太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

あらゆる目的に使用される【レーザー加工】の特徴やメリット

金属加工にはさまざまな技術があり、それぞれに適した加工を行う事で、より良い製品を造り出す事ができるのです。
その中でも特に微細加工が得意な金属加工として、レーザー加工というものがあり、旋盤やフライスといった加工とは全く違ったさまざまな加工をする技術があるのです。

簡単にレーザー加工の特徴を説明すると、金属にレーザー光を照射する事によって、細かな加工を行う事ができるため、より精密な加工を行う事ができるとして注目を集めています。
例えば金属加工を行う時には、金属を削るといった作業を行うために、加工すると熱を発する事が多いので、その熱が原因で膨張やゆがみを生じる事もあります。
一方でレーザー加工の場合には熱による変形などが少ないため、リスクの軽減をしたい製品の加工に向いていると言えるでしょう。
レーザー加工の中には、レンズで集光しながら加工する事ができるため、全く違った材料を溶かして溶接する事も可能です。
この特徴を活かして溶接にもその技術が用いられます! つまりレーザー加工は一般的な溶接よりもより溶込みの深い加工ができるという事になるわけです! 特殊な溶接をしたい時にもレーザー加工は利用されているわけですね。
それもこれもレーザーが集光して熱を発して加工をするという特徴があるからで、穴あけや切断はNC装置やコンピュータ制御ができるため、自由自在な加工を行う事ができるのです。
熱による影響も少ないのはもちろんですが、薄い金属板から厚みのある金属まで加工する事ができるのも利用価値が高い金属加工法だと言えるのではないでしょうか。
また、レーザーにも数多くの種類があるので、加工したい製品の材料の種類を選ばず加工する事も可能です。
レーザー加工とはまさしく近未来的な、自由の利く金属加工の方法であると言える技術でもあるのです。

太陽パーツではあらゆる金属加工の技術を提供できるように心がけています。金属加工やレーザー加工などの事でお悩みならば、一度お気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工とプレス加工の違いとは【プレス加工編】

今回は前回に引き続き、板金加工とプレス加工の違いについてお話いたします。

・プレス加工とはどんな加工なのか?
一方でプレス加工というのは雄雌の金型を製造して、その二つの金型の間に加工する金属を挟んで、強い圧力をかけて製品の成型を行う加工技術です。
人の手で圧力をかけるのではなく機械が行ってくれるので、製品にばらつきが出にくい加工技術であると言えるでしょう。
安定した製品を短時間で加工できるので、大量生産にとても向いている加工方法です。
そして短時間に製品を大量生産できるため、製品一つの単価が安く済むというメリットがあります。
もちろん良い事ばかりではなく若干のデメリットはあります。それは金型を作るので急激な図面の変更をするのは難しいでしょう。
新たに金型を作る必要があるため、どうしても時間がかかってしまうのは確かです。

・二つの加工を上手に利用するのがおすすめ
どちらで制作をしたらいいのか迷うところですが、最初から大量生産を必要とするケースは少ないですので、最初の段階では精密板金などで加工をしてもいいでしょう。
生産数が上がってきて板金では製造が間に合わなくなってきた段階で金型を作り、プレス加工で大量生産に移行するというのが余計なコストがかからず、スムーズに移行できるのではないでしょうか。

太陽パーツでは金型の製造から製品の生産までを一貫して行う事ができ、コストの削減にも貢献できるので、プレス加工についてもお気軽のご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工とプレス加工の違いとは【板金加工編】

金属を曲げたり打ち抜いたりする加工方法と言えば、『板金加工』そして『プレス加工』と答える方が圧倒的に多いのではないでしょうか。
よくこの二つの加工方法は混同されがちですが、実際は板金加工とプレス加工というのは似ていて違う加工方法なのです。
今回はこの二種類の加工方法の違いについてを、簡単ではありますが説明していきましょう。

・板金加工とはどんな加工なのか?
まずは板金加工ですが、板金という言葉を見ればわかるように、板の金属を加工するのが板金加工です。つまり加工をする時には金属の塊ではなく板状の金属を使って加工をするのです。
加工の方法は「型抜き加工」「簡易成形」「曲げ加工」そしてレーザーによる「外形・型抜」です。
加工のための機械は人の手で行う機械を使っている企業が多く、NCを使って行う精密板金でさえ人の手を必要とするとてもデリケートな加工方法です。
どういった製品に適しているのかというと、試作品や急な図面変更があった時などには対応がしやすい加工法で、発注者にとってはイニシャルコストがかからないというメリットがあります。
金型を必要としない加工方法なのも特徴の一つで、ちょっとした曲げや抜き加工をしてほしいという要望に迅速に対応できるというのもメリットです。
ところが、板金加工はとても小回りがきく加工方法ですが、誰でもすぐに覚えられるというものではなく、どちらかというと職人が長年培ってきた経験がものをいう加工法です。
そのため技術力が必要となります。さらに人が一つ一つ加工をしていく製造方法なので、1日に製造できる製品の個数が限られてくるのも特徴の一つだと言えるでしょう。

 

太陽パーツでは精密板金はもちろんプレス加工にも自信があります。現在小ロットから大量生産までどうすればいいのか迷っている方は、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

材料や目的に応じて異なる金型の種類【2】

今回も前回に引き続き、材料や目的に応じて異なる金型の種類について残りの3種類をご紹介いたします。

3.鋳造金型
鋳造金型というのは溶かした金属を流し込んで冷やして固めるという製造方法で、金型も製品の大きさなどによって金属で作る金型と砂を使って作る金型とがあります。
砂型の鋳造金型は大きな製品を作る時に多く利用されていますが、大量生産には向いていません。
一方で金属の金型の場合には大量生産をする事ができるので、やはり用途に合わせて金型を決定する必要があるのです。

4.鍛造金型
鍛造は金属の材料を叩いて成形するという方法で、叩いて金属を鍛える事によって頑丈な製品を造り出す事が可能です。
自動車のエンジンに使われているピストン部品、歯車などを中心として利用されている金型です。

5.プラスチック金型
多くの製品がプラスチックで作られていますね。例えばスマホや携帯電話や冷蔵庫の内側部分、洗濯機のプラスチック部分、テレビのフレームやパソコンのフレームなどもそうですね。
これらの製品はそれぞれ金型を使って生産しますが、プラスチックの製品用の金型は射出成型を行いますので、専用の金型を作る必要があるわけです。

いかがだったでしょうか。金型はどのような製品をどういう使い方をするかによって変わります。
これからも技術が発達していき、私たちの生活を豊かにしてくれる事でしょう。太陽パーツでは多くの金属加工を行っていますが、特に金型に関しては高い技術を持っています。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

材料や目的に応じて異なる金型の種類【1】

製品の図面があれば確かに金属加工のさまざまな技術を駆使して製品の生産が可能ですが、金型を使う事によって同じ製品でもコストダウンができるものも多いのです。
ところで金型を使って製品を作る技術は色々な製品や分野で利用されていて、大型の製品から小さな製品まで多岐にわたっているのです。
もちろん全てが同じ材質で作られているわけではなく、いろいろな金属や素材で作られています。
そして金型も全てが同じように作られているのではなく、用途や材料によって大きくわけて5種類にも分かれているものなのです。

1.ダイカスト金型
鋳造の一種ですが、より複雑で多種多様な製品を造り出す事ができるのがダイカスト金型です。
自動車部品や航空部品、そして船舶や鉄道部品など様々な重要部品を生産しているだけではなく、家庭用品や家電製品などにも対応しています。
ダイカストは金型製造の最たるもので、日本の工業や生産業を支えている技術であると言えます。

2.プレス金型
金属板の材料を金型に挟んで圧力をかけて成形する技術で、自動車のボディーなどに利用されている高い生産性の技術です。
抜き方、曲げ、絞り、圧縮などの技術があり、製品の形状や用途に合わせて金型を製造して利用します。
精度の高い製品を大量生産できるので、多くの製品に利用されている金型なのです。

次回は残りの3種類をご紹介いたします。
金型を利用しての製品の生産に関してお悩みの方は、ぜひ太陽パーツへご相談お問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品を生産するための金型が高価な理由

金属加工業者にとって『金型』の費用というのは頭を悩ませる部分でもあります。昔から金型を製造してもらう時はコストが高いものだという認識があるからでしょうか。

例えば、ちょっと大きな形状のものならば200万円以上はかかる、小さいものでも複雑な形状だったらやっぱり200万円以上はかかるという話もよく耳にしたものです。
ですが本当に金型の費用はそんなに高いものなのでしょうか? 確かに金型は一点ものだし見本がないものなので、ある程度の金額がかかるのは仕方がないものなのかもしれません。
だからダイカストやプレスや押出などに使う金型は高いのでしょう。高いからこそできるだけロット数の大きな製品の生産が望ましいと感じるのかもしれません。
確かに大量生産の方が金型代を消化しやすいので理想ではありますが、金型そのものの大きさを見ると金型代が高いのは仕方がないかもしれないと思うのは当然かもしれません。

なぜならば、ダイカストの金型というのはベース部分が金型部分と同じくらいの大きさがあるものなので、ベースの部分に使う金属の塊が非常に金型を高価にしているのです。
例えば金属を購入する時にはその金属の重量計算をします。

金属の重量計算の式
重量=体積×比重(金属によって違います)となっています。
ステンレスの場合で丸棒の場合ですが、30mmで長さが1mの場合で計算すると計算式は次のようになります。
重量=半径(mm)×半径(mm)×3.141×長さ÷1000000
なので重量=15×15×3.141×1000÷1000000×7.93となり、重量は56.043kgとなり、そこにkg単価をかけてあげましょう。
130円とすれば7285円という金額がでますよね。これを鉄で計算すればいいわけですが、いずれにしても金型の部分と同じだけの金属を使うとなると、やはりかなりコストが高くなってしまいます。
だから金型は高価なものになってしまうわけです。でも逆に考えるとこのベースの部分の金属の塊を何とかできれば金型の問題は解決するはずです!

そこで太陽パーツではエコダイカストを採用しています。エコダイカストは金型のベース部分を共有にしてしまう事で、金型本体のみを製造すればいいので金型のコストを削減できます。
もうこれからは「金型に200万円くらいかかるかな?」などと不安にならずに済むので、小ロットの製品の受注生産にも手が出せるようになるでしょう。
金型のコストダウンをしたいと考えているのであれば、迷わずエコダイカストの太陽パーツへご相談・お問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

さまざまな所で活躍するアルミニウムの加工製品

アルミニウムは私たちの生活には欠かすことができない金属です。それは他の金属にはないアルミニウムだけにある様々な特性がそうさせているのでしょう。

例えばアルミニウムというのはとても軽い金属で、鉄と比べても同じ大きさなのに重量はおよそ1/3しかありません。という事はそれだけ軽い製品を造り出す事ができるという事になります。
軽いというのはさまざまなメリットを生み出します。例えば車の場合アルミニウムを使ってボディーを作る事によって、燃費がとてもよくなりましたよね。
軽ければそれだけ動かす時の燃料も少なくて済むわけです。さらに意外な事にアルミニウムは他の金属と混ぜて合金にする事で、かなり強度の高い製品を造り出す事ができるのです。
軽くて強度が高い金属ができるため、自動車のエンジン部分や航空機の部品などにも広く使われるようになったのです。もちろん自動車部品だけではなく建築材料などにも多く利用されるようになりました。
さらに金属の多くは錆てしまったりして耐食性が悪いのですが、アルミニウムは塗装やメッキなどをしなくても耐食性が高い事で知られています。美しい状態をずっと保事ができるのです。
そして最大の特徴と言えば柔らかい金属なので加工しやすいというのがあります。もちろん粘性がある金属ではあるので、加工する時には専用のバイトやチップが必要な事もあります。
また、アルミニウムは通電性が高いので、昔は銅で作られていた電線などがアルミニウムに変わりつつあります。さらにアルミニウムはリサイクル性が高く、特にダイカストや押出などの場合いには不良は出ません。

これだけの特性があるので、家庭用品、日用品、家電製品、建材、鋳造、航空機、電線やワイヤー、化学プラントの配管、鉄道車両、自動車部品、船舶部品、スポーツ製品など多くの分野で活躍している金属なのです。
しかも無害無臭なので食器や医療機器などにも多く使われている金属、それがアルミニウムという金属なのです。

太陽パーツではアルミ押出の製品を、金型から最後の表面処理まで一貫として行っています。さらに詳しい情報や見積もりなどがありましたら、お気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

複雑な断面も容易に製造!アルミ押出の特徴

アルミ押出は建具や金属管などを製造する時には絶対に必要な加工技術です。使う素材がアルミやアルミ合金だと、いつまでも美しい白銀の状態を維持できるので、特に建具には欠かすことができません。
ところで、建具というと確かに複雑な形状ではありますが、窓ガラスが外れないようにスライドさせる部分を付けるという事だけで、それほど複雑な形状であるとは思いませんね。
ですがアルミサッシなどの建具はアルミ押出ではほんの序の口なのです。例えばアルミニウム合金は耐食性に優れている金属だという事以外に、耐摩耗性や絶縁性という特性があるので、それを活かした製品に使われる事が多いのです。
その代表的なものが、自動車には欠かすことができないキャビンやドアのフレーム部分です。実は押出をしながら曲げ加工を同時に行うという加工方法を使って、強度が高い製品を造り出す事ができるのです。
もちろん一体で作ることができれば、強度が高いだけではなく軽量化を実現する事だってできるでしょう。何しろ溶接やボルトなどの余計なものを使わなくて済むので、加工にかかる時間も短縮する事ができます。
変形が心配という話も確かにあるようですが、その問題についても中リブをつくる事によって、変形防止をする事ができる事がわかっています。
もちろんまだまだ発展を続けている部分ですが、不良をできるだけ少なくするために、曲げ加工を行う時のしわの予測や、割れの予測などを事前に行う事ができます。
このように予測をする事によって、最適な形状に製品を加工する事ができるようになるというわけなのです。
製品を製造する時にあらかじめ複雑な形状の金型で作り、そこに曲げなどの加工技術を加える事によって、これまでは難しかったより複雑な形状の製品をコストをできるだけかけずに作ることができるのです。
さらにアルミ押出は不良率が低く、製造過程で不良となった製品でもリサイクルが可能なので、不良によるコストがかからずに済むのです。

太陽パーツではアルミ押出の技術はもちろん、複雑な形状の金型の製作も得意としていますので、金型や製品についての相談がありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの利点を最大限に活用しよう!

部品の加工をするのなら製品の特長を活かした製造方法を選ぶべきです。
なぜそうするべきなのかというと、適した製造方法で製品を加工すると、それだけコストが下げられるというのもありますし、何よりも効率よく製品を提供する事ができるからです。
しかもできるだけ生産性の高い生産方法が必要ならば、最適な製造方法を見つけるのが一番です。
中でもダイカストは他の加工技術と比べても、「生産性」「強度」「精度」「軽量化」の全ての面で優れた技術だと言えるでしょう。
ダイカストの利点は8つあります!

まずは高い生産性です。ダイカストは短時間に同じ製品を大量生産する事ができるので、同じ製品を大量に生産するのならばダイカストの技術を利用するのが一番でしょう。
また、生産性の高さだけではなく製品の強度が高いのもメリットであると言えます。さらに製品の形状が複雑だったとしてもインサートなどを使えるので、複雑な製品にもきっちりと対応する事ができるのです。
さらに丈夫なので軽量化したいと思っている場合にも対応できます。最近の金型はとても精度が良いので、肉薄の製品を大量生産できるというメリットがあるのです。
表面処理をする製品でもさまざまな表面処理ができるので、研磨はもちろんですが塗装やメッキを必要とする製品にも最適な製造方法です。

【様々な製品の製造に適した製造方法がダイカスト】
機械の部品を作るにもダイカストは最適です。電子部品の製造をするにしても、ダイカストの利点を最大限に活用すれば、安定した生産性と性能の製品を作る事ができるというわけです。
しかも使用する材料は軽い金属なので製品の軽量化をするのにも適しています。これまで数多くの製品の軽量化ができたのも、安定した製品の部品の供給ができるのもダイカストを利用する利点だと言えます。
ただし大量に製品を生産する場合にはそれほど問題にはならないのですが、小ロットの場合にはコストが高くなってしまう事もあります。
それは金型の製作のコストが高いからで、そのコストも製品の生産数が多ければ解決できますが、一般的な金型だとどうしても小ロットだとコストがかかってしまうのは仕方がない事なのです。

太陽パーツではコストの削減のできるエコダイカストで製品の製造をしています。金型にかかる費用がこれまでの半額で済むのです。
小ロットでコストの事が心配な場合でも、想像以上に低コストでダイカストを利用する事ができる太陽パーツをぜひご利用ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストが地球や環境に優しいのはなぜ?

どんな製品を作るにしても材料の切れ端は残ってしまうものです。それは衣服の製造にも言える事ですが、金属加工業でも材料全てを製品に充てる事はできません。
切粉と言われる切りくずが出ますが、この切粉は一か所に集められて業者にゆだねる事になるのですが、よく考えてみるとこの切粉を含めた製品の価格になっているのです。
かと言ってリサイクルをするのは意外と難しいものですよね。繰り返し削った金属を使えればいいのに……。
それを実現したのがダイカストという製造方法なのです。今回はダイカストはどうして地球や環境に優しいのかをお話ししていきましょう。

・アルミ合金を使う事でリサイクルが容易
ダイカストはアルミ合金などの金属を熱して溶かして成形します。成形する時には金型に金属を流し込んで、金型の中で冷えて固まります。
そのため基本的に他の金属加工に比べると端材が出にくい事で知られています。もちろん全く端材が出ないという事ではありません。
日本で年間150万トンもの製品が作られていますが、その内アルミダイカストで使われるアルミニウムは100万トン、そのほかの鋳造で使われるアルミニウムが50万トン程度あります。
実際に余ったアルミニウムをリサイクルしているのはおよそ90%です。もちろんアルミダイカストにだけ再利用されるのではなく、他の金型鋳造でアルミダイカストで出た端材を使う事も多いようです。
こうした事から、ダイカストは地球や環境に優しい加工方法であるという事になるのです。

・ダイカストでリサイクルをする時の注意点
ダイカストはリサイクルできるので地球や環境に優しい加工技術ですが、注意しなくてはならない事もあるのです。
例えば材料には微量ながら他の金属や物質が混ざっている事になります。他の鉱物が混ざる事による製品の影響についても考える必要があるのです。
そのため廃棄する金属を再利用する時には、分別する時に細かく分類して製造に使う必要があります。
しかしこうした分類に使う作業というのはとても大変な作業です。だからこの作業をなるべく少なくするためにも、製品の製造をする時にできるだけ無駄がでないように金型を作るのです。

太陽パーツでは地球や環境に優しい技術、ダイカストでの製品加工を行っています。もちろん無駄を抑えつつリサイクルを行い、コスト削減を実現したい企業に貢献しています。
ダイカストでの部品生産を検討しているのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.