太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

アルミダイカスト製品の表面処理について 2

今回は前回に引き続き、アルミダイカスト製品の表面処理についてご紹介いたします。

前回は黒クロメート処理をご紹介いたしましたが、白アルマイト処理もアルミダイカスト製品にはよく利用される表面処理です。

この白アルマイトというのは通電して酸化被膜を作るという方法です。
この処理は、マットな感じの光沢をもつ表面処理で、錆には強いのですが塩分や電食には弱いという特性があります。
そのため海の近くや電食が不安な場所で使用する部品には注意が必要でしょう。

塗装については、プライマーなどの下地処理を行ったアルミダイカスト製品に塗装をします。
この表面処理は耐食性+αの表面処理と言っていいでしょう。
膜厚をつける事ができるので、さまざまな場所で利用される部品として重宝されています。

硬質アルマイト(ハードアルマイト)といわれる表面処理は、通電によって酸化被膜を作る表面処理です。硬くて分厚い皮膜を作る事ができます。
摩耗に対する耐性が欲しいという部品に利用される方法で、傷やへこみなどに比較的強い部品に使われる方法です。

無電解ニッケルはメッキ処理になります。
ニッケルをメッキするので白アルマイトでは若干不安があるという部品に利用されます。
美しい色合いが出るので強度+美観が欲しいという場合などに用いられる表面処理だといえるでしょう。

アルミダイカスト製品の表面処理については、他の鋳造製品に比べると表面がキレイなので美観が悪くなる事はありません。
必要な+αを表面処理で補う事によって、さらに耐久性の高い良質な部品を手に入れる事ができるのです。

太陽パーツでは、お客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
もし製造に関することでお悩み事などございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカスト製品の表面処理について 1

アルミダイカスト製品は表面が比較的キレイに仕上がる事で知られています。
製品をそのままの状態でお使いになるケースもとても多いと言えます。
ですが、製品の性能上どうしても表面処理が必要になる事もあるでしょう。
そんな時にもアルミダイカスト製品は優れています。

例えば、アルミニウムという製品はさびにくい金属であると言われているのですが、全く酸化しないというわけではありません。
そこで腐食防止のために表面処理を行う必要が出てくるわけです。
もちろんアルミニウムというのは表面に錆が出ると、表面に錆がとどまり内部に錆が侵食してこないという特性があります。

そのため、表面処理としては内部の腐食を防ぐために、わざと錆を強くするという処理を行う事もあるのです。
一方で、酸化膜ではなく付加価値をつけるための表面処理を行う事もあります。これは耐食性+αとしての表面処理になるわけです。

ところで、アルミニウムの製品の表面処理と、アルミダイカスト製品の表面処理は同じようで全く同じではありません。
なぜならば、アルミダイカストというのは溶かしたアルミニウムを金型に通して成形する加工方法だからです。
そこでアルミダイカスト製品には適した表面処理を行う事になるわけです。

代表的なアルミダイカスト製品への表面処理としては、クロメート処理という強い酸化膜を作るという処理が行われる事が多いです。
クロメートはアルミと同じ銀色の表面処理もありますが、黒クロメートといって表面が黒くなる表面処理があります。
とても費用が安いため、他の表面処理を行う時の処理として多用されている方法です。

太陽パーツでは、ダイカスト技術を始め、あらゆる製造方法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
詳しくは、一度お気軽にお問い合わせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト製品の製造工程について詳しく知ってみよう~Part3~

前回に引き続き、ダイカスト製品の製造工程をご紹介いたします。
今回はまずダイカストの金型についてについてです。

ダイカストで使用される金型については、部品を依頼する企業のものを使用します。
多くの場合は金型とベース部分を一種類の部品のために作ります。
当然ダイカストを利用する種類が多ければ多いほど、必要な金型も増えていくのでコストがかかる事もあります。

太陽パーツのエコダイカストをご利用の場合には、通常の金型の費用よりも半額以上もコストダウンをする事ができる可能性もあります。

次に製品が出来上がったらバリ取りと仕上げについてです。

ダイカスト製品では金型から製品を出した後、製品にバリなどが多く発生するものなので、仕上げ加工とバリ取りは必ず必要な工程となります。
バリについてはバフをかけるというものもあります。

自動的にキレイにバリが取れた製品ができるものも多く、手間がかからず便利です。
その後表面処理を行ったり、他の部品と組み合わせたりして製品が完成します。

太陽パーツでは、そんなダイカスト技術を駆使し、お客様の求める製品を製造しております。
また、弊社では特許製法である【エコダイカスト】により、金型費用が従来の半額になり、コスト削減も可能です。
アイデア段階のからの製品製造もサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト製品の製造工程について詳しく知ってみよう~Part2~

前回に引き続き、ダイカスト製品の製造工程をご紹介いたします。
前回は、ダイカスト製品に使われる材料をご紹介いたしましたが、今回はまず溶解炉についてです。

溶解炉とは、アルミや亜鉛といったダイカストに使う金属を溶かすための炉で、この溶解炉の中に使用する金属のインゴットを入れて溶かしていきます。
溶けたインゴットはダイカストの金型へと送り込まれて冷え固まるようになっています。ダイカストは残った金属も再利用ができます。

亜鉛に関しては残った金属を再び炉に入れて溶かして使えますが、アルミの場合には再生したものを溶かして再利用する事になります。

次にダイカストマシンについてです。

溶けた金属をダイカストマシンに注入して冷やし固めます。
部品の形状をした金属の金型の中に溶けた金属を流し込みます。
圧力をかけながら冷やして固めていく事になります。

冷えて固まった製品はダイカストマシンから出されて、部品として組み立てなどに回されます。
製造する部品の大きさによっては大きなダイカストマシンを利用して製造する事もあるようです。

ダイカストマシンは、より複雑でより安定した寸法精度の高い製品を作り出す事が可能な機械です。

太陽パーツでは金型の依頼から製品の製造、そして表面処理までを一貫して請け負っていますので、コストダウンをする事も十分に可能です。
一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト製品の製造工程について詳しく知ってみよう~Part1~

今回から3回に分けてそれぞれの工程をわかりやすくご紹介いたします。

ダイカスト製品の製造工程は、携わっていなければなかなか知る機会もありませんので、今回はダイカスト製品の製造工程についてをできるだけ詳しくお話いたします。

簡単にダイカスト製品の製造工程についてを説明すると、インゴットと言われる金属の塊が原材料です。このインゴットを溶解炉という炉に入れて溶かしていきます。
溶けた金属はダイカストマシンに注がれていき、ダイカストマシンの金型の中で圧縮された状態で冷え固められていくのです。
この時冷やすのは水などをかける事で冷却されていき、製品となって出来上がりとなります。こ
れがダイカスト製品の一連の工程です。

まずダイカスト製品に使われる材料ですが、インゴットといわれる金属の塊をしようします。
インゴットは材料メーカーで精錬された刻印がついたものを使用します。

材料として使われる金属は色々とありますが、主にアルミニウムや亜鉛である事が多いようです。

製造コストにお悩みをお抱えの方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツのエコダイカストは、金型費用が半額になるだけでなく、金型が交換が容易なため、小ロット生産にも対応しております。

製品の二次加工や正面処理、組立など、その他のサポートも幅広く行っておりますので、製品製造のことならば太陽パーツにお任せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

寸法精度が高いダイカストについて

ダイカスト製品は寸法精度に不安を感じると昔は言われていたようですが、近年のダイカスト製品は非常に寸法精度が高くなっています。

そもそもダイカストというのは溶けた金属を、金型に流し込んで冷やして固めて部品を作るという製造方法ですが、金型の技術の発達によって非常に寸法精度が高い部品を作る事ができるようになったのです。

ダイカストは鋳造という製造方法の中ではずば抜けて寸法精度が高い事で知られていますが、大量生産に優れ金型の寿命も長く高い寸法精度を維持する事ができるのです。

特に現代のダイカストは、初期の頃より金型を完成部品にできるだけ近づける事ができるので、あえて他の加工をプラスする必要が無い事も多いです。
一体化しているので歪みや強度にも長けています。中にダイカストをして表面処理をして終わり、という部品も数多く存在しているのです。
もちろんダイカストで製造された製品には不良が全くないと言えば嘘になるかもしれませんが、特殊ダイカストを行う事で気泡を軽減する事ができたり、ひけ巣を軽減する事ができたりします。

より精度の高い部品が必要な場合でも、ダイカストの製法によってはお悩みを解決する事が可能なものもあるのです。
バラバラの部品を別に作って一つにまとめるよりも、ダイカストで製造した製品の方が強度も高く、耐久性にも優れています。
特に寸法精度は安定した寸法精度を保った状態で、数多くの部品加工を可能にしてくれますので、組み立て後の製品の強度や精度も安定する事でしょう。

また、安定した寸法精度を保った製品が必要な場合にも、ダイカストは適していると言っていいでしょう。

現在の加工方法で寸法精度に不安を感じるという方は、ぜひ太陽パーツのダイカスト技術や、製造などについてを気軽にご相談ください。
もちろん現在他の鋳造技術を使って部品を生産しているという方や、金属加工によって部品の生産をしているという方も、寸法精度の向上やコストダウンを考えているという方も、太陽パーツへぜひご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

私たちの身近に存在するダイカストの製造方法について

ダイカストの一般的な製造方法は、金型に溶けた材料を流し込み圧力をかけて冷やし固めて製造していきます。
簡単に説明しましたが、この時使用する金型は一方が稼働するようになっていて、もう一方は固定された状態で使用します。

近年のダイカスト技術は飛躍的に向上したため、これまでは難しいとされていたより精度の高い製品や、寸法精度の高い製品を製造する事が可能です。
そのため多くの製品に部品が利用されています。自動車部品や船舶の部品に家電製品など幅広く活用されているのです。

太陽パーツではダイカストの金型を根本から見直し、より手軽にダイカスト製品を作る事ができるように、ベース部分は太陽パーツ保有のベースを使えるシステムを採用しています。
そのためお客様はこれまでのように、2種類の金型とベースの部分の費用を出す事がありません。
これによって金型費用が半分で済むようになりました。

さらに金型の交換にかかる時間が短縮できるので、小ロットの生産にも適しています。
もちろんダイカストによる製品の製造だけではなく、表面処理や組み立てなどのサポートも行っております。
ダイカストや製品加工についてのお悩みがありましたら、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

さまざまな分野で活躍するダイカスト製品について-その2-

今回は前回に引き続き、さまざまな分野で活躍しているダイカスト製品についてご紹介いたします。

■一般家庭の電気機器や通信機用部品
LEDの照明部品やそれ以外の照明器具の部品などにもダイカストの技術が活用されています。
他にも発電所などで使われている電気機器や通信機用部品などにも利用されています。

■船舶用部品
エンジンのシリンダーやジャケット、シリンダーライナーやコラム、台板やシリンダーヘッドの部分に利用されています。
剛性があり耐食性や耐摩耗性も必要ですし、耐圧性や吸振性も必要とされています。
ダイカストではスクリューなどのプロペラ部品などに、製品が活用されています。

■日用品や家電製品の部品
日用品の中にもダイカストや鋳鉄の技術が使われています。
例えば灰皿や食器類などに多く利用されています。

鋳造で作られた製品は切削性がとても高く、温度や湿度などによって寸法や形状の変化が少ないため、精密機械のベッドなどにも活用されている技術なのです。

太陽パーツではアルミの切削加工だけではなく、アルミ押出やアルミダイカストの製品も手掛けております。
お客様のニーズに合った製品を製造するために、設計の段階からお手伝いをさせていただいております。

また、太陽パーツではエコダイカストによって、これまでにかかっていた金型のコストを大幅にダウンする事も可能です。
ダイカストの事で疑問や製造に関する事は、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

さまざまな分野で活躍するダイカスト製品について-その1-

ダイカストはさまざまな分野で活躍している製造方法で、身近な日用品から自動車部品、材料によっては原子力にまで活用されている製造方法です。
鋳造やダイカストといった製法で作られた製品は、耐久性に優れて加工性が良く耐摩耗という特徴を持っています。

こうした特徴がある事から、ダイカスト製品はさまざまな分野で活躍しているのです。
ではどんな分野で活躍しているのかをご紹介いたします。

■自動車用部品
ダイカスト製品は自動車が生産されるようになった1968年頃から徐々に増えていき、現在では部品の多くをダイカスト技術によって製造しています。
ダイカストの技術で作られている部品はエンジンの部品やブレーキ部分の部品、製品は美しい仕上がりなので表面処理などをして車の内外の部品として活用されています。

■産業機械器具
ブラケット、取り付けベース、スピコン、電磁弁、エアフィルター、ヒートシンク、ファン、電池ボックスなどなどの、産業機械器具などに多く活用されている製法です。
工作機械などの部品の製造にも活用されている技術です。

また鋳鉄などの場合には旋盤のベッドなどにも活用されています。
精度が高く変形が少ないのが理由です。

■バルブやコック部品
ガスのバルブなどの一般家庭用のバルブや、大型のものになるとコンビナートなどの大型の工業バルブなどもダイカストの技術によって作られています。
他にも水道蛇口といったどこにでも見かけるものの部品にもダイカストの技術が使われているのです。

太陽パーツでは、お客様にコストメリットのダイカスト技術もご提案しております。
詳しくは、一度お気軽にお問い合わせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高い生産性を持つダイカストの歴史

日本でアルミダイカストの技術が使われるようになったのは、1910年頃からだと言われています。

正式にダイカストが利用され始めたのは、それから7年後の1917年9月の事で、東京の大崎に「ダイカスト合資会社」が設立され、精密鋳造部門として活動していたのが始まりのようです。

T型のダイカストマシンはホットチャンバーでしたが、1928年にドイツから輸入したダイカストマシンは「コールドチャンバーダイカストマシン」で、鋳造によって作られた部品はカメラや蓄音機そしてラジオや扇風機などの部品に使われていたようです。
その頃から日本のダイカストの技術は高くなり、航空機部品や自動車部品、光学機器部品などの生産が行われるようになったため、高い生産性が必要になってきたのです。

大戦がはじまる頃にはそれまで他国から輸入していたアルミニウムも、国産化が進み航空機や自動車の部品の製造のために利用されるようになっていきます。
この頃は軍需目的のみにダイカスト技術が利用される事になり、大型ダイカストの生産までも行われるようになっていきました。
戦後は再び民需産業になり、生活用品や生活に必要な製品の部品の加工のために利用されていきます。

このように歴史的に見ても、アルミダイカストの高い生産性と技術は私たちの生活を豊かにし、経済の発展を支えてきた事がわかります。

太陽パーツでは、そんなダイカスト技術を駆使し、お客様の求める製品を製造しております。
また、弊社では特許製法である【エコダイカスト】により、金型費用が従来の半額になり、コスト削減も可能です。
アイデア段階のからの製品製造もサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.