい)が高く、自動車エンジンの、シリンダーブロック、クランクケース、また、トランスミッションのミッションケースなどにも用いられています。

中でもアルミダイカストとは特にアルミニウム合金のダイカスト鋳造法を指します。
アルミダイカストは機械性能の向上のための優れた鋳造法として注目されているのです。


太陽パーツでは、ダイカストに強みを持ち、お客様にメリットのある方法を提案しております。ダイカストやモノづくりで悩まれている方はぜひ太陽パーツまでご相談ください。
金属、ゴム、樹脂製品の製造、その他の機会加などにも対応しております。

●コスト削減に強みを持つダイカスト鋳造法についてはこちらから
http://www.taiyoparts.co.jp/lp/
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

寸法精度が出しやすい亜鉛ダイカスト

亜鉛ダイカストには様々なメリットがあります。

例えば、そのひとつに金型寿命があります。
亜鉛の融点はアルミニウムよりも低いため、金型寿命が長いというメリットです。
金型寿命が長ければ長いほど、全体的な製品コストが安くなり、安定供給が見込めます。

さらに、なんといっても薄肉がしやすく、寸法精度が出しやすいというメリットがあります。複雑な形状も鋳造しやすいからこそ、加工工程を少なくすることができます。

寸法精度が出しやすいため、大型サイズはもちろんのこと、極小サイズの製品製造もできます。
比較的自由な形状で製品づくりができるため、さまざまな製品を作るのに利用されています。


また、亜鉛ダイカストは寸法精度が高いものが、低コストで鋳造できるだけではありません。
鋳造品の表面処理が容易に行えるというメリットもあります。


亜鉛ダイカストを利用して製造されるものには、ボタンなどの小さなものから、装飾品、コンピューター部品、ネジ製品など様々なものが作られています。


太陽パーツでは、ダイカストにおいて特別な特許製法で皆様の製品製造をサポートしております。コスト削減、短納期など、さまざまな皆様のお悩みをお聞かせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

調理器具の製造にも利用されるダイカスト技術

ダイカストで鋳造される製品といえば、どのようなものを思い浮かべるでしょうか?

主に利用されているものといえば、

・自動車部品
・建築材(アルミサッシなど)
・熱処理用治具         …etc

上記のようなものが真っ先に思い浮かぶかと思います。
さらに、より身近に使用するものもダイカストが形作っています。

それが調理器具です。
例えば、フライパンや鍋などもダイカストでは製造することができます。

このような調理器具などは主に大量生産となります。
ダイカストであれば、同じ精度・寸法で製造できるため、大量生産時にも役立ちます。

太陽パーツでは、ダイカスト鋳造後の製品の表面処理や、後加工にも対応しております。
組立が必要な場合であれば、組立・梱包して納品いたします。

**********太陽パーツだけのお得なダイカスト技術**********

ダイカスト鋳造時に問題となるのが金型製作費用です。
通常であれば高額な金型費用ですが、太陽パーツでは金型費用が半額になる製法をご提案しております。金型には2つの型が必要となりますが、ベース部の金型として弊社が保有のものを、お使いいただいております。つまり、金型費用は半分のキャビティ部のみの費用をお客様にご負担していただいております。
だからこそ、コスト削減を考えた製品製造が可能になります。

**************************************

機械の製造、建築材料の製造だけでなく、あらゆる分野の金属製品をお作りなりたい方は、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.