太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

ミニカー製造にも利用されるダイカストの技術

ダイカスト技術は機械の部品、建材などの工業目的に活用されているばかりではありません。

例えば、子どものおもちゃにもダイカスト技術は活かされています。
中でもミニカーにはダイカスト技術が最も多く利用されています。

ミニカーに使用される非鉄合金にマグネシウム、銅、鉛、錫などの合金も使用されます。
以前は亜鉛合金などが主流でしたが、現在ではアルミ合金が使用されることが多くなっています。

ダイカストによる製造では、高精度の製品を大量生産できるため、製造コストの削減にもつながります。
また、アルミ合金を使用したアルミダイカストでは、機械的強度も高く、耐食性にも優れているため、長年使用できるダイカストミニカーを製造することができます。


ただし、ダイカストでは金型制作の費用がかかるためダイカストミニカーを小ロットで生産するのは不向きな点があります。


そこで、太陽パーツでは小ロット生産対応のダイカスト技術をご用意しております。
小ロット生産のダイカストは太陽パーツの特許製法を利用することで、金型費用が従来の2分の1、つまり半額で済みます。

しかも小ロット数は30個~対応可能となっていますので、高精度の製品をよりお得に製造することが可能です。


ミニカーを始めとする玩具などの一般向けのものからから工業製品まで、太陽パーツでは皆様にメリットのある製造方法をお届けしております。

より安く、よりメリットのある製造法をお探しの方は、一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと音楽楽器の関係

太陽パーツではダイカスト鋳造を得意とするだけでなく、お客様にメリットのあるダイカスト技術をお届けしております。

また、ダイカストで製造できる製品は幅広く一様ではありません。
住宅建材を始め、精密機械の部品、装飾品など幅広い製品の製造に利用されています。

その中には、楽器があります。
楽器とダイカストではなかなか接点がないようにも思われますが、楽器のところどころにダイカスト製品が使用されています。


例えば、ドラム。
ドラムでは、フープの部分やボルトの部分、これがダイカストで製造されてい場合があります。
さらに、ギターであれば、ブリッジにダイカストサドルが利用されるなど、ダイカストは音楽楽器にも利用される製造方法です。


太陽パーツではあらゆる分野で利用される製品をお客様にメリットのある製法でお届けいたします。

それが、太陽パーツならではのダイカストの特許製法「エコダイカスト」です。
エコダイカストでは、金型製作費用が従来の半額のご負担で済みますので、お客様の製造コスト削減、トータルコスト削減にもつながります。

また、大量生産向きのダイカストですが、30個からの小ロット生産の対応も太陽パーツでは行っております。


建築材料を始め、医療機器や精密機会、大型機械、そして楽器のパーツなど、皆様のご要望の製品をメリットのある製法でご提案いたします。
ぜひ、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

選ばれるダイカスト鋳造の10のメリット~後編~

本日は、前回のダイカスト鋳造における10のメリットに引き続き、残り5点を本日はご紹介いたします。
ダイカスト鋳造では量産性や表面処理性、軽量化などに優れた特性を持ちますが、それだけでなく、他にも様々なメリットがあります。

●インサートが可能
同質の金属や異種金属、非鉄金属などを鋳物の中に正確な位置で鋳ぐるむことで溶着が可能です。
また、冷却としての役割や部品の機能範囲を広げることができます。

●優れた経済性
ダイカストは金型製作費用が高価になりますが、ひとつの金型を製作すれば数千~数十万個の製品を鋳造することができます。
そのため、大量生産などにメリットがあり、他の製造法よりも製造コスト削減にもつながります。

●肉厚と強度の関係
他の製造法よりも肉薄に製造できるだけなく、単位面積当たりでは薄くなるほどに高い強度が得られます。
ダイカストでは、複雑形状の製品でも薄い肉厚で、高い強度のものを製造することができます。

●金型の寿命
ダイカストでは、金属材料にもよりますが、ひとつの金型で数千~数十万ショットが可能なため、同一製品を同じ精度で大量生産が可能です。

●設計から組立てまで可能
複雑形状の製品も設計することで、高精度かつ高品質な製品を製造することができます。
また、組立が可能なように結合部分も設計することで、組立時の手間を省き経済的に製造することができます。こともできます。

※前編をご覧になりたい方はこちらから
選ばれるダイカスト鋳造の10のメリット~前編~

上記以外にもダイカストによるメリットは様々あります。
さらに、太陽パーツでは従来のダイカストでは難しい小ロット生産と高価な金型費用の問題点を改善した特許製法の【エコダイカスト】をご提案することで、お客様にメリットのある製造法をお届けしております。

太陽パーツの【エコダイカスト】なら、ダイカスト鋳造でも30個~の超小ロット生産が可能です。また、金型製作にかかる費用も従来の半額になり、お客様の製造コストを大幅に削減することが可能です。

エコダイカストに関する詳細は、一度太陽パーツまでお問い合わせください。
お客様にメリットのあるダイカスト、その他加工方法を太陽パーツではご提案しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

選ばれるダイカスト鋳造の10のメリット~前編~

鋳物をつくる際、その鋳造方法にはいくつかあります。
例えば、金型鋳物、低圧鋳造、砂型鋳造、石膏鋳造、重力鋳造などがあります。
それぞれ、製造したい鋳物に合う特性の鋳造方法を利用して、製造します。

中でもより多くの特性を持ち、様々な鋳物の鋳造に利用されているのが【ダイカスト】です。

本日は、太陽パーツが得意とする鋳造技術、ダイカスト鋳造のメリットを10点ご紹介します。

●優れた量産性
ダイカストでは一度の工程で複雑な三次元形状の製品を製造することができるだけでなく、大量生産にメリットのある鋳造法になります。

●表面処理性に優れた鋳肌
ダイカスト鋳造された製品は滑らかな鋳肌となり、メッキや塗装などの表面処理加工性にも優れています。

●薄肉・軽量化に有利
複雑な形状だけでなく、薄い肉厚の製品も鋳造でき、製品の軽量化にもメリットがあり、コスト削減にもつながります。

●高い寸法精度の獲得
金型で鋳造するため、寸法精度も高く、表面も滑らかな鋳肌の製品が鋳造可能です。

●切削加工作業の短縮
切削加工では何工程にもわたって行う作業がダイカストでは複雑な形状も精密に製造できるため、鋳造後の加工を減らしたり、加工の必要がない製品をひとつの工程で製造することができます。

※後編をご覧になりたい方はこちらから
選ばれるダイカスト鋳造の10のメリット~後編~

上記以外にもダイカストによるメリットは様々あります。
さらに、太陽パーツでは従来のダイカストではネックになる、小ロット生産と金型費用の問題点を改善した特許製法の【エコダイカスト】をご提案しております。

太陽パーツの【エコダイカスト】なら、ダイカスト鋳造でも30個~の超小ロット生産が可能です。また、金型製作にかかる費用も従来の半額になり、お客様の製造コストを大幅に削減することが可能です。

エコダイカストに関する詳細は、一度太陽パーツまでお問い合わせください。
お客様にメリットのあるダイカスト、その他加工方法を太陽パーツではご提案しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

薄肉が可能な低コストの亜鉛ダイカスト

ダイカストに強みのある太陽パーツでは亜鉛ダイカストにも対応し、様々な形状のものをおつくりいたします。

亜鉛ダイカストには大量生産が可能なこと、製品コストを安くできる特長があります。
その理由は亜鉛の融点にあります。亜鉛はアルミに比べれば融点が低いため、亜鉛ダイカストの金型はアルミダイカストよりも多くのショットが打てます。
融点が低いため薄肉のダイカスト鋳造、寸法精度の良いものを製造することができます。

金型の寿命が長いということは、オリジナル金型の製作も一度作れば、より多くの製品を製造することができます。
アルミダイカストに比べれば長く、より安定的に製品を製造することができるため、製品コストも安くてすみます。

大きなサイズのものから小さなサイズのものまで、さまざまな形状の製品を製造できるため、インサート鋳造から機械部品、外観部品などさまざまなもの製造が可能です。


太陽パーツでは薄肉も可能な亜鉛ダイカストをより低価格、低コストで鋳造する方法をご提案しております。
それが太陽パーツのエコダイカストです。エコダイカストでは金型費用が従来の半額になり、お客様の製品、製造コストの削減につとめます。

薄肉が可能な亜鉛ダイカストをもっとお得に!とお考えの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ロストワックスとダイカストの鋳造方法の違いとメリット

複雑な形状のもの、精度の高いものを製造する時に、ロストワックスやダイカストなどの鋳造法が用いられます。
ロストワックスとダイカストの特長にはそれぞれ違いがあります。

例えばロストワックスは、Lost(失う)Wax(ろう)という名の通り、ろうを模型に使用して複雑な形状もの、硬くてもろい合金の鋳造に用いられる方法です。高額な金型を必要としないため、イニシャルコストをかけずに鋳造することができます。
ただし、鋳造する鋳物の数に応じてろうでつくった模型が必要になります。ただし形状の違うものばかりを製造するならばメリットのある鋳造法です。

逆にダイカストでは、金属金型が必要となり、アルミ合金などの溶融した金属を高い圧力で金型に注入して成形する鋳造法です。そのため、精度も高く、金型の寿命がくるまで何度でも使用できるため、形状の同じものを量産にも向いた製造方法です。
ただし、オリジナル金型の設計・製作費であるイニシャルコストがかかる鋳造法でもあります。

このような違いがありますが、どちらも精度の高い鋳造物を成形することができます。
お客様のお求めの形状、数などにより太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をいたします。


また、太陽パーツではダイカスト鋳造においてイニシャルコストを抑えられる【エコダイカスト】がございます。
エコダイカストでは、金型費用が従来の半額となるため、お客様の負担を軽減することができます。

ダイカストをより低価格で行うことができるため、他の製造法からエコダイカストへ切り替えることで製造コストの削減、トータルコストの削減につなげることができます。

今まで行っている製造方法よりも削減できる可能性があるダイカストにご興味をお持ちの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高精度なダイカスト鋳造~精密ダイカスト~

ダイカスト鋳造は複雑な三次元形状の製品もひとつの工程で製造することができます。
そのため、大量生産、複雑な機械加工を必要とする場合、ダイカスト鋳造を行うことでコスト削減にもつながります。

ただし、小ロットの生産などでは、金型の製作費用が高いダイカストではコストがかかる場合があります。
太陽パーツでは、コストが気になるお客様にコスト削減につながる『エコダイカスト』をご提案しております。

エコダイカストではダイカスト金型の製作コストが従来の半額になる、太陽パーツならではの特許製法になります。


複雑な加工が必要な形状であればあるほど、太陽パーツではよりコストメリットのあるダイカスト鋳造をお届けしております。

また、太陽パーツでは高精度なダイカスト鋳造技術もございます。
形状により精度はことなりますが、産業機器や医療機器などの精密機器などの商品実績もあり、高精度な部品のダイカスト鋳造も行っております。

弊社ではマイクロ単位までの対応が可能です。
ただし形状により異なるため、まずは製造したい製品のことを太陽パーツまで詳しくご相談ください。

マイクロ単位まで対応可能な精密ダイカストをお求めの方は太陽パーツまで、まずはお気軽にお問い合わせください。
太陽パーツがお客様にメリットのある方法で高精度なダイカスト鋳造をお届けいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストで作る装飾品

ダイカストは建具材や機械の部品なばかりでなく、装飾品の製造にも使用されている製造技術です。

装飾品などを鋳造する場合、亜鉛ダイカストがよく利用されます。
亜鉛ダイカストは融点も低いため、アルミダイカストよりも金型寿命が長く、大量生産が可能です。

また、肉薄で寸法精度の高いものが製造できます。
鋳造してできたものは鋳肌は滑らかで、メッキ塗装も容易に行うことができます。

複雑な形状のものでも一度の工程で鋳造することが可能なため、ダイカストならではの滑らかなR形状のものも鋳造することが可能です。

二次加工が必要な形状でもダイカストであれば容易に製造できるため、複雑な形状の多い装飾品にも良く使用されます。


装飾品の中にはボタンや筆記用具などの小さなものなど、様々なものび使用されています。


太陽パーツでは、ダイカストによる装飾品の製造など、お客様のご要望の製品を低コストで製造する方法をご提案いたします。

製品によっては今まで製造していたものを、太陽パーツのエコダイカストならコスト削減化につながる可能性もあります。

ぜひ、現在よりもメリットのある製造法をお考えの方は太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと機械加工のメリットの比較

金属材料を加工し、成形する方法には様々な方法があります。
本日はダイカストの鋳造を行う方法と機械加工による成形をする方法のメリットについて、簡単に比較して説明いたします。

ダイカスト鋳造はアルミニウムなどの金属を高温で溶かし金型へ射出することで成形します。また機械加工には、板金加工や切削加工、穴あけ加工、曲げ加工など様々な加工法があります。

●機械加工についてのメリット
機械加工ではダイカスト鋳造が難しい材料でも加工することができ、寸法精度の高いものを製造することができます。

また機械加工では単純形状の生産において生産速度が速く、大量生産から小ロット生産まで素早く対応が可能です。

●ダイカストについてのメリット
ダイカストは単純形状はもちろんのこと複雑な形状のものを機械加工とは違い一工程で製造することができます。その際に加工による切り粉なども発生しないため金属材料を効率よく使用できます。

ダイカストでは複雑な形状でも一工程で鋳造が可能なため、生産速度も早く、大量生産においては大きなメリットがあります。余った材料などは溶解することで再利用することが可能です。


ただし、ダイカストでは金型製作費用に大きなコストが必要になります。
太陽パーツではダイカストの金型製作費用を半額に抑えることができる【エコダイカスト】をお届けしております。

エコダイカストの導入により、今まで機械加工で製造していた製品のトータルコスト削減も可能になります。

さらに、エコダイカストでは30個からの小ロット生産にも対応可能です。

詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト金型の補修について

ダイカスト金型は鋳造を繰り返すことで、金型が摩耗や打撃により変形や欠損、亀裂が発生してしまうことがあります。

金型にトラブルが生じると、製品の劣化や製造に大きな支障をきたすため、その金型は使用できなくなります。
しかし、ダイカスト金型は決して安価なものではないため、最初から製作するには大きな費用がかかってしまいます。

そこで、行われるのが金型補修です。
金型補修としては用いられる方法に溶接があります。
溶接は緊急時など暫定的に行う補修方法としてよく使用されます。

ただし溶接をする際には気を付けなければいけない点がいくつかあります。


●熱ひずみの発生により寸法が大きくことなる
●焼き入れ鋼など、溶接部の硬度が再加熱により低下する
●溶接した部分に残留応力が発生し、変形を生じることがある

ダイカスト金型の補修にあたって上記のような点、その他の問題などにも配慮した金型補修が求められます。

補修にあたるのは人です。そのため技術や経験などにも左右されます。
太陽パーツでは、長年の技術と経験により、適切な金型補修を行っております。


また、寿命が近い金型であれば新しく金型を製作することも製品の品質維持には重要です。
しかし、金型の製作コストはお客様にとっても多大な負担になります。

そこで太陽パーツがお届けしているのが、弊社の特許製法である【エコダイカスト】です。
太陽パーツでは、ベース部となる金型は弊社が保有するものを使用し、製品の形状を成形するためのキャビティ部のみをお客様にご負担していただきます。

そのため、金型製作費用は従来の2分の1、つまり半額で従来と同じ金型を製作することが可能です。
そのため製品を製造するためのトータルコストを大きく削減することができます。


金型の補修対策から新たな金型製作までお客様にメリットのある方法をご提案いたします。
ぜひ、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.