太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

身の回りにも増えつつあるアルミダイカスト製品

『アルミダイカスト』という言葉を聞いたことがあるという人は多くいらっしゃるかもしれません。
ですが、実際それが何に使われているかというのはあまりピンと来る人は多くないのではないでしょうか?

アルミダイカストとは簡単に言うと、アルミを高温でドロドロに溶かして金属の型に流し込み、それを冷やして再度固まった物を取り出して製品とする加工方法のことです。
キチンとした金型を作ってしまえば複雑な形状でも同じ物を繰り返し製造することが可能なので、精度が求められる部品の量産に役立てられています。


少し前までは日本の技術の最先端だった自動車に使われる部品がアルミダイカスト製品のほとんどを占めていましたが、近年ではより多くの製品に利用されています。
例えば、冷蔵庫や洗濯機といった家電製品でも複雑な形状の部品作りに役立っています。

また最近では小さくて薄い部品の精度も向上してきたので、パソコンやデジタルカメラの小型化にも一役買っていますし、携帯電話の中に使われる小さな部品にも多く使われるようになってきています。

アルミダイカストは比較的新しい技術ですが、その分製造技術も日進月歩です。
技術や精度の向上とともにさらに活躍の場が増えることは間違いなく、いま最も有望な金属加工の手法です。


自動車部品の製造法と思わずに、さまざまな製品づくりにアルミダイカストはご利用いただけます。
現在製造中の製品をダイカスト化するとコスト削減につながる可能性もございます。また、現在製造予定の製品にアルミダイカストをご利用されてみてはいかがでしょうか?

太陽パーツでは、アルミダイカストに強みを持ち皆様のモノづくりをサポートしております。
ダイカストでネックとなる金型製作費用も弊社なら従来の半額で製造いたします。ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

量産性に強みをもつアルミダイカストのメリット

アルミダイカストとは簡単に言えば、金型の中に高熱で溶かしたアルミニウムを流し込み、冷えて固まったところで型を外し形状を取り出す製法です。
最近では形状次第では精度も段々と機械加工のレベルに近づいてきています。

つまりしっかりとした型を一回作ってしまえば、それを繰り返し利用することによりかなりの精度で同等のものが作れるという事になります。

現在一般的に使われている材質の金型だと、ある程度精度を必要とする機構部品でも一つの型から50,000個くらいの製品が生産可能とされています。製品の材質や形状により異なる場合もあります。

一つ一つ手作りになると製作に時間がかかり、もちろんその分製品の単価も上がってしまいます。
ですが、アルミダイカストを利用すれば金型が劣化しない限りほとんどの工程はひとつの機械で行うことができます。


金型の寿命が来るともう一度同じ型を作らなければいけません。
大型の製品や複雑な部品になればなるほど、金型製作には大きな費用が掛ってしまいますが、それでも大抵の場合は一個ずつ生産する板金加工や切削加工などよりも価格的にもメリットがあります。


しかも太陽パーツであれば、ダイカストの金型製作に必要な費用が従来の半額になる製法をお届けしております。

複雑な構造の上に一定以上の精度が必要で、なおかつ大量生産が求められるような場面になれば、アルミダイカストはますます力を発揮できる技術です。

大量生産の製品をお考えならば、量産性に強みを持つダイカスト技術を利用してみませんか?
また金型製作費用が抑えられるため、小ロットの生産にもご利用いただけます。

ダイカスト鋳造をお考えの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストと進化する技術

金属の材料は通常、酸素の含有量を調整するための熱処理を施すことが定例となっています。
しかしながら昨今注目を集めているアルミダイカストは、その熱処理を必要としていません。

その理由は簡単です。
鋳物は基本的に熱処理を施すと不具合を生じる可能性があるため、熱処理はしないのです。
また、この熱処理工程を外すことがコスト削減にもつながっています。


しかし、熱処理を施すことで、アルミダイカストの素材の性質をさらにアップすることが可能であることが認識されつつあり、熱処理をほどこす動きもでてきています。

具体的な方法は、真空処理によって酸素などをはじめとした空気そのものをシャットアウトすることで、熱処理による不具合をさけることができるということです。
これを真空ダイカストや無孔性ダイカストと呼びます。


最近では、不可能と言われてきた他の素材とアルミダイカストのスポット溶接での接合処理が可能になってきています。
さらに肉厚が問題となってきた点も研磨する技術開発によって徐々に肉薄のものが開発されつつあります。

技術の進化によってアルミダイカストの可能性はますます広がりを見せています。
今後、ダイカスト鋳造をお考えの方、新しい製品づくりに挑戦されたい方は、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。

皆様にメリットのある製法などご提案いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

オモチャなどホビー用品にも利用されるアルミダイカスト

その精密性やコストパフォ-マンスなどで注目されるアルミダイカスト。
金型を砂ではなく緻密な耐熱鋼を使用しているために、その寸法の精度には非常に定評があります。

寸法精度とコストパフォ-マンスに優れている点は、産業界でも高く評価されています。
さまざまな分野での応用を見ることができますが、日本が海外から定評されるものは産業分野だけではなくクールジャパンと評されるように文化面での発展性によるものが大きいのです。

それは製品だけではなく、サ-ビス面であったりアニメや漫画など多岐にわたるわけなのですが、そんな卓越した文化のひとつとしてホビー用品、つまりオモチャがあげられます。


特に男性の方は、こどものころ、ミニカーやプラモデル、ラジコンなどで遊んだ記憶のある方は多いのではないでしょうか?
今では高額で取引されるブリキのおもちゃも、たくさんのファンがおられます。

中でもミニカーは、息の長いホビー用品のひとつです。
ミニカ-などのホビ-の難点は、鉛や錫などの合金ですので、耐食性に劣ることにありました。

しかし、長い間人気があるミニカーは今や単なるおもちゃではないのです。
その優れた耐食性や精密性能、およびコストパフォマンスを考え、アルミダイカストでの製造が多く行われています。

ミニカーの製造は、ロットごとにアルミダカストの金型を製造するのがコスト的に困難な点とされています。
そのため、より安価に専用金型を製造することが今後の課題になります。


太陽パーツでは、この金型の製作をより安く行っております。
そのため、弊社がご提供するダイカストは、金型製作費用が従来の半額です。
もちろん製品の寸法精度などは従来と同じ高精度な製品をお届けしております。

ダイカストミニカーに限らず、新しいオモチャの製造などをお考えの方は、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

見直され始めた「生の金属」の質感

『金属』というと硬くて角張っていて冷たいイメージを持たれることも多いと思います。
例えば目に触れる部分は向こうの見えるガラスであったり、ぶつかってもケガをしにくい樹脂製品が使われることが多くなってきています。
「温かみがある」と言われて木材の加工品が使われることも増えています。

金属を使う場合でもしっかりと塗装をして、金属とは分からないような外観にされてしまうことも言ってみれば当たり前です。
確かに自分の周辺が全て金属むき出しだったとすると、あまり良い感じはしないような気がします。

しかし、あまりにも“金属感”が排除されてきた反動なのか、最近では「生の金属の質感」というのが新鮮に感じられるという見方も出てきているようです。

例えば靴やカバンのショーケースにヘアライン処理をしたステンレスのままのデザイン棚を使ってみたり、店舗の入り口にわざと錆びさせた鉄に透明の塗装をした扉を設置している場合もあります。

街中に突如として現れる見慣れない“金属感”が、普段は生の金属に触れない人達にとって良いアイキャッチになると受け止められ始めているのです。

もちろん周囲とのバランスは大切でしょうが、デザインの新たな形としてステンレスや鉄、アルミといった汎用性のある金属が活用される場面もこれから増えてくるかも知れません。


金属製品が必要な際には、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。
金属を塗装することも、生の金属感を生かした製品づくりなど、太陽パーツではお客様のご要望にお応えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

家電製品にも使用されているアルミダイカストとは?

消費税が上がって家電製品の動きが鈍りを見せています。
それでも世界各国を見ますと、最新の技術を用いた家電製品がどんどん市場に飛び出しています。
中にはアルミダイカスト製のア-ト感覚なボディを持ったジュ-サ-やミキサ-が発売されています。


アルミといえば金属業界においては、非常に加工がしやすいものとして一般的に認識されています。しかしアルミはアルミでも、今さまざまな製造の現場でアルミダイカスト製品が注目を浴び、そして製造されているのです。

アルミダイカストの特徴は言うまでもなく、大量生産に向き、軽量かつ耐久性に富んだ製品の製造が可能なところです。
そしてリサイクルが非常に容易であるというポイントは見逃すわけにはいきません。


こういった点が家電製品の製造に向いていると考えられます。
精密性を考慮しますと実際に現在製造されている自動車部品や精密機器、建築関連、産業機械のほかにも、航空関連や船舶関連など多くの人の命に関わる分野においても、深く浸透していく可能性が大いにあると考えられます。

唯一の難点は、金型の製作費用が大きくコストとしてかかってくる点です。
今後は小ロット生産へと対応していくことがより業界の発展に繋がっていくのではないでしょうか。


そこで、太陽パーツでは、ダイカスト鋳造における金型製作費用を従来の半額にできるエコダイカストという特許製法をご用意しております。
しかも50個からの小ロット生産にも対応しております。

ダイカストのことでお悩みの方は、ぜひ太陽パーツまで一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

今日の日本の技術を支えるアルミダイカストとは

現在、日本の金属加工の業界において、アルミダイカストは非常に注目を浴びている分野です。

中でも非常に精密性を要求される自動車の中枢部品であるトランスミッション部品やエンジン部品など、今や私たちの生活に欠かせない製品づくりの一端を担っています。

しかも、アルミダイカストが関わっているのは自動車部品だけではありません。
精密機械の部品、大型機械の部品などの産業を支えていたり、電化製品や玩具の製造にもダイカストは利用されています。


そんなアルミダイカストには大きなメリットがあります。
通常、代表な鋳造法といえば砂型で製造していく方法がありますが、非常に目が荒い製品ができあがるため、美しさにはほど遠い製品ができあがってしまいます。
でもアルミニウムダイカストであれば、金属の金型に溶けたアルミニウムを圧力で流し込むため、非常に目の細かい繊細で美しい製品を製造することが可能です。

そのためアルミダイキャスト鋳造品は、砂型で鋳造した製品と比較すると工程削減によって比較的に安価で製品を製造することが可能になります。


また、砂型による鋳造法は製造工程において砂型が含有する水分を起因とした爆発が問題になっていましたが、アルミダイキャストは金属の金型使用によってその危険性を回避できます。


太陽パーツでは、アルミダイカストに強みを持ちお客様にメリットのある製法をご提案しております。
例えば、ダイカスト鋳造を考えるとどうしても金型製作コストが大幅にかかってしまいますが、太陽パーツでは従来の半額で金型が作れるなどのメリットがございます。

また、小ロット生産にも対応したダイカストも可能ですので、ダイカストをご利用になる際はぜひ太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

エクステリア製品の製造でも活躍するアルミダイカスト

昨今の長引く不況にともなって都心部では旗竿地や狭小住宅などの言葉を耳にすることが多くなってきたのではないでしょうか。
旗竿地とは、かつては見られなかったような活用しにくい奥まった土地で、かろうじて旗の棒の部分のような専用通路が道路と繋がっている建築基準法的には住宅が建築できる土地をいいます。

そんな狭小住宅に住む方々の悩みのポイントは、多くの場合プライバシ-が維持しにくいなど、狭小住宅に特徴的な隣地が際にまで押し迫っている環境に悩みを含んでいるようです。
そこで注目されるのが狭小住宅のエクステリアプランです。

特に重要なのは隣地との境を守るフェンスなのです。
通常住宅のフェンスはアルミ、木材、樹脂などの素材が選択肢に上げられていますが、中でも安価で耐久性のあるアルミ素材が主流になっています。

アルミニウムはサビなどに対しても耐久力があり、アルミダイキャストで作られた製品は軽量化が図れるアルミ製品にる重量感を感じさせたり、重みを感じることができます。
ダイカスト製品は金型を作るためのイニシャルコストなども必要になるため、アルミ形材と比較すると価格は割高となりますが、その分デザインに幅をもたすことができ、他の住宅と差別化をはかることができるため、注目を浴びています。

また、大量生産も可能なため、エクステリア製品の製造にも大きなメリットがあります。

太陽パーツでは、さまざまな製品づくりをダイカストでサポートしております。
弊社ならではの特許製法、エコダイカストなら金型製作に必要な費用も従来の半額になるなど、お客様にメリットのある製法もございます。

ぜひ製品製造の際はお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コストダウンにつながる太陽パーツのダイカスト技術

ダイカストで製造されるモノは、私たちの身近にあるものばかりです。
携帯電話や自動車など頻繁に利用するものから、工場や研究などに用いられる精密機械の部品など、ダイカストでは様々なものを製造することができます。

ダイカストによる鋳造を考えた際、皆様はどのような点に考慮されますか?

やはり高品質、高精度のポイントは欠かせないのではないでしょうか。
ただし、そのような製品を大量生産するためには、コストも大幅にかかります。
ダイカスト鋳造においては、金型を用意するのに多額の金型費用が必要になってしまいます。


そこで、太陽パーツではあらゆる製品を製造する際に利用するダイカスト技術において強みを持っています。

弊社では、高品質・高精度の製品をより低価格で製造することができます。
その決め手は、ダイカストの金型製作コストが従来の半額になるところです。

金型製作の費用が半額になることで、トータルコストの削減につながります。
しかも、品質を落とすことなく、従来の品質での製造が可能です。


その他にも、小ロットでの生産が可能など、太陽パーツではお客様にメリットのある製造法をご用意しております。もし、現在ダイカストを利用していなくとも、切削加工による製品をダイカスト化することでコストダウンにつながる可能性もございます。

製品製造をお考えの方、現在製造している製品のコストダウンをお考えの方は、ぜひお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの融点と金型の関係

アルミニウムという金属材料は融点が低いため、金型に流れ込んだ溶解金属が金型を溶かすことがありません。そのため金型として他の鋼などを使うことができます。

反対に、鋼や炭素含有量の多い鋼鉄などを溶かして、ダイカスト鋳造しようと思えば、その鋼鉄の融点より高い融点の金属で金型を作る必要があります。

もし、成形したい金属材料よりも融点の低い金属を用いれば、溶融金属と金型がくっついてしまったり、金型が溶けて溶融金属の一部として成形されてしまうことが、考えられるからです。


そこで、一般の鋼より融点が低いアルミニウムは重宝されるわけです。
鋼の金型でダイキャスティングできるアルミニウムは成形性もよく、他の多くの特性にも優れています。

また他の金属とも相性がよく、アルミニウム合金という形でも用いることができます。
一般にはアルミニウムに他の材料を添加したアルミニウム合金が広く用いられています。
例えばシリコン、マグネシウム、ニッケル、スズ、チタン、クロムなど他にも多くのレアメタルと呼ばれる金属がアルミ合金に用いられます。

これらのレアメタルを用いてダイキャスティングされた合金は様々な特性を備え、工業機械の最新技術において欠かせない金属材料となっています。


太陽パーツでは、ダイカスト鋳造に強みを持っております。
アルミダイカスト鋳造からその他の金属による鋳造まで、お気軽にご相談ください。
特にコスト削減に大きなメリットのあるダイカストのご提案もしておりますので、ぜひ一度お問い合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.