太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

金属加工における「除去加工」とは?

金属加工によって様々な製品の加工ができるようになりました。金属加工の種類は豊富でどんな製品でも加工する事ができます。
数多くの加工の種類がありますが、実は金属加工は大きく分けるとたった二種類しかありません。その一つが「非除去加工」そしてもう一つが「除去加工」」です。
今回は「除去加工」について説明いたします。
金属加工における除去加工というのは、金属を削って加工する加工方法です。もっと簡単に言うと切りくずが出るものが除去加工です。
余分な金属を取り除いて製品の形を作るため、余分な金属は切りくずとなるわけです。この除去加工には「旋盤加工」「フライス加工」「穴あけ加工」「研磨加工」「NC旋盤」「マシニングセンター」などが含まれます。
金属加工の中では主たる加工技術となり、大きな金属の塊を必要な形状に削るなどして加工を行うのです。
無垢の金属から製品を全て削り出す事も可能ですが、コストの面や切削時間の事を考えると、非除去加工と組み合わせて加工を行う事もあります。
例えばパイプなどの場合ですが、パイプ自体はダイカスト技術によって作られたり、押出加工で製造された製品にネジを切ると言った加工も行えます。
二つの加工技術を組み合わせると、製品の加工速度が格段に上がり、製品のコストを抑える事が可能となるのです。
除去加工の良さは、同じ形状の製品を同じ寸法で大量に加工する事ができるという点です。ただし全ての加工を除去加工で行うと時間がかかるというデメリットもあります。
非除去加工と上手に組み合わせる事で、この問題を解決する事ができるため、ダイカストとセットで加工を行う事が多いのも事実です。
良い点だけを組み合わせて製品の製作ができるのも金属加工の素晴らしいところだと言えるのではないでしょうか。
太陽パーツではダイカスト製品の加工はもちろん、二次加工で切削加工も行います。詳細についてはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

同じ寸法の製品を大量に生産できるNC加工の技術とは

NC加工技術がある事で、同じ計上で同じ寸法の製品を大量に生産する事ができるようになりました。
それまでは旋盤もフライスも技術者の勘や長年培ってきた技術や経験が必要でした。そのため加工できる製品にも限界があったのです。
ところが、NC加工技術が確立されてからは、長年の技術がなくても精度の高い製品を、大量生産する事ができるようになったのです。
今回はNC加工技術についてのお話をしていきます。
NC加工技術とは、コンピュータによって数値制御をして製品の加工を行う技術で、旋盤加工にもフライス加工にもプレス加工にも利用されている技術です。
この装置がついているだけで、同じ寸法の製品を大量生産する事ができるようになったわけです。プログラムデータは初期の頃はテープに残して、次の加工の時にはそのデータを読み取って加工をしていました。
次第にコンピュータの中にデータを残しておいたり、パソコンなどを使ってデータを残す事ができるようになり、製品の種類が多くても対応できるようになったのです。
現在では多軸加工ができるフライス派生のマシニングセンターや、旋盤派生のマシニングセンターなどもできたため、製品に合った機械で自動で加工が行えます。
一つの加工にかかる時間も一つの機械で行う事ができるので、定期的なチップやドリルの交換を行うだけで大量生産ができるようになるのです。
しかも寸法精度がかなり高いのもNC加工の特徴でしょう。近年ではその技術を使って巨大な製品の加工も行うようになりました。
人の手で加工を行うのも味があったり美しかったりしますが、早く大量生産をしたいのならばNC加工技術が適しています。
一つ当たりの単価も安くできますし、金型を作る必要もありませんし修繕をする必要もありません。
NC加工技術の良さは、高い技術や長年の経験が無い方であっても、寸法精度の高い製品を大量生産ができるというところにあるかもしれません。
簡単に言えば、NC加工技術の進歩によって品質管理が徹底できるようになり、誰でも精度の良い製品を大量生産する事ができる技術だと言えるでしょう。
太陽パーツではNC加工技術での製品の製作や、金型の製作などを行っております。信頼できる精度の高い製品や金型を必要といるのなら、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

着色も可能なアルミの表面処理「アルマイト」~その2~

前回は着色もできるアルミの表面処理について、いくつかのアルマイト処理をご紹介させていただきました。今回も前回に引き続き、さまざまなアルマイト処理をご紹介していきたいと思います。

・光沢白アルマイト
通常のアルマイト処理よりも光沢が欲しいという製品のための処理です。化学薬品を使って光を放つような処理を施す事ができます。
・光沢黒アルマイト
光沢白アルマイトと同様の効果と処理を施します。色は黒色アルマイトと同色になります。
・硬質アルマイト
通常のアルマイト処理よりも強度の高い酸化被膜をコーティングする処理方法です。通常のアルマイトより耐摩耗性と耐蝕性に優れています。
・テフロン硬質アルマイト
硬質アルマイト処理をしてできた穴にテフロンを含浸させた処理です。滑りが良くなり撥水性も良くなるため、様々な部品に利用されている処理法です。
・白アルマイト
一般的なアルマイト処理で、処理をする事で通常よりも耐摩耗性や耐蝕性に優れた部品になります。色は白色ですが素材の色が反映されやすいので、素材によって多少変化します。
・黒アルマイト
一般的なアルマイト処理で、黒の染料を混ぜて処理を行います。耐摩耗性や耐蝕性については白アルマイトと同様の効果を得る事ができます。
このようにアルマイト処理と一言で言っても、色々な処理ができるようになってきました。
先に説明したように、カラーアルマイトを施した部品は、見やすく組み立てがしやすいというメリットと、製品としての美しさを際立たせるのに役立ちます。
アルマイト処理でお悩みなら、太陽パーツへぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

着色も可能なアルミの表面処理「アルマイト」~その1~

アルミの加工製品はそれだけで処理を必要としないくらい美しい仕上がりですが、表面処理をするためにアルマイト処理をする事で、様々な効果を付加する事が可能です。
簡単にアルマイト表面処理を行う事によって、どのような効果を得る事ができるのかを説明すると、アルミニウムの欠点を補う事ができるという効果を得る事ができます。
以前はアルマイト表面処理というと、美しい銀色であったり黒アルマイトといって、黒く表面処理をするだけでしたが、最近では様々なカラーアルマイトを行う事ができるようになりました。
カラーアルマイトはアルマイト処理の特徴を生かして行う表面処理で、酸化被膜部分に染料を流し込む形で加工を行います。
アルマイト処理をカラーアルマイトにする事によって、部品を目立たせる事が可能になるので、組み立ての作業を行う時にミスが少なくなりスムーズな作業を実現できます。
もちろんアルマイト処理は白アルマイトや黒アルマイトやカラーアルマイトだけではありません。他にも様々なアルマイト処理があるのでご紹介いたします。
・梨地白アルマイト
梨地白アルマイトはサンドブラストをかけてザラザラとした表面にする処理です。汚れが目立たなくなったり汚れを落としやすくしたり、反射防止をしたりするための処理でもあります。
・梨地黒アルマイト
梨地白アルマイトと同様の効果と処理を施します。色は黒色アルマイトと同色になります。
・つや消し白アルマイト
光沢の無い仕上がりにしたい時に行います。化学薬品やビーズなどを使って光沢を無くした処理に仕上げます。
・つや消し黒アルマイト
つや消し白アルマイトと同様の効果と処理を施します。色は黒色アルマイトと同色になります。

今回はここまでで、次回もアルマイトの様々な処理についてご紹介いたします。太陽パーツではアルミニウムの表面処理も得意としておりますので、アルマイト処理もお任せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

全ての工程がひとつで!複合加工機の技術

金属加工の代表的な加工法といったら切削加工です。切削加工を行うには様々な機械を使って部品加工を行います。
始めの頃の切削機械と言えば、汎用旋盤や汎用フライス盤などが主流でしたが、機械の進化によってコンピューター制御ができるようになり、NC旋盤やマシニングセンターといった自動機で加工が行われるようになりました。
現代ではさらに機械が進化して、複合加工機が主流になってきています。
複合加工機にはNC旋盤から進化したものもあれば、マシニングセンターから進化した機械もあります。
NC旋盤から進化した複合加工機の特徴としては、従来のような旋盤加工にプラスして、エンドミルやドリルを使って二次加工を行う事ができる事でしょう。
一方でマシニングセンターから進化した複合加工機の特徴としては、マシニングセンターのテーブル加工に、回転軸を加えたタイプで旋盤加工も行えます。
複合加工機を使って部品加工をするメリットは、以前のよう加工が終わったら別の機械で加工するといった、面倒で時間がかかる作業を必要としなくなった事でしょう。
つまり一つの部品を完成させるための工程数を、かなり減らす事ができるという事になり、加工する側にとっても加工を依頼している側にとっても、かなりのメリットがあるという事になります。
工程を短縮できるだけではなく、これまではいちいち人の手で加工品を外して、別の機械に装着する事による不良の確率も大幅に減る事になります。
人件費の削減にもつながり、それが部品一つ一つの単価を安くする事につながります。複合機械で加工を行う事はメリットがたくさんあるという事になるのです。
太陽パーツでは複合加工機による部品加工で、お客様のニーズに応えています。小ロット用の金型や試作の作成も行っております。
詳しくは太陽パーツの担当者までお気軽にご連絡くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストが金属業界で高い評価を受ける理由

金属加工の技術は私たち人間の生活を豊かにするために、それぞれ独自の発展をしてまいりました。
部品の形状によって加工をするための技術の種類も多く、それぞれの得意な加工はそれぞれの機械を使って加工されてきたのもそのためです。
そんな中でダイカスト技術が特に高い評価を受けるようになったのは、どうしてなのでしょうか?その理由をわかりやすく説明いたします。
ダイカストが高い評価を受けた代表的な理由としては、生産性が非常に高いというのがあげられるでしょう。ダイカストは金型を使って一度に大量に製品の生産ができるからです。
しかも加工後の鋳肌がとてもキレイですので、表面処理が必要な製品にも向いている加工技術なのです。処理に時間がかからないので早く表面処理を施す事ができるのですね。
また、金型の技術が向上したため、より複雑な形状の部品の生産が可能なっています。
これまでは部品の厚みが出てしまうものも多かったのですが、技術の進歩に伴って薄肉で軽量な部品の製造にも利用されるようになったのです。
これらの理由から、ダイカストの技術が部品の生産に最適だと高い評価を受けていると言えるのです。
ただ、ダイカストにも一つだけ弱点があります。それは一般的なダイカストでは金型の費用がかかってしまうという事です。
金型の費用を消化しようとするならば、大量生産をする事で部品一つのコストを下げるしかありませんでした。これがネックとなってダイカストで小ロットの生産に踏み切れないケースも多かったのです。
太陽パーツではこの問題をクリアできるよう企業努力をしています。エコダイカスト技術によって、小ロットでも生産コストを下げられるようになったのです。
もしも小ロットだけど大活かすとで部品の製造をしたいと悩まれているのであれば、太陽パーツへお気軽に相談されてみてはいかがでしょうか。
精度の高い部品を小ロットから製造する事ができるので、きっとお悩みの解決にもつながるのではないでしょうか。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出で最もポピュラーな【直接押出法】

アルミ押出は転写加工の代表的な技術です。転写加工とは金型の形を転写させて製品を作る加工技術です。
その中でもアルミ押出は、私たちの暮らしに欠かす事ができない建具や生活用品の製造を行う事ができる技術なのです。
今回は、アルミ押出加工の加工技術の中でも、最もポピュラーな【直接押出法】という技術について、わかりやすく説明いたします。
まずアルミ押出の製造工程を簡単に説明すると、インゴットを溶かしてビレットに鋳造します。ビレットを加工できる大きさに切断いたします。
切断したビレットを加工する前に加熱して加工をしやすくするのです。加熱されたインゴットは押出機(アルミ押出機)に入れられて、金型から出てきたところを機械で引っ張ります。
必要な長さまで加工したら部品を切断し、水洗い→苛性ソーダ→水洗い→電解槽→水洗い→カラー槽→水洗い→塗装・焼き付けとなり、仕上げが行われて次の工程に送られます。
次の工程はアルミ押出の工場から建具の製造を行っているお客様へ納品され、消費者の元へと届けられていくのです。
直接押出法というのはコンテナに加熱したビレットを入れて、ダイス(金型)に直接押し付けて圧力をかけて製品の生産を行う方法です。
ポピュラーな加工方法なのですが、高い圧力を必要とするので押出能力が高い機械が必要となります。機械は圧力筒とラムが水平になったタイプのものが多いです。
金型へ直接押し付けて成型するので、コンテナとビレットの摩擦が生じやすいのも事実です。そのため1/3の圧力が無駄になってしまいます。
太陽パーツではアルミ押出による成形を行っています。早くより良い製品の製造とコスト削減を目標に努力をしています。
アルミ押出についての疑問や、製品の生産についてのご相談はいつでもお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストのメリットでもある【強度】について

部品加工を行う時、さまざまな金属加工の中からどれか一つの加工法を選択するとした時、なぜダイカストを選ぶ方が増えてきたのでしょうか?
金属加工には、旋盤加工、NC旋盤加工、フライス加工、MC加工、プレス加工、アルミ押出加工など、数多くの加工技術があります。
その中の一つとしてダイカストがありますが、実はダイカスト技術には他の金属加工には無い優れた特徴があるのです。今回はその優れた特徴と選ばれる理由をお話しいたします。
「優れた生産性」「優れた寸法精度」「優れた強度」「優れた設計性」「軽量化」「表面処理のしやすさ」「コストが安い」
これだけでもかなりのメリットがありますが、この中から優れた強度についてをわかりやすくお話しいたします。
ダイカストは金型を使って溶けたアルミを金型へ入れて、高い圧力をかけて成型します。そのため部品の強度が他の製造法で作ったものよりも高くなります。
もちろん部品の大きさや肉厚によって多少の強度の変化はありますが、複雑になればなるほど強度が高くなっていく製造技術なのです。
こうしたメリットがあるため、ダイカストは利用範囲が広く、さまざまな分野で活躍する製品の部品製造に利用されているのです。
さらに大量生産をすればするほどコストが安くなるので、消費者にも安くて良いものを提供できるようになったのです。
ただし大量生産に向いているけれど、少量の生産には逆にコストがかかってしまうというデメリットがあります。
それでも精度の良い製品の製造をしたいとお考えであれば、太陽パーツのエコダイカストの活用を検討されると良いでしょう。
エコダイカストは、少量の部品の生産であってもコストを安く抑える事ができるので、おすすめのダイカスト生産法です。
太陽パーツのエコダイカストについて知りたい方は、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。どうして金型を作るのに安くする事ができるのかなどの疑問にも丁寧にお答えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産にもってこい!【アルミダイカスト】の生産性

アルミダイカストは現代使われている様々な製品の部品を生産するのに利用されています。特にアルミダイカストで部品の生産を行う事によるメリットは、他の機械加工とは違った高い生産性にあります。
そもそもアルミダイカストというのは熱して溶かしたアルミニウム合金を、金型に射出して冷やして高い圧力をかけて生産する技術です。一度にいくつも部品を生産できるので、他の機械加工より生産性が高いのです。
金型の生産技術も高いため、より複雑でより肉薄な製品の生産にも使われています。しかもアルミニウムは溶融温度も低く、金型を傷めないという性質があるため、金型のもちも良くその分コストが安く抑えられるのです。
他の金属とは違ってアルミダイカストに使われる材料は、何度でも再利用する事ができるため、材料を無駄に使わないというのもメリットの一つだと言えるでしょう。もちろんプラスチックなどもそうですね。
一日に生産できる部品の数の多さは、他の生産技術でもかないませんし、アルミという軽い特性があるため、軽量化したい自動車などの部品にはピッタリの生産方法なのです。
ただし、アルミには向かない性質の部品を生産するときには、アルミダイカスト以外の技術を使う必要があるようですが、軽量で丈夫で美しくて量産効果がある製品を作りたいのならば、アルミダイカストを利用するのが一番です。
もちろんアルミ以外の金属をダイカストで作る事もできますが、融点がアルミニウム以上になると金型の傷みが激しくなる可能性が高いので、その時にはどの技術で生産をするのかを検討する必要があるかもしれません。
太陽パーツではアルミダイカストで部品の生産をするのに適しています。スピーディーに良い製品を生産したいのでしたら、ぜひ一度太陽パーツの担当者までご連絡くださいませ。
特に次のようなお悩みがある場合には、ぜひお気軽に相談してくださいませ。
・コストの削減を検討されている
・ダイカストの金型の傷みが激しい
・小ロットだけどダイカストを利用したい
これらの悩みをスッキリと解決できるのは太陽パーツのエコダイカストです。お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造法と砂型鋳造の特徴を比較すると?

ダイカスト鋳造法と砂型鋳造はとても似ています。というか金型を使って金属を流し込んで固めて部品にするというのは全く同じ方法です。
ですがこの二つの鋳造方法というのは似ている部分もありますが、違っている部分もあるものなので、その違いはどんな事なのかについてをお話いたします。
まずはダイカスト鋳造法についてを具体的に説明しますと、ダイカスト鋳造法はアルミニウムやアルミ合金、その他の金属を熱して溶かし、金型に流して圧力をかけて冷やして固めます。
金型は複雑な形状に作る事も可能で、入子をしたり中子を入れたりして部品の生産を行う事ができます。生産性が非常に高いのが特徴で、一度に大量に精度の高い製品を作る事が可能な製造方法でもあります。
しかも製品の表面もとてもキレイに仕上がるので、処理をする時にもとても処理しやすいというメリットがあります。一つ一つのコストがとても安くなるため、他の金属加工よりも利用する方が多いのも特徴でしょう。
一方で、砂型鋳造というのはどのようなものなのかというと、砂を使って鋳造の金型を作って、その砂型の中に解けた金属を流して冷やし固めて部品の生産を行います。
ダイカストとは違って製品の精度はそれほど精密ではありません。ただ使用する型のコストは安く済むのが特徴ですが、決して一つの製品の価格が安いというわけではありません。
大量生産をするのには向いていません。ただアルミダイカスト鋳造法で製造する事が難しいと言われる大きな部品の生産を行うのには適しているといっていいでしょう。
ただし砂型なので製品の表面はザラザラとしているため、表面処理をする必要があるでしょう。またアバウトな寸法ではなくてしっかりとした寸法が欲しい場合には、二次加工を施す必要がある場合もあります。
太陽パーツではダイカスト鋳造法、砂型鋳造などの製品の生産を行っています。今後砂型やダイカストで製品の生産を検討しているのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.