太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

アルミダイカストのコスト削減における金型の重要性

ダイカストは、用いる金属素材によって呼び名が変わることがあります。
例えば、アルミニウムを用いたダイカストはアルミダイカストと呼ばれます。

アルミダイカストを含めたダイカストは、いずれも金型を使用して鋳造を行います。
金型に溶融した金属を圧入する鋳造を行います。

そこで、アルミダイカストのコスト低減を担うポイントのひとつが、金型となっています。

金型の製作費用は決して安くはありません。
何万ショットも打ち込むことになる金型は、変形や破損する可能性が高くなります。

変形や破損が起きれば、新たに作り直さなければいけない場合もあります。
そのため、定期的にメンテナンスをしたり、窒化処理やコーティングなどを行うことによって金型の寿命を伸ばして行く必要があります。

金型の寿命低下には様々な要因があります。
具体的には、材料、加工、熱処理やメンテナンス等、複数の要因が影響し合っています。
金型の寿命低下は操業、生産の低下をももたらすため、非常に深刻であり重要なな問題です。

逆に、金型の寿命を伸ばすことが出来れば生産性も向上につながります。
金型は何万ショットも圧入されるものなので、いずれ寿命が来てしまうのは仕方のないことです。
ただし、できるだけ寿命を遅らせることができれば、それだけコスト低減につながります。だからこそ金型の寿命の向上は非常に重要なポイントになります。

金型の寿命を伸ばす方法も多種多様あり、金型の補修、熱処理、表面処理、改質処理などです。
これらをどのように行うかは企業ごとに異なりますし、どの程度品質が落ちてしまったら寿命なのかも企業ごとに判断が分かれるところとなっています。
これらの点を考慮しながらアルミダイカストを行っていく必要があります。


太陽パーツでは、長年のノウハウと経験をもとにお客様に最適なダイカスト鋳造をご提案しております。寿命の長い金型、コスト削減にもおいてもお気軽にご相談ください。
特にコスト削減では、弊社の特許製法エコダイカストのご提案も行っております。
詳しくは、太陽パーツまでお問い合わせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

再生利用可能なアルミニウムで行うエコなダイカスト

日本全国至る所に自動販売機が設置されています。
自動販売機の普及率は世界的に見ても日本が一番多く、その数はなんと数百万台にも及びます。
飲料系の自動販売機だけでも250万台以上あるとされています。全国のコンビニ店舗数が約5万店舗であることから、それと比較するとどれほど多くの自動販売機が設置されているか分かるかと思われます。

この自動販売機に収納されているアルミ缶は、最終的にゴミ箱に捨てられます。
そして、アルミニウムはリサイクル可能なことから、再利用されます。

実は、その一部がアルミダイカストのアルミ合金としても利用されています。
大量生産がなされている自動車、パソコン、携帯電話や、日用品であるフライパンや鍋等もアルミダイカスト、つまりアルミニウムが原料となっています。

モノづくりに大きな役割を果たすアルミニウムは製造に適した特性を多く持っています。
アルミニウムという再生可能な資源が利用されるダイカストだからこそ、需要は高く、大量生産にも強みを持っています。

そして、製造したものもは再度リサイクル可能であったり、エコな製造法でもあります。
太陽パーツでは、環境にエコなアルミダイカストだけでなく、製造コストの削減にも繋がるエコダイカストという特許製法のダイカスト鋳造をお届けしております。

モノづくりで環境にも、製造コストでもエコなダイカスト鋳造なら太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コストダウンにつながる加工方法の選択

モノづくりの際には、高品質なものを製造することはもちろんですが、やはり製造コストの削減は切り離せない問題です。
そこで、製品製造にかかるコストダウンを検討する方法のひとつには、加工法を変更することが考えられます。

お客様が必要としている製品を製造する方法は、必ずしもひとつの方法だけとは限りません。
製品の形状まどによって、板金加工だけでなく、プレス加工でも製造可能であったり、ダイカスト鋳造することが可能な場合は多々あります。

この場合、どの加工業者に注文すれば良いのかを考えなければいけません。
まずは製造したい部品の生産数と寸法精度、そして納期等の諸条件を考慮する必要があります。

例えば、寸法精度はある程度で良いが、製造数が多く、納期を早めにして欲しい場合には、ダイカストよる製造の方がコストダウンにも繋がります。反対に製作数を少なめに注文する場合、板金加工が一番低コストで注文することができたりします。

具体的に、板金加工とプレス加工を比べて検討してみると、例えば100ロットだとプレス加工は1個あたりの単価はおおよそ80円程度、板金加工だと50円程度であった場合でも、ロット数が増えて行くに当たり、1個当たりの単価は変わってしまいます。
500ロットほどの大量製作になると、プレス加工は1個あたり約17円に対し、板金加工は約25円と逆転現象が生じてしまいます。
(※単価は一例です。)

このように、作りたい製品に応じてどの加工法を選択し、加工業者を選ぶかがコストを抑えることにつながります。


また、太陽パーツではあらゆる金属加工、機械加工を得意としておりますので、お客様の作りたい製品に合わせた製造法、コスト削減につながる方法をご提案できます!
製造方法の検討、コスト削減をお考えの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

モノづくりを支えるアルミダイカスト~コスト削減につながる製造法~

アルミダイカストとは、アルミ合金を用いたダイカスト製法をいいます。
ダイカストという技術は、金型鋳造法にあたります。溶融した金属を金型に圧入し、均一の寸法の鋳物を短時間のうちに大量生産することができます。

そのため、様々なメリットのあるアルミニウムを材料とするアルミダイカストは、同一の形をした物を短時間に大量生産するのに適しており、多くの産業や我々の生活の役立つ製品を作る手助けとなっています。

アルミダイカストは、金型に溶融したアルミ合金を流し込む製造方法なので、金型次第では非常に複雑な形状のものも一度の工程で製造することができます。

ダイカストは「鋳物の産業革命」と呼ばれるほど日本のモノ造りを支えており、自動車のエンジン、バイクのエンジン等のエンジン回りなどにはアルミダイカストが非常に役立っています。

例えば、エンジンはとても複雑な形状をしたものであり、かつ、自動車の燃費等を上げるために軽量化する際には、貴金属の中でも非常に軽いアルミニウム合金によるダイカストが非常に有益なものとなっています。

アルミニウムダイカストが無ければ、自動車の大量生産を短期間のうちに行うこともできず、日本の産業は世界から遅れをとっていたといっても過言ではないほどです。
アルミダイカストが高度経済成長期を支え、また、これからの日本の産業界を牽引していく金型鋳造法だとされています。


太陽パーツでは、アルミダイカストを含む、ダイカスト鋳造に強みを持っています。
そのひとつが、ダイカスト鋳造におけるネックとなる金型作成費用です。弊社ではこのダイカスト金型製作コストを半額に抑えることができるエコダイカスト製法によるお客様にメリットのある製造法をご提案しております。

もちろん、ダイカスト鋳造以外の金属加工、機械加工にも強みがあり、お客様のものづくりをトータルでサポートしております。
モノづくりでお困りの際は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの市場の変化について

アルミニウムダイカストが主に利用されているのは、自動車やバイク等のエンジン部品回りの製品です。
これらは軽量化が強いられ、さらに複雑な形状をしたエンジンを大量にかつ均一に短期間で生産しなければならないことから、アルミダイカストが活躍している場となっています。

しかし、最近の自動車業界はガソリン車だけでなく、ハイブリッド車や電気自動車等のシェアが伸びており、一方ディーゼル車を廃止したり、燃費の良い車が注目されています。

そのような状況が今以上に進行してくると、アルミダイカストの市場が狭まってしまいます。
そこで、エンジン部品関係に依存することから脱却しなければならなくなっています。自動車のエンジン部品関係のシェアは低くなったとしても、自動車の足回りや車体等の軽量化は一段と加速させていく必要があります。

このような変化に対応するために、アルミダイカストによる足回りのシャフトやボディ等の生産のシェアを伸ばしていく必要があります。
そのためには、自動車のシャフトやボディに使用することが出来る程度の強度と耐食性等に優れたアルミニウムを用いたダイカストが必要になります。今後の市場の動向を見つつ、アルミダイカストもそれに対応できる柔軟性が必要です。

さらに、アルミダイカストは自動車製品だけではありません。
様々な製品製造を行うことができる製法です。

太陽パーツでは、ダイカストによる様々な製品づくりをサポートしております。
アルミダイカストによるコスト削減など、他の製法からのダイカスト化など、お客様の様々なニーズにお応えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストが支えるスマートフォン製造について

アルミダイカストは皆さんの生活を非常に多く支えています。
アルミダイカストが利用されている割合が一番多いのは自動車とですが、自動車などの大きなものだけでなく、もっと身近なものにもその技術は利用されています。

昨今、日本人が1人1台は必ず持っているといっても過言ではない、携帯電話やスマートフォンにもアルミダイカストが大きく貢献しています。
特に、スマートフォンは外側部分のケースやカバー等はアルミダイカストを用いて生産されており、それゆえ発売と同時に何万台ものスマートフォンを生産することができています。

というのも、アルミダイカストの特徴として、同一の形状のものを迅速かつ大量に生産することができることが挙げられているからです。
日本の携帯電話産業もアルミダイカストなしでは実現することが出来なかったと言っても過言ではありません。

このようにアルミダイカストは、普段私たちが日常目にし、手に触れているものの多くを生産しています。スマートフォンやパソコン関係に関しては、スマートフォン本体やパソコン本体だけでなく、それに関連したグッズ等もありますよね。
例えば、スマートフォンのケース、カバー、パソコンのキーボードやモニターの需要も下がることはあまり考えられないので、様々な製品の製造に適しています。

太陽パーツでは、アルミダイカストでの製品製造をサポートしております。
中でも、ダイカスト鋳造時に大きなネックとなる金型製作費用ではないでしょうか?太陽パーツがお届けする特許製法「エコダイカスト」なら、金型費用は従来の半額です。
そのため、どのような製品でも製造時には大幅なコスト削減が見込めます。

ダイカストでの鋳造をお考えの方は、コストメリットをご提案する太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストと自動車産業の展開について

最近はより進化したカーボンフレームを利用した車体も登場しています。
ですが、必ずしも一足飛びにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)化される訳ではありません。

最近では、アルミを利用したフレームでダイカスト技術も応用したものが採用されているとともに、足回り部品にはダイカストを用いた部品の生産が行われています。

アルミダイカストの利用は、材料面での発展も大きく影響しています。
従来のADC12では実現できないような製品も、材料面からの改良により実現できていることがその要因です。

特に、エンジン関係では鋳鉄からの置き換えのアイテムだけではありません。
ダイカストならではの一体化、溶接できる、熱処理ができるなどの新しい技術を含めた提案ができるようになってきていることことなども挙げられます。

ダイカスト技術は自動車製造を含め、現在でも多くの製品づくりに利用されています。
また、近年ではダイカス製造におけるコスト削減にも注目されており、太陽パーツではダイカストで製造する製品のコスト削減の提案も行っております。

コスト削減につながるダイカスト鋳造にご興味をお持ちの方は、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コストダウンにつながる製造法~ダイカスト鋳造~

切削加工等の金属加工での製品製造は非常になじみがあると思います。
基本的に加工=時間という考えがあり、生産量が増えれば増えるほど時間がかかるため、大量生産を考える場合は非常に不利な清算方法となります。


そこで、金型を利用して成形するダイカスト法が有利になります。
製造したい数が増えれば増えるほど有効的な生産方法です。

ダイカストを利用した製造法は、複雑な形状になればなるほどメリットが生かしやすくなります。
精度を求められる製品でも、成形後に後加工することで対応可能となり、単純な形状であれば、後加工はバリ取り程度で出荷できる状態になるこも魅力的です。

鋳肌の荒れや、金型の寿命により素材自体の精度は低下することはあるものの機械の加工時間は短縮できるため、すべて切削加工等で生産するよりもコストメリットは大きいことは理解いただけると思います。

金型の精度向上を狙えば、後加工レスの製品も可能となるため、合わせ技ならばよりメリットをあげられます。しかしながら、その際には必ず1ロットの数を押さえておく必要があります。
ロット数が少なすぎるとすべて加工の方が安上がりの可能性もあります。


ただし、金型にも寿命があり、ショット数に合わせて金型の再製作や修正が必要となりますが、金型の製作費用は決して安くはありません。

そこで、よりコストダウンにつながる方法が太陽パーツの「エコダイカスト」という製法です。

弊社の特許製法であるエコダイカストは、金型費用が従来の半額で製作可能です。
エコダイカストを利用すれば、大量生産のメリットをよりあげることができ、50個からの小ロット生産も可能となっています。

現在の金属加工からコストダウンを図りたい!とお考えの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの金型以外の重要なポイント

ダイカストを含め、金属加工などでは成形品の品質は金型に依存しやすい傾向があります。
もちろん製品形状において、金型は非常に大事なものではありますが、他に重要なポイントはいくつかあります。

例えば、目的製品の厚み・形状・湯流れなどは、金型形状の変更等で対応できる点は多く挙げられますが、金型形状を実現させるための環境設定にも大きなポイントがあります。

中でも溶湯は特に注目されるべきところです。
介在物やガス欠陥に関しては、充填時の要素以外にも注目され、投入溶湯のコントロールも厳しくなっています。
近年では、溶接できるダイカスト製品の生産も必要とされるため、ガス欠陥で品質不良が発生する可能性が高くなり、溶解、保持工程での水素ガス処理は必須と言えます。

さらに、後加工の介在物不良を避けるべく、ラドル形状、フィルター、金網等の利用で介在物をスリーブ内になるべく混入させない処理が行われています。
つまり金属加工やダイカストでは金型は確かに品質向上のための要素としては大きいといえますが、その他の条件もシビアな対応を求められています。

太陽パーツでは、アルミダイカストにおいてトータルコスト削減が可能なエコダイカストをご提案しております。
従来のダイカストに比べ、金型製作費用を半額に抑えられ、品質は変わらず高品質な製品の鋳造が可能です。アルミダイカストをお考えの方は、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

スクイズダイカストの展開性について

アルミホイールは今は、低圧鋳造や重力鋳造で生産されていることがほとんどですが、ダイカストでも生産されていることはご存知でしょうか?
それがスクイズダイカストと呼ばれるもので、通常のダイカストが射出スリーブが横型なのに対し、スクイズダイカストのそれは、縦型となっていることが特徴です。

射出速度が通常のダイカストと比べて、低いので、金型キャビティ内のエアやガスを排出できるため、ガスの巻き込みを減らすことが可能となり、熱処理や溶接製品への応用へ適しています。
特にホイールだけでなく、エアコンプレッサーやバルブ部品などの耐圧性能が要求される部品への展開もされています。

ただし、このスクイズダイカストの設備自体は、通常のダイカスト設備に比べるとコストが上がります。
サイクルタイムの低減を考えた場合、射出時の傾動動作があり、コンプレッサーや油圧バルブ部品のようなボリュームメリットが必要な部品への展開は難しい部分があります。

近年では横型のダイカストでもより低速での射出速度が可能なような技術も開発されていて、メリットが薄まっていることが展開を鈍化させています。アルミホイール生産面でも高圧での製品成形の必要性も薄くなり、低圧鋳造や重力鋳造への置き換えが進んでいます。

しかしながら、まだまだメリットが生かせる足回りなどの車体部品の中でも保安部品への置き換えに期待できるのではないでしょうか。


太陽パーツでは、ダイカストによるお客様の製品づくりをサポートしております。
製品づくりのことでお悩みの方は、どのようなことでもまずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.