太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

製品の軽量化を叶えるダイカストの技術とは?

ダイカストの技術の進歩によって、今日まで様々な製品がダイカスト技術で生産されてきました。なぜこれほどまでにアルミダイカストは活用されているのでしょうか?
それはアルミの特性を活かした製品を生産し使う事によって、欲しい性能を手に入れる事ができるからでしょう。
アルミダイカストで作られた製品の特長は複数あるものですが、その中でも「軽量化」したいと考えている分野では、アルミダイカストにはさらなる進化を求める声が少なくないのです。
例えば自動車業界では、製品の軽量化を行う事が非常に重要な目標となっています。なぜならば世界中で温暖化現象による気候の変動によって、大きな災害を引き起こしているため、重量の問題はとても深刻な問題だからです。
自動車が重いと使うガソリンの量も多く必要ですし、自動車の重量が重いと路面を傷める原因にもなります。
そのため自動車メーカー各社では、できるだけ使う部品を減らして少しでも軽量化ができないかと頭を悩ませているのです。特に重さが気になるのがエンジンやフレームなどです。
この部分は自動車を動かす重要な部署であり、命を守る重要な部分でもあります。これまでは鉄などを使って作られていましたが、これをアルミに変えるだけでおよそ1/3も重量を軽減する事ができるのです。
しかもアルミは腐食しにくいという性質を持っていますし、軽くて丈夫な素材であるので、自動車の部品にアルミが使われるのは当然の事だと言えるのです。
さらにアルミダイカストで部品を製造すると、複雑な形状でも金型一つで大量に生産する事が可能となります。一つの金型で生産できるという事は、余分なビスやねじなどが不要となります。
つまりそれだけ軽量化が実現できるという事になり、燃費が向上して地球温暖化の問題の改善に努める事が可能になるのです。より複雑な製品の生産を行うには精度の高い金型が必要となります。
太陽パーツでは、より複雑でより精度の高い金型を作る事に力を注いでいます。ダイカストの進歩はすなわち軽量化に貢献できる一歩になるからです。
アルミダイカストの技術を使って製品の軽量化を実現したいとお悩みでしたら、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

安心な製品をつくる日本だからこそ大切にしている「バリ取り」

加工品には様々な製造工程があります。どんな加工品にも花形と言える工程があるものですよね。例えば金属加工であれば機械オペレーターは花形だと言えるのではないでしょうか。
ですがオペレーター以外にもたくさんの工程をそれぞれの担当者が行っています。そんな中で「バリ取り」という作業がありますが、数ある工程の中でもちょっと地味に感じる作業と思われるかもしれません。
確かにちょっと地味な作業ですが、バリ取りという作業は他の加工以上に重要な作業です。
なぜならばバリ取りは製品を美しく、そして安全を考慮して行う重要な仕上げ作業の一つだからです。まずはバリ取りについての説明をいたします。
バリとは何かというと、製品の加工を行った時に残る材料の端っこのようなものです。金属の部品はもちろんの事ですがプラスチック製品やゴム製品にも出るものなのです。
もしも金属の部品のバリをそのままにしておいたら手を切ってしまうかもしれませんし、見た目にもとげとげしくてお世辞にも美しい製品とは言えません。
さらに組み立てを行った時にバリがあるとうまく組み合わさらなかったりします。製品の性能や見た目を最大限に引き出すためにもバリ取りは重要な作業なのです。
一般的にバリ取りを行う場合には専用の工具を使います。例えばプラスチックであればナイフのようなものを使ってバリをなぞり、バリを切り取ってしまいます。
ゴム製品の場合は専用のハサミなどを使ってはみ出した材料を切り取っていきます。金属の場合は加工の際に面取りを行う事が多いですが、バリがかえってしまったらやはり専用の工具を使って取り除くのです。
バリ取りを行う理由はいろいろとありますが、製品の性能を引き出す事はもちろんですが、回路などのバリがあるとショートする可能性があるので、バリ取りは製品を正常に動くようにするための作業でもあるのですね。
特に日本の製品は世界の中でも美しく性能が良い事で知られていますが、バリ取りのような作業をしっかりと行う事も、日本製品の良さを引き出す要因の一つとなっているのです。
このようにバリ取りは必要不可欠な工程である事がわかりました。ただ作業自体はとても単調な作業であるのは事実ですので、細かな作業が苦にならない方に適した仕事だと言えるかもしれません。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

建築資材でも活躍するアルミ押出は太陽パーツにご相談を!

時代とともに使われる素材が変わってきました。歴史的な建造物を見るとその時代に用いられた素材がわかりますよね。中世ヨーロッパではレンガや土などを多く使われていました。
現代の日本でも同じように土やレンガ、木などを使った建物が多く作られていた時代があり、現代では鉄骨を多く使われた建造物が増えていきました。
ところが現代ではアルミ建材を使った建造物が増えています。アルミ建材を使った建造物はとても美しく、少しずつ日本でも増加傾向にあります。
その理由はアルミを建材の構造部材として国が認可したためだと考えられます。建造部材として認可されたという事は、アルミが建材として適していると評価されたからです。
アルミの建築資材の多くはアルミ押出技術を使って製造されています。アルミサッシだけではなく様々な建材として活用されています。軽くてとても丈夫なのが特徴です。
実はアルミの重さは鉄のおよそ1/3という軽さです。この軽さが大きな建造物の建築資材として使われる理由の一つです。さらに腐食に強くとても丈夫なのも良いですね。
他の金属と違って耐腐食性に優れていますし、表面処理を行うのにも適しています。表面処理を行う事によってより強い建築資材を作り出す事も可能なのです。
建築資材にアルミを使う場合には、アルミ押出の技術を使って生産されますが、技術の進歩によってより複雑な形状の建築資材を加工する事が可能です。
もちろん建築資材以外にもニーズに合わせた製品の加工が可能となるでしょう。太陽パーツでは様々な建築資材の生産を行っています。
金型の技術の進歩によってお客様のニーズにお応えしています。アルミ押出を使った製品の生産についてご検討であれば、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの鋳造技術を知ろう

ダイカストは鋳造という技術を用いた金属加工技術です。鋳造の加工技術は日本でも古くからあります。青銅器などの多くは鋳造の技術で生産されていました。
現在は金型技術や加工機械の精度も上がり、多くの部品の製造を鋳造技術で作っているのです。今回はダイカストの鋳造技術についてを、わかりやすく説明していきましょう。
ダイカストとはダイ・キャスティングの略で、溶けた金属を金型に圧入して冷やして固めて製品の生産を行う技術です。加工に使う金属の多くは非鉄金属です。
アルミニウム合金、真鍮、亜鉛合金、錫、ステンレス鋳鋼などがありますが、ダイカストで使用される事が多いのはアルミニウム合金、真鍮、亜鉛合金の3種類となっています。
製品の生産を行うダイカスト機械には「金型」が必要となります。そしてこの金型が製品の精度にも強く関係しています。金型の良し悪しや形状によってより精度の高い製品を作り出す事が可能となるのです。
ダイカスト機械で製品の生産を行うためには、ダイカスト機械に金型を設置して溶かした金属を圧入して製品の生産を行いますが、できた製品は自動的にピンで押されて金型から外れます。
人の手を必要としないため自動で製品の生産を行う事ができるのです。ダイカスト技術が大量生産に向いているのは自動的に製品の加工ができるからだけではありません。
精度の高い製品を大量に作る事ができる事もダイカスト技術が選ばれる理由の一つなのです。
ダイカストで製造された製品にはバリなどがついており、そのバリは尖っているためバリを除去する必要があります。実はそのバリ取りの作業も自動で行う事ができるので、コストを上げる心配もありません。
さらにダイカストで作った製品はバリ取りを行うだけではなく、処理もしやすい特徴を持っているのと、アルマイトの豊富なカラーバリエーションにも注目すべきでしょう。
特にアルミダイカストは他の鋳物(いもの)技術で作った製品と比べると、見た目もとても良く寸法精度にも優れていて薄肉の製品が作れるので、品質に優れた製品を大量に作りたい場合におすすめです。
太陽パーツでは優れたダイカスト技術によって、様々な製品の生産を手掛けています。ダイカストの事や金型の事でお悩みならば、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミを使った製品化を行う際のメリットとデメリット

現代では便利な製品がたくさん生産されており、私たちが日々生活しやすい環境を作り出す事ができています。
中でも金属加工技術の向上のおかげで、様々な製品の製造が行われていますが、使われている金属製品にも様々な金属が使われています。
特にアルミを使った製品は軽くて丈夫であるため、様々な製品に使われているのですが、今回はアルミを製品にする時のメリットとデメリットをご紹介いたします。
【アルミを使うメリット】
まず第一にあげられるのは「軽さ」です。アルミの登場によって、それまで重量が重くて大変だった製品が、飛躍的に軽くなった事で多くの製品に使われるようになりました。
その代表的なものが自動車やパソコンなどの部品、そして航空機の機体などです。今や軽量化のためにアルミは欠かすことができない存在でもあるのですね。
さらにアルミは腐食しにくいというメリットがあります。さらに耐食性を強化したい場合には、アルマイトなどを施すことで、協力な腐食対策を行う事ができるのもメリットです。
三つ目のメリットとしては柔らかい金属なので加工がしやすいというのがあります。例えば他の金属の場合には加工する時にチップやドリルなどの工具が傷みやすくコストがかかる事があります。
ところがアルミは柔らかく加工しやすい特徴があるため、加工ツールが傷みにくくコストを抑える事ができるのも特徴です。
【アルミを使うデメリット】
アルミのデメリットの一つはその柔らかさにあります。やはり鉄やステンレスに比べると柔らかいため、製品に強度を求める場合には向いていません。
例えば他の金属の場合は焼き入れをしたり焼き戻しをしたりする事で、硬さをある程度変化させることができますが、アルミの場合はそう簡単にはいかないのです。
特殊なアルミもありますが、強度が高いかもしれませんが腐食しにくいというアルミのメリットを犠牲にする事にもなってしまうのです。
また、アルミは溶接をすると溶けやすいので難しいというデメリットがあります。一定以上の厚みがある素材の厚みが必要になるため、溶接を要する場合には注意が必要になるでしょう。
三つ目のアルミのデメリットは他の金属よりも材料費が高いという点です。小さな部品や薄肉の製品だったらコストがかからないかもしれませんが、厚肉だったり大きな製品の場合はアルミよりも他の金属の方が安くできます。
これらのアルミのメリットとデメリットをよく考慮した上で、アルミを材料に使う事を検討されるといいでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

亜鉛ダイカストとアルミダイカストを比較すると?

ダイカストには亜鉛ダイカストとアルミダイカストがあります。材料は違っても精度の高い製品を作る事ができるのには変わりありません。
二つの材料があると聞くと「どちらの材料で製品を作るべきなのか」悩む事もあるかもしれません。もしも悩んだのならば、特徴を知る事で解決できます。
それぞれの材料の特徴についてをわかりやすく説明いたします。
アルミダイカストの特徴
まずはアルミダイカストだと部品一つ一つを軽くする事ができます。また、鋳造しやすいという特性を持っていますので、生産量は亜鉛ダイカストよりも多いでしょう。
選ばれる理由には軽量なのに強度があるという点です。さらにアルミニウムというのは伝導性や熱伝導性に優れているので、電線などにも活用されている優れた素材です。
さらにリサイクルも可能で資源が豊富なので、コストを抑える事も可能でしょう。そして耐食性にも優れていますので、美しさと強度を保つ事も可能です。
一方で亜鉛ダイカストはどんな特性なのかをご紹介いたします。
亜鉛ダイカストの特徴
アルミダイカストよりも加工性が優れています。そのため複雑な形状の部品の加工にも向いているでしょう。薄肉で複雑化した金型でも失敗が少ないのも特徴です。
しかも寸法精度がとても高いので、部品に高い制度を求める場合に活用される事が多いでしょう。また、鋳造後の成型もアルミダイカストと比べて簡単です。
優れた加工性があるという特性があるため、金型の傷みも少なく済みますので、アルミダイカストと比べると、金型の寿命が長いというのも特徴だといえます。
どちらの材料を使って部品の生産を行うのかは、それぞれの特性をしっかりと踏まえて決定すると良いでしょう。
太陽パーツでは、アルミダイカストでも亜鉛ダイカストでも美しく精度の高い製品を製造いたします。設計・金型の製造・製品の生産を一貫して行います。
ダイカスト技術を使った部品の生産を検討しているのでしたら、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切断面の仕上がりが美しいレーザー加工

人に適材適所があるように、金属加工にも適材適所が存在しています。例えば金属板を使った加工だとプレス加工で加工を行うのが主流かもしれません。
ところがプレス加工の場合はパンチによって金属を引きちぎる加工になりますので、どうしても仕上がりを美しくするのが難しくなります。
ギザギザした断面図になってしまったり、下の部分にかえりが出てしまったりします。特にR形状の場合はどうしてもだれてしまいがちです。
部品に美しさを求めるのならば、美しい仕上がりを作る事ができるレーザー加工を使うのがおすすめです。
レーザー加工は先端にレーザーを発するツールを使って様々な加工を行う事ができます。プログラムを組んでその通りの形状にレーザーを動かす事ができます。
R形状であっても四角であっても関係なく加工を行えるだけではなく、穴あけや溝を入れたりする事も可能です。この技術を使ってネームプレートなどを作成する事も可能です。
例えば、プレス加工を行う時の形状が無かった場合、金型を別に作らなくてはならずコストがかかってしまいますが、レーザー加工の場合は金型を必要としません。
しかも断面がとても美しく、プレスのような裏側に誰が生じる事もありません。たわむこともありませんので精密加工を行いたいという場合に向いた加工技術です。
自動的に作業を行いますので量産する事も可能です。金型を作る必要もなく金型の費用を抑える事ができ、一度の加工で仕上げる事ができるので、薄肉の製品の生産にはうってつけです。
太陽パーツでは部品の形状によって、様々な加工機械で部品の生産を行います。コストを少しでも抑えたいと思うのならば、ぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミの特性を生かしたアルミ押出の二次加工について

アルミ押出はアルミを熱してダイスと言われる金型に押し付けて製品を生産します。一本の製品は長い状態で生産されます。
そのまま納品する事も可能ですが、たいていの場合は加工を行って納品いたします。実はこの二次加工を行う時にアルミの特性を生かした加工ができるのです。
最も多い二次加工としては切断加工を行うというものです。アルミは柔らかく専用の加工機を使って切断をして納品をいたします。
次に多いのがあるまいと処理や塗装処理です。アルマイト処理を行う事によって、表面を美しく仕上げる事が可能になります。
アルミは通電性が高いので処理を行う時に、通電性を生かした塗装を行う事も可能です。
もちろんアルミ押出の二次加工はこれだけではありません。切断加工を行った後にマシニング加工による穴あけや溝加工などを行う事も可能です。
建具などの場合には組み立てる時や建材に組み込む時のねじ穴や、鍵用の溝や穴などの加工を行う必要がありますが、素材が軽く柔らかいのでスムーズに作業が行えます。
他の二次加工としては、切断と穴あけなどの加工のほかに、柔らかいアルミの特性を活かしてプレス加工を行い、必要な形状に変形させることが可能です。
より複雑な形状を作る事ができるので、さまざまなニーズにこたえる事ができるのです。さらにプレスではなく曲げ加工を行い細かな形状を付け足す事も可能です。
これらの機械的な二次加工の最終的な処理として行うアルマイト処理や、塗装処理を行うわけです。処理や塗装を行う時には加工の時についた細かい傷も消す事ができます。
だからアルミ押出の製品は仕上がりが美しく、複雑な形状の製品を作る事ができるのですね。
太陽パーツではアルミ押出の製品の二次加工、処理などについても丁寧に行っております。詳しくは太陽パーツのホームページまたはお電話などでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多くの鋳造法からダイカストが選ばれるのは理由がある!~その2~

前回に引き続き、「多くの鋳造法からダイカストが選ばれる理由」について残りの3つをご説明させていただこうと思います。

3.設計が用意で変更もしやすい
CAD/CAMなどを使って部品の設計を行い、必要な金型を作成する事ができるので、製品の複雑化や軽量化にも柔軟に対応する事ができるメリットがあります。
そのため試作品を作って変更しながら完成品の製造が可能となります。これらの柔軟性も他の鋳造法とは違って、ダイカストが選ばれる理由でしょう。

4.なめらかな表面なので表面処理が楽である
ダイカストの部品の表面はとてもなめらかであるため、メッキ処理を行う時にもそのまま処理する事が可能です。また、塗装を行う時も同様にそのまま使えます。
もちろん面相度が必要な場合には研磨などの処理を行う事も可能です。処理が楽になるというのも選ばれる理由となるでしょう。

5.最大の理由は大量生産ができるという事
金型を使って部品の生産を行います。一度段取りを行う事で自動的に製品の生産を行います。1日の生産量が非常に多く大量生産に向いています。
金型の寿命も長く、一度作れば相当量の部品生産が可能となります。こうした理由で自動車部品や日用品を作るのにダイカストが選ばれているのです。

太陽パーツでは高い金型製造の技術と、コストパフォーマンスに優れたエコダイカストの技術で、優れた部品の生産を行っております。
ダイカストのコストを少しでも安くしたいのであれば、ぜひ一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多くの鋳造法からダイカストが選ばれるのは理由がある!~その1~

私たちの生活を便利にするものは世の中にたくさん存在しています。その多くのものが金属を使って作られています。
例えば人が暮らしている住宅も、昔は木造だったものが鉄筋に変わったり、中の建具などの部品の多くもアルミの建具などが使われるようになりました。
他にも遠くの家に行くために使う自動車も、金属の部品を数多く使われています。実はその多くの部品を作っているのがアルミダイカストなのです。アルミダイカストというのは鋳造法という技術です。もちろん鋳造法はアルミダイカストだけではありません。
砂型鋳造、Vプロセス鋳造、消失模型鋳造、精密鋳造、重力金型鋳造、低圧鋳造など、様々な鋳造法がありますが、その中でもダイカストが選ばれるのにはちゃんとした理由があるのです。その理由について、2回に分けてご紹介していこうと思います。

1.寸法精度が高い
ダイカストは金型を使って製品の製造を行いますが、技術の進歩によって他の鋳造法に比べても、高い寸法精度を得る事ができる製造方法です。
製造後に別の加工機械で仕上げをしなくても、そのままま表面処理を行って製品として使う事ができるほど、寸法精度が高い製造法です。
当然ですがその寸法精度が高い製品を作るための、金型の進歩にも注目すべきです。優れた金型とダイカスト機械の進歩によって、得られた結果だと言えるでしょう。
2.薄肉で強度の高い製品が作れる
普通は薄肉というとどうしても強度に問題が起こる心配がありますが、ダイカストの場合は複雑な形状であっても薄肉の形状であっても、一定の強度を保つ事ができます。
さらに薄肉にする事によって、部品一つの重量を軽くする事が可能となります。そのため部品を多く使う機械や、自動車などの軽量化をする事が可能となります。

次回は残りの3つのポイントについてご説明致します。ダイカストについてのご不明な点などございましたら、ぜひ一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.