太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

フライホイールのアルミダイカスト鋳造なら太陽パーツへ

鋳物の産業革命とも呼ばれるダイカストは、自動車産業の発展と共に急成長した鋳造方法です。

そのため、車両のボディから細部に渡る部品としても多く使用されています。

例えば、フライホイール。
フライホイールは、、回転する機構の動きを安定化させる働きを持つ部品になります。

自動車のエンジン部分にも使用される場合、4ストローク・エンジンでは吸入・圧縮・爆発・排気という4サイクルの中で発生する細かな出力変動を抑制する働きを担っています。

そのため、フライホイールは重ければエンジンの回転が滑らかになりますが、吹き上げは悪くなってしまいます。

逆に軽くすることで、エンジンの吹き上がりは改善されるものの、坂道での走行は失速しやすくなってしまうという点があります。
また、軽くすることで、エンジンブレーキの効きが強く働くようになります。それはフライホイールを軽くしたことで、回転にかかる慣性が弱くなるためです。

その車の特長に合わせてフライホイールの重さを変えることがあります。
素材には鋳鉄が用いられますが、最近ではアルミニウム合金が利用されています。
例えばスポーツ走行を目的とした自動車であれば、軽いフライホイールが用いられます。

そんなフライホイールを製造する際にも利用されているのが、アルミダイカストです。
高速回転にも耐え得る強度、エンジンの冷却にも効率的な形状を両立させたフライホイールを作るのに適した方法はアルミダイカストならではの特徴です。

アルミダイカストによるフライホイール製作ならば太陽パーツへお任せください。

また、太陽パーツならばどこの製造メーカーよりも格安でお作りすることが可能です。
太陽パーツでは、アルミダイカストを行う際の金型費用を従来の半額の価格にてお作りすることが可能です。

それが太陽パーツだけの『エコダイカスト』です。詳しいことは一度太陽パーツまでお問い合わせください。
お客様のトータルコスト削減につながる方法をご提案させていただきます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト(ダイキャスト)金型の製造・設計なら太陽パーツへ

ダイカスト製品の鋳造を行うためには、まずダイカスト金型が必要になります。

ダイカスト(ダイキャスト)は、ダイカストマシンに取り付けられた金型にアルミニウムやマグネシウムなどの融解金属を高圧で射出し、成形・鋳造します。

そのため、ダイカストは生産性も高く、量産にも適した製法です。
ダイカスト製品は寸法精度も高く仕上がり、複雑な形状の製品でも容易に鋳造することができるため、様々な分野で活用されています。

そのような高精度の製品を製造するためには、冒頭でも述べたように金型が必要になります。
お客様が作りたい製品の形状などのご要望を詳しくお聞きした上で、より高品質で、コスト削減につながるダイカスト金型のご提案をさせていただきます。

ですが、ダイカスト金型といえば製造・設計には品質・コスト面でも、お客様に大きな影響を与えてしまいます。

さらに従来まではダイカスト金型の設計・製造といえば、固定型と可動型の2種類の金型を必要とするため、その両方を設計・製造しなければいけません。


しかし。
太陽パーツでは、そんなお客様のご負担を少しでも軽減するための対策を行っております。
それが『エコダイカスト』です。エコダイカストは、従来の品質を変えることなく、金型費用が半額になります。

それは、固定型の金型であるベース部を太陽パーツ保有の金型を使用いたします。
そのため、お客様には製品部分の金型となる可動型のキャビティ部のみのご負担となります。

高額な金型費用にお困りの方は、コスト削減に有効なダイカスト金型の設計・製造なら太陽パーツまでご相談ください。

お問い合わせはこちらから=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの鋳巣対策なら太陽パーツ

ダイカスト鋳造による製品の問題点として【鋳巣】があります。
鋳巣とは、鋳造品の内部に、気孔や気泡が存在していることを言います。

鋳巣は『巻き込み巣』と『引け巣』に大別されます。

◆巻き込み巣◆
巻き込み巣は、鋳造の際に巻き込まれた空気・ガスなどが原因で生じる鋳巣になります。
できる鋳巣は丸い孔の形になります。

巻き込む巣の場合、金型内を真空にすることで改善することができます。


◆引け巣◆
引け巣の場合であれば、外引け巣・内引け巣があります。

外引け巣は主に、外側に開いた空洞になり、その空洞の下には表面上からはわかりにくい閉じられた空洞が存在する可能性があります。

内引け巣は、肉厚部や肉厚の急激な変化によって、鋳物内部など、内壁面に空洞が荒く現れます。

どちらの巣も原因は体積の減少や、給湯不足、鋳型のオーバーヒート等によるものです。
改善するには、肉厚差を避け、十分な給湯の補給、熱が集中箇所の熱を排除する方法が考えられます。


太陽パーツでは、ダイカスト鋳造時に発生する鋳巣の改善対策にも力を入れております。
より精度の高いダイカストを、より安く、お客様にメリットとなるダイカストをご提供しております。

トータルコスト削減からダイカスト鋳造品の精度を高めたい方は、太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高級感・高品質のアルミダイカストボディの製造ならコスト削減の太陽パーツへ

コスト削減化を図る中、材料費、製造費の削減にもつながるアルミダイキャストボディはあらゆる方面の製品に使用されるようになってきました。

アルミニウムという材質は軽く、丈夫なため、自動車にも仕様されている素材です。
そんなアルミニウムをダイカスト鋳造したアルミダイカストボディは、大きなものであれば航空機にも使用され、オートバイなどにも採用されています。

また最近では、小さな電子機器にも使用されています。
アルムニウムは他の金属よりも軽く、完成品の重さを軽量化し、薄型にするためにも重宝されています。

日本のようにコンパクト化される商品が多々生み出されるのに、なくてはならない存在でもあります。

アルミニウムは、その軽く丈夫な性質以外にも、高級感を醸し出すことができ、高品質な製品を製造することが可能です。


太陽パーツでは、そのアルミダイキャストボディを鋳造するための技術に強みを持っています。

アルミダイカストによる鋳造には、金型が必要になります。
通常金型製作を行う場合には、ベース部とキャビティ部という2種類の金型作成が必要になります。

ですが、太陽パーツの特許製法である【エコダイカスト】なら、お客様にご負担いただく金型製作費用は、キャビティ部のみとなります。(※ベース部は弊社がご用意いたします。)

そのため、金型製作にかける費用は従来の半分、つまりコスト半減につながります。

コスト半減で、従来と同じ高品質なダイカスト鋳造が行えます。
アルミダイキャストボディの製造なら太陽パーツに一度ご相談ください。
お客様の現在のトータルコスト削減のご提案をいたします。

詳しくはこちらのお問い合わせから=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【コスト削減化事例】切削品のエコダイカスト化によるコスト半減

除去加工とも呼ばれる切り削る加工、切削加工でできた製品を切削品と呼びます。
切削加工は、金属だけに限らず木材やプラスチックの加工にも用いられる加工法でもあります。

太陽パーツの得意な加工法のひとつとして、主に旋盤加工やNC旋盤加工、フライス加工、MCを中心とした切削加工に幅広く対応しております。

また、切削加工においても1個の試作品から量産までお客様のご要望にお応えいたします。

さらに、太陽パーツでは幅広い技術と長年のノウハウをもとに、数や頻度にこだわらずに、お客様にとって最適な生産方法をご提案いたします。

切削加工で量産しているものも他の製造方法であれば、さらにコストを抑えられる場合があります。
例えば、切削加工からダイカストでの製造方法を変えることでコスト削減できた例も多々ございます。

その一例が次の写真の製品になります。

切削→ダイキャスト55%


こちらの切削品がダイカスト鋳造により従来のコストより55%の削減につながった製品になります。

太陽パーツのダイカストは、弊社独自の【エコダイカスト】というものがございます。
エコダイカストでは、コストのかかる金型製作費用が従来の半分で、ダイカスト鋳造が可能になるためお客様のコスト削減につなげることができます。

そのため、今回ご紹介した切削品のようにコストを半分に抑えることもできます。

現在、切削品などの金属加工品を使用されている方は、一度そのトータルコストを見直してみませんか?
太陽パーツでは、お客様のトータルコスト削減にご尽力いたします。

現在お悩みのこと、今よりももっとメリットのある方法をお探しの方は、一度太陽パーツまでご相談ください。

お問い合わせはこちらから=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

特殊ダイカスト法とは?【真空ダイカスト法】

通常のダイカスト法より高い品質のものを鋳造する場合に使用されるのが特殊ダイカスト法と呼ばれる鋳造方法です。

特殊ダイカスト法には、様々な方法があります。
そのため、目的の製品によってその鋳造方法は異なります。

中でも真空ダイカスト法で鋳造したものは、空気の巻き込みや酸化物生成を抑えることができるため、より高品質な製品を製造することができます。

その方法は、真空タンクを使い減圧します。
キャビティ部の空気を吸引して金型内を真空状態にし、そこへ高温で溶かした金属(アルミニウム・マグネシウムなど)を射出します。

真空ダイカストの特長としては、空気の巻き込みによる巣を防ぐことができ、熱処理や溶接が可能であるところになります。

太陽パーツでは、お客様の求める製品の製造方法のご提案からコスト削減につながる製造方法などトータルにご提案しております。

特にダイカスト鋳造に強みのある太陽パーツでは、【エコダイカスト】という金型費用が従来の半額のご負担でダイカスト鋳造が行えます。

品質も従来のダイカストと変わらず、大量生産から小ロット(30個~)生産まで幅広く対応することができます。

金属加工品の製造コストを削減したい方、現在のダイカストにお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。

お問い合わせはこちらから=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コスト削減できるダイカスト金型の設計・製作・鋳造・仕上げ・表面処理まで一貫生産

太陽パーツでは、金型の製作を長年の実績とノウハウをもとにお応えいたします。

ダイカストの金型を設計・製作から始まり、その後の鋳造、簡単なものから高精度な二次加工、そして表面処理、成形後の組立まで太陽パーツでは全てを一貫して生産しております。

お客様のもとへは完成品としてお届けしております。

ダイカスト金型は鋳造方法の中でも量産性に優れた鋳造法になります。
また、量産性に加え高い寸法精度と鋳肌が特徴的で、高い品質の製品を作ることができます。

ダイカスト製品による製品は、様々な分野のものに使用されています。
医療機器や介護機器、OA機器、車輌部品から日用雑貨にまでダイカストの製品は使用されています。

さらに太陽パーツが製作するダイカスト金型は、皆様のトータルコストの削減につながります。
その理由は、通常ダイカストの金型費用が高くなりますが、太陽パーツならばその金型費用が従来の半分の価格になります。

コスト削減のダイカスト金型にご興味をお持ちの方は、一度太陽パーツまでご相談ください。
お客様にメリットのあるご提案をいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイキャスト建築素材なら特許製法のエコダイカスト

最も多くダイカスト鋳造の材料に選ばれている合金、それはアルミニウムです。
アルミダイキャストは軽い上に耐食性が強く、強度も高く、さらには製品の安定性も高いので、建築素材を始め自動車部品や精密機器に至るまで、幅広く使われています。

ここで太陽パーツがお薦めするのは、弊社の特許製法であるエコダイカストです。

エコダイカストのベース部分は、弊社に基本型がございます。
お客様にお願いするのはキャビティ部分のみですので、金型にかかる費用が従来の半分で済みます。

費用がかからないからといっても、精度は従来通り、通常のダイカストと全く変わりはありません。
また、30個からの小規模ロットからでもご発注いただけるのも、エコダイカストの大きな特徴です。

金型の交換を容易に行えるため、実現した生産ラインです。
強度、安定性に優れ、価格も抑えられるにも関わらず、肝心の精度は従来通りにお届けできるエコダイカストは、建築素材としても最適です。エコダイカストは特許を取った製法ですので、お客様も安心してご注文出来るのではないでしょうか。

アルミダイキャストで建築素材をとお考えでしたら、特許製法のエコダイカストをぜひご利用下さい。
一度代太陽パーツまで、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストマシンのTON数(トン数)とは

ダイカスト鋳造をお考えの方は、よくダイカストマシンのTON数という言葉を聞くことはありませんか?
TON数(トン数)は、実はダイカストマシンの能力を表しているのです。

実はこのTON数は、ダイカストマシンが金型を締め付ける力を表しています。

ダイカスト鋳造の工程では、アルミニウム合金などを高温で溶かします。
その溶解金属を高圧で金型に射出成形します。

その際、金型と金型の合わせ面の間から、注入した金属が飛び出してしまいます。
溶解金属が隙間から飛び出さないように、ダイカストマシンでは金型をしめる付ける力が必要があります。

その金型を締め付ける力がTON数で表されています。
鋳造する製品が小さければ小さいほど必要なTON数は低くなりますが、逆に大きな製品を製造する場合にはTON数の大きなダイカストマシンが必要になります。


太陽パーツでは、小さな製品から大きな製品まで、皆様のメリットになるエコダイカストでお応えいたします。
エコダイカストでは、30個からの小ロットに対応し、金型費が従来の半額でするコスト削減のダイカストです。


今現在、ダイカストに関するお悩みをお持ちの方は、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造に最適な材料選び

ダイカスト鋳造を行うためのダイカスト用材料には、求められる性質があります。

その求められる性質には下記のようなものがあります。


【ダイカスト用材料に求められる性質】
1.耐圧性の高さ。
2.鋳造割れしない。
3.凝固収縮が小さい。
4.湯流れやキャビティへの充填性が良い。
5.金型への負担が少ないこと(溶着や容損、焼付きなど) …etc


他にも鋳造した目的や形状などによって、ダイカスト用材料である合金に求められる性質は異なってきます。

そのため、ダイカスト鋳造の際に選ばれるダイカスト用材料として、主要なものとしてはアルニウム合金、亜鉛合金、マグネシウム合金があります。
そして、その他用途に合わせて銅合金や錫合金、鉛合金といった金属もダイカスト用材料として使用されています。

ですが最も多く利用されているのはアルミニウム合金を使用したアルミダイカストです。


太陽パーツでは、皆様の作りたい商品に合わせた最適なダイカスト用材料を選び、試作品の製作にもご対応いたします。
また、太陽パーツのダイカストなら皆様のコスト削減につながる『エコダイカスト』による鋳造が可能になります。

小ロットでの生産、量産、コスト削減のダイカスト技術をお探しの方は、一度太陽パーツまでご相談ください。

<お問い合わせはこちらからもできます>
コスト削減につながるエコダイカスト
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.