太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

製造業に使われる金型の重要性について

金型を使う加工技術は数多く存在しています。プレス加工、ダイカスト、アルミ押出など色々とあるものですが、これらの技術は全て金型があるから製品を生産する事ができるのです。
もしも金型を使う加工技術が無かったらどのようにして製品を加工するのでしょうか? 例えば切削加工による製品の生産で考えてみましょう。
切削加工で製品の加工をする場合は、どんなに製品が薄いものであっても大きな材料から削り出さなくてはなりません。すると膨大な時間がかかってしまいます。
さらに切削してでた切粉は製品を加工する事ができないので廃棄になります。例えば自動車のフレーム部分を切削加工で加工しようと思ったら時間がいくらあっても足りません。
当然部品ひとつひとつのコストが非常に高くなりますので、軽自動車1台が数百万になってしまうかもしれません。
では金型を使うとどうなるのかというと、現在自動車のボディなどを作る時にはプレス加工の技術が使われています。プレスは上下の金型で必要な肉厚の材料を挟んで作ります。
つまり一つの部品をわずかな時間で生産する事が可能になります。しかも同じ精度の製品を1日にいくつも製造する事が可能なのです。
均一な製品を大量に作る事ができるため、当然コストダウンをする事が可能になるわけです。時間も非常に速いため生産性が高く、短納期で仕上げる事が可能になるのです。
製造業にとって金型というのは「製品のコストダウン」をする事ができ、「納期を短縮」する事ができ、「生産スピード」を早くする事ができ、「高精度」の製品を作る事ができる非常に重要な技術なのです。
また、新しい製品の開発をする時にも金型は非常に重要な役割を持っているのです。

太陽パーツではより精度の高い耐久性に優れた金型を製造する技術があります。金型の事でお悩みならばぜひ太陽パーツへ一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度の高いプレス金型とは?

プレス機械で製品を生産する時は上下にある金型の間に金属板を挟み、パンチするという方法で製品を生産しますが、プレス機械で生産された部品の精度はあまり高くないと考える方もいらっしゃるでしょう。
ところがプレスによる製品の精度は金型の精度と比例して高くなっていくものなのです。では精度の高いプレス金型というのはどのようなものなのでしょうか?
精度の高いプレス金型というのは金型自体を製造する時に、より精度を出せる加工をすればいいのかというと、確かにそれもあるかもしれませんが、他にも精度の高い金型を作る工夫が必要です。
例えばプレスは金型の間に金属板を挟み、上下の金型でパンチをして製品を製造しますが、材料の板厚によっては必要な精度を保つのが難しいというケースもあるものなので、板厚の事を考慮する必要もあるでしょう。
もちろんそれだけで精度の高い製品が作れるわけではありません。実はパンチする時の衝撃で金型同士がずれてしまうと、製品精度は落ちてしまうものなのです。
それを解決するために、ガイドポストをつけたりブッシュを使って、プレスによる製品の製造をした時に起こるズレを少しでも軽減できた方がいいですので、位置精度も非常に重要になってくるのです。
当然ですが土台となる金型の面粗度なども非常に重要になります。より精度の高い金型を作るためには、金型自体の精度も高くなくてはならないでしょう。

太陽パーツでは精度の高いプレス金型で、より高い精度の製品を作るためにこれまでの技術を活かして金型づくりをしています。
だからこそ安定した精度の高いプレス製品を安定して生産する事をお約束できるのです。金型の事でお悩みならぜひ太陽パーツへ一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

「押出し」と「引抜」の加工法の違いとは?【アルミ押出】

アルミ押出の技術には押出という製法と引抜という製法があります。この二つの加工方法でできた製品はどこか違いがあるのでしょうか?
今回はアルミ押出の押出しと引抜の加工方法はどんなところが違うのか? などの疑問の答えをご紹介いたします。

アルミ押出の押出し加工技術とは?
まずアルミ押出の押出しの加工技術というのは、ビレットと呼ばれる原料をステムという押出し部品で押して、金型を通して製品を作り上げます。
押出しの技術にも二種類の方法があり、一つは直接押出といってコンテナの中に原料のビレットを入れて、コンテナ内を押出し棒が高い圧力で押し出します。
もう一つは間接押出という方法で、コンテナの中にビレットが入っているのは同じですが、コンテナが押出方向へ動いて製品を製造する方法です。
この方法は摩擦が少なく済むので製品の精度が高くなるのですが、一方で強度の問題があるため複雑な形状の製品を作るのは難しいと言えます。

アルミ押出の引抜加工技術とは?
引抜加工とはどんな技術なのかというと、ダイスから製品を通してキャリッジで製品の先端をしっかりと掴み、それをゆっくりと引き抜いていくという製造方法です。
特に材料を温める事なく製品を製造する事ができる製法です。精度が必要な管材を製造するのに最適な製造方法です。
当然ですが、引抜の場合は管材を使用して製造しますが、この時に使用される管材の多くはミガキ鋼を使用するのが一般的で、その方がよりキレイで高精度の製品を作る事ができるのです。
もしくは押出し加工によって製造した製品を、引抜加工をして精度を高めるというダブルの工程で製品を作る事も珍しい事ではありません。
中にはより高精度の製品が欲しいために、削り出しの方がいいのでは? と考える方も多いかもしれませんが、実は押出から引抜加工をする方が、より時間も費用も削減する事ができます。
しかも表面肌がとても美しく仕上がるので、表面処理にかかる時間や費用も削減する事ができるはずです。

太陽パーツではアルミ押出の押出し技術と引抜技術を使って、お客様の求める製品を製造しています。
詳しい詳細につきましては、太陽パーツホームページからお気軽にお問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

私達の生活に欠かせない5種類の「金型」~その2~

今回も前回に引き続き、私達の生活に欠かせない5種類の「金型」についてお話いたします。

ダイカスト金型はアルミ合金などの材料を熱して柔らかくして、金型へ高圧で流し込み冷やして固めるという製造方法です。
金型製造の中でも高い精度を出す事ができる製造法として定着しており、電子部品などの製造や自動車部品や精密機械の部品などを製造するのに適しています。
鋳造金型というのは砂で造った金型に溶けた金属を流し込んで冷やして固めるという技術です。大型の製品を作り出す事ができるが特徴です。
ただし精度についてはゆるめで、お寺の鐘などの製造に使われたりしているようです。
鍛造金型というのは金属をたたく事で鍛錬させながら形を作るという方法です。強度が必要な部品を作る時などに利用されています。
例えば歯車などは代表的な製品ですね。それにエンジンの中で使われているピストンなどの摩耗が激しい部品を作る時に利用される技術です。
これら全ての加工に使われているのが「金型」です。金型を使う部品の製造にはコストがつきもので、どの製品を作るにしても金型に一番コストがかかります。
ですが私たちの生活には欠かす事ができない技術なのもまた事実です。だからこそこれからも金型を使った製造方法は発展していく技術だと言えるのです。

金型を利用しての製品の生産に関してお悩みの方は、ぜひ太陽パーツへご相談お問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

私達の生活に欠かせない5種類の「金型」 ~その1~

私たちの暮らしはとても豊です。便利な製品に囲まれて暮らしているので、昔の人とはくらべものにならないくらい生活がしやすいですよね。
そんな暮らしに便利な機械も全て、小さなたくさんの部品によって作り出されているのです。例えば自動車について考えてみると、自動車にはたくさんの部品が使われていますね。
その中でも最も重要なエンジンですが、ダイカストの技術を使って部品が作られています。エンジンだけではなく他の部品もダイカストで作られているのです。
もちろん他にも数多くの製品に使われている部品にもダイカストや他の技術を駆使して作られています。
例えばプレス機械であったり射出成形であったり、先ほどお話ししたアルミダイカストもそうですし、大きな製品にあると砂型鋳造という技術や、鍛造といった技術も使われています。
さて、これらの加工技術に共通しているのは何かわかりますか? 実はこれらの技術には全て「金型」が使われているのです。
これらの金型についてを2回に分けて簡単に説明いたします。

まず射出成形ですが、射出成形はプラスチックの部品などを大量生産する時に使われている技術で、射出成形の他に圧縮成形や真空成型などの製造法があります。
射出成形の金型は金型の中に溶けたプラスチックを高圧で射出します。金型の中でプラスチックが冷え固まって部品が完成します。
圧縮成形というのは熱硬化性樹脂という素材を使った時の製造法の一つです。フェノール樹脂やメラミン樹脂などの加工に使われています。
真空成型はプラスチックシートを使って成形する方法で、真空状態を作って金型とシートを密着させるという方法です。
次にプレス金型ですが、プレス金型というのは大きな製品のフレームなどを作る時に使われる技術です。
例えば自動車のボディーなどはプレス機械で製造されますが、金属板などの素材を上下に分かれた金型で挟み込み、高圧でプレスして形状を変化させます。
かなり大きな部品の製造ができるのが特徴で、自動車だけではなく様々な大型の乗り物のボディー部分を製造しています。

次回は残りの金型について説明いたします。太陽パーツでは多くの金属加工を行っていますが、特に金型に関しては高い技術を持っています。

 

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

自動車部品に重要な役割を果たすアルミダイカストの特徴

世の中で活躍している自動車部品は、全て機械加工によって作られていますが、その中でもアルミダイカストは重要な役割を持っています。
自動車部品に多く使われている部品には、アルミでできた部品がたくさん使われていますが、そのほとんどの部品を製造しているのがアルミダイカストという技術です。
アルミダイカストとは、アルミ合金を使って部品を製造する技術ですが、材料となる金属や非鉄金属を融点まで温めます。
溶けた金属や非鉄金属を金型という部分に流し込みます。金型に注入する時には大変な圧力を必要とします。
注入された金属は金型の中で冷やされて、金型と同じ形状に作られていき、固まったら金型から出されて部品の完成となります。
アルミダイカストがなぜ自動車部品に多く利用されているのかというと、大量生産を可能にする技術だからです。
ここにアルミダイカストの特徴が活かされているというわけなのです。
アルミダイカストで製造された部品というのは、大変寸法精度が高い事で知られています。
これは他の鋳造とはまた違った特徴としてあげられるでしょう。しかもアルミダイカストの場合は一度熱処理をした形になります。
すると金属が強く結びつき丈夫な部品を製造する事ができるというわけなのです。アルミダイカストで部品加工をするメリットの一つですね。
ただし、アルミダイカストに使う金型というのは、非常に大量の材料を使いますので、当然ですがコストがかかってしまいます。
だから大量生産に向いているというわけですね。大量生産だからこそ金型にかかった費用を消化する事ができるわけです。
つまり小ロットではアルミダイカストは逆にコストがかかってしまいますので、これが最大のデメリットでもあるかもしれません。

太陽パーツでは、アルミダイカストの最大のデメリットのコストを大幅に削減する事が可能です。
エコダイカストと言われる特許技術で、小ロットの部品加工にも大量生産のような価格を提案する事が可能となるのです。
ダイカストで部品加工をしたいけれど、小ロットなのでコストがかかると心配されている方は、ぜひ太陽パーツへお気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

マザーマシンと呼ばれる『工作機械』とは

工作機械というのは、普段私たちが日常的に使っている便利な機械の事を言うのではありません。
私たちの身近にある機械というと、どうしてもテレビ、冷蔵庫、自動車、エアコンやパソコンといった家電製品やAV家電のイメージがありますよね。
ですがこれらのいわゆる便利なマシンというのは、全ていろいろな部品が組み合わさって作られていますよね。
そして使われている全ての部品を作り出しているのが工作機械なのです。材料から様々な部品を作り出して製品を生み出しているので「マザーマシン」という言い方をするのです。
マザーマシンはどんな部品でも生み出して製品にして、私たち人間の暮らしを豊かにしてくれているのです。
マザーマシンと一言で言っても、たった一種類の機械しかないわけではなく、さまざまな工作機械が存在しています。
大きくわけると2つ種類があり、一つはひとつひとつを職人の技術で加工する汎用機械、そしてもうひとつはNC装置のついた工作機械です。
旋盤にフライス、ボール盤やペンチレス、板金加工などがあり、それぞれに汎用機械とNC機械とがあり、NC機械の場合は大量生産に向いた工作機械となっています。
もちろんいくら精度を出せるからといっても、NC機械には作れないものも数多く存在しています。そうした部品については職人が一つ一つ丁寧に作り上げているのです。
どちらも製品を作り出すためには欠かすことができないものであるのは間違いないでしょう。
加工機械で加工する事ができる素材も多様化しています。例えば鉄やステンレスといった金属や、アルミニウムや亜鉛合金に真鍮に銅といった非鉄金属などもあります。
さらにプラスチックやゴム、ガラスなども加工する事が可能です。だから世の中にある全てのマシンは工作機械で製造する事ができるというわけなのです。
ちなみにもちろん当然の事ながら、工作機械すら別の工作機械で作られた部品を組み立てて製造されているのです。
全ての部品は工作機械で生み出されているわけですね。どんなに先進技術であっても、宇宙工学で使われる装置にしても、全て工作機械で作られているのです。

こうして改めて考えてみると、マザーマシンというのは偉大な発明だという事がわかります。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出加工の種類【直接押出編】

アルミニウムなどの非鉄金属というのは、加工技術の進歩によって実に様々な加工方法があり、現在では欠かす事ができない非鉄金属であると言えます。
アルミニウムの加工技術の中でも、ダイスを使った加工技術のアルミ押出加工は、建具やパイプ類などを製造するときに欠かせない技術です。
そして押出加工にもいくつかの種類があるので、今回は「直接押出」という加工技術についてを、簡単にお話ししたいと思います。

まず、押出加工には温間押出という方法と、冷間押出という方法があります。このどちらにもダイスという金型を使って加工を行います。
どのように加工するのかを簡単に説明すると、材料を温めて高い圧力で押してダイスを通し、成形するという方法になります。
そして、直接押出という製造方法は、コンテナという部分にビレットと言われる材料を熱して入れます。
その先にはダイスという金型があり、ステムという部分に圧力をかけてビレットを後ろから押していき、前方にあるダイスに押し付けてダイスから製品が出てくるという方法です。
押して出すという押出加工の技術をダイレクトに利用した加工技術なので、昔から利用されてきた方法の一つです。
ビレットを押していく時の特徴としては、ビレットが大きい時は押し出す力もたくさん必要になります。当然ビレットが小さくなっていけば高い圧力は必要なくなります。
徐々に必要な圧力は低くなっていきます。
直接押出という技術には、後ろから押していくというものもありますが、摩擦が大きいだけにビレットの周囲に潤滑剤を入れる加工方法も直接押出の一つです。
さらに前方から引っ張るという方法も、潤滑剤としてガラスを使う方法も直接押出の仲間です。
メリットもあるのですが、メタルフローという現象が起こりやすくなるのも事実なので、メタルフローが起こりにくい方が都合がいい場合には間接押出で加工をするのが一般的です。

太陽パーツでは様々なお客様のニーズに合った加工技術を使って製品を加工いたします。詳しい見積もりやご相談はお気軽に担当者までご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出加工の種類【間接押出編】

押出加工はダイスと言われる金型を使って金属を加工する技術です。そして押出加工には間接押出という方法と、直接押出という方法があります。
今回はアルミ押出の「間接押出」という技術を使った加工とその構造についてを、簡単ではありますがご紹介いたします。
ちなみに押出という加工技術はダイスという金型を使って加工するのは同じなのですが、材料を押し出す時の方法が若干違うのです。押出加工の基本的な構造から説明しますと、押出加工に使う材料はビレットと言われるアルミニウムなどの塊をコンテナと言われる部分に入れます。
そしてビレットを入れて圧力をかけていきます。そうするとステムと言われる部品に押されて、ダイスと言われる金型を通って製品が出てくるというわけなのです。
間接押出の場合は、このコンテナとステムの構造が若干違い、ビレットはコンテナと言われる部分に収納されます。
そしてビレットの上にダイスが設置され、その上にステムが設置され、ステムが上方向からダイスに圧力をかけ、ダイスとステムがビレットを押していき製品が出来上がります。
押出加工で間接押出をする事にはメリットがあり、低い温度で加工をする事ができるのと、あまり高い圧力をかけずに加工する事ができるのです。
低温で加工する事ができるという事は、それだけ安定した製品を作り出す事ができるので、押出加工の技術としては人気が高いものなのです。
ちなみに押出加工によってどのよう部品の加工ができるのかですが、簡単なパイプ状のものからサッシなどの窓枠などに使われているような複雑なものまで製造する事が出来ます。
近年ではより複雑な形状の製品の加工も行われているので、これまでは無理かもしれないと思っていた部品の加工もできるかもしれません。

太陽パーツではアルミ押出加工の高い技術をもっています。お客様のニーズに合った製造方法の提案もしておりますので、部品加工の事でお困りの方はぜひ太陽パーツへお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製作に時間と費用がかかる金型についての知識

金型製作の技術の発展によって、より精度の高いより複雑な製品を作り出せるようになりました。
金型を使った鋳造製品の魅力は複雑で精度の高い製品を、大量生産できる事にあるようですが、確かに大量生産するのであれば、ダイカストなどの金型を使った加工にを頼るのは当然なのかもしれません。
ただし、鋳造加工に使用する「金型」は非常にコストが多くかかってしまう部分ですので、金型を製作するときには様々な事を考慮して製作する必要があるのです。
通常、金型を使って製品を加工する場合には、金型を新しく作る必要があるのか? 金型にはどのような材質を使うべきなのか? 本当に金型を使って加工する事が必要なのかなどについてを考慮する必要があるのです。
また、金型を使って製品の生産を行う場合には、生産性の事も考慮して製作する必要があるでしょう。
なぜならば、金型を使った鋳造というのは金型を製作する段階で、かなりの時間と費用がかかってしまう事が予想されるからなのです。
金型を製作する必要があるのかについてですが、例えば以前にも金型を使った部品生産を行っているのであれば、過去に使った金型を使用する事はできないのかを検討すべきでしょう。
また、複雑な金型を作ろうとすると、それだけ製作に時間がかかってしまったり、かかった時間の分だけ費用がかさんでしまう事も十分に考えられます。
そうならないようにするためには、金型を製作する時にできるだけ安い費用で作る事ができる、簡易タイプの金型を検討する必要もあるでしょう。
簡易型の金型を製作する事に抵抗がある方もいるかもしれませんが、例えばダイカストの金型を例に挙げると、通常はベース部分にかなりの材料を使用するのが一般的です。
金型の部分と同じくらいの大きさの材料が必要となるので、その分コストが非常に高くなってしまうのです。ところが簡易金型を使う事によって、費用をグンと削減する事も可能になります。

太陽パーツではエコダイカストという、従来の金型の精度はそのままにベース部分の材料をカットする事ができるので、精度はそのままに非常にコストを下げる事が可能です。
しかも簡易金型といっても金型としての精度は従来と同等、またはそれ以上の金型なので、どうしても新しい金型を製作しなくてはならない場合には、太陽パーツへぜひお気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.